【散文気分】 - 2018/12/2 Sun -

この度ホルモン焼 ○○席は
約28年の営業を続けてまいりましたが、平成30年8月11日をもちまして
閉店することとなりました。

最終日前は沢山のお客様が来てくださいました。お電話やご来店してくださった方々を
お断りしてしまったこと、とても悲しく申し訳なく思っています。

沢山の人達が惜しんでくださり、○○席を大切に思ってくれている方が こんなにも沢山いることを知り、私達はなんて幸せな人生だったのだろうと 改めて確認できました。ありがとうございます。本当に感謝しかありません。

○○席をやっていなければ知り合えなかった方々も沢山いました。
何物にもかえられない財産だと思っています。

20歳からやっていた若造のマスターにご指導ご鞭撻をし成長させてくれた方々がずっと通って くれていたり、お店に来てくれたのが縁で公私共に仲良くなったり、子供の頃から通ってくれて いる子がお酒を飲みにきてくれるようになったり、アルバイトの子達が辞めてからも定期的に 会いに来てくれたり、結婚をし子供を連れて来てくれたり、赤ちゃんの頃から知っている子の 成長をみることができたり、○○席が縁で結婚した人もいたり…。 沢山の想い出が浮かんできますが、辛い事よりも楽しかったことばかりです。

さすがに生活のほとんどを費やしてきた○○席を辞めてしまうのはとても悲しいですが、 この先まだ長い人生を考えての決断なので後悔はありません。

長くなってしまいましたが、今まで支えてくださった方々に感謝の気持ちを込めまして、
お礼とさせていただきます。

○○席を愛してくださり本当に本当にありがとうございました
m(_ _)m

───────────────────────────────────────────────────

・・・気付いたのは夏も終わりの頃でした。
既に建物はなく、跡地には新しい住宅の基礎が築かれている真っ最中でした。

最後に訪れたのは2年前の、やはり夏の終わり頃だったと記憶しています。
10数年来で通い続けておりましたが、離れた都合は全て私の方にありました。

なくなったことに気付いたのも、決して訪れる都合からではなかったわけです。

例えどんな理由であれ、己が知ると知らずとに関わりなく、そこに存在し続けている。
そんな ありがた味(?)のような物事って、確かにあります。
そして こんな私でさえも、そんな風に思われている。 その一人であったりもします。
みらいがそう言うのですから、きっとそうなのでしょう。

ここは私の頁なのでして。 そんな私の勝手をこうして書き連ねております。

勝手に頑張ってください。 特に応援はしませんが 頑張ってもらわねば困ります。
マスターのご家族を見続けてもいたものでして、やはり気になります。 勝手ながらも。
あまり(まったく?)仲良くは出来ませんでしたが、おかみさんは良くしてくださいました。
とても。

いつか どこかで、ひょんなキッカケで再会することがあったなら。
同じようにさらっと無視してください。 通っていた頃と何も変わらぬように。

様々な事情などは勝手に感じ取れるので気遣いは無用です。 たぶん。 お互いに。











20.Nov.2018 藤沢市・亀井野 地区  …変換すると 『加盟の?』 などと訊かれて煩わしい日々ですょ。

調べてはおりませんが、樹皮は桜の類でした。 スンマセン。
緑の”がく”の透け具合が好みです。

宿直明けのこの日。 久々に訪ねたお店にコーヒーを飲みに行ったら留守でした。 営業日には違いないようでして。 きっと焼き立て食パンでも仕入れに行ったのでしょう。 そーゆーのんびりとしたトコです。 なので撮影しながら気長に待つともなく待っていたのでぃすが。

国道沿いのユニクロにパンツと靴下を買いに行くことにしました。
切り替えは大事ですね。 躊躇せずに図りましょう、切り替え。

されど目当てのパンツが見つからない。 仕方なく店員さんをとっ捕まえて問い詰めました。
 『ヒロミ・ゴーとかギャラン・ドゥみたいなのって、ありませんか。』

とても丁寧な応対でしたが、無いそうです。
切り替えは大失敗と申しますか、ある意味で大成功なのかもしれませんね。

近くのセブンでお昼を買って図書館に持ち込んで食べました。
中2階がエントランスで1階へ降りますと児童図書のフロアです。 南面は湾曲状に窓が続き、中ほどに小さな出入口があります。 そこから中庭に出ると人工芝もどきの   …ん?
芝をもどいたのが人工芝で、さらにもどいたら一体なんなんでしょうか。
まあいいです。 切り替えを図りましょう。

殺風景な住宅街にはありますが、図書館の周囲には何種類かの樹木が植えられています。
選んで座ったベンチとテーブルの前にはナンキンハゼが並んでおりました。 何年か前に剪定というよりも伐採に近い剪定を施されたようで、それでも細い枝がひょろひょろと伸びています。 今時分から紅葉が期待できる種なのですが、9月の台風の影響(塩害)もあるのでしょうか。 それでも赤く色付いたのを一枚拾い上げると、アカエイみたいで面白かったです。

2階へ戻り、大型書籍の低い書棚からインディアンの本を取り出してテーブル席の端っこへ陣取りました。 8人掛けの席をちょうど一人ずつで使用している眺めでした。 土日には考えられないことです。 今日は寒いから出足も鈍っていたのかもしれません。

ところで。
私たちはネイティブ・アメリカンと言わねば糾弾される立場にあるのでしょうか。
インディアンがインディアン呼ばわりされることを不快に感じているとは知りませんでした。
そうだったのか。 でもネイティブなんちゃらって そもそも、 …いいや。






1.Dec.2018 藤沢市・自宅前の独身寮にて   …寮長はそろそろ落ち葉を掃除するとよい頃合ですょ。

北側のイチョウです。 よって塩害を逃れました。 今年も変わらぬ紅葉と落ち葉ですな。
寮長は葉っぱ掃除。 そーじっ! 休日の寮生とか使わない。 ちゃんと知ってんだから。

・・・クソ寮長。    え? 何でしたっけ。   はぁ。 まぁその、色々とありますょ。 えぇ。

P.S.

親父さまを見舞った帰り道。
特に繋がりや因果関係など無いのだろうと自己分析しておりますが。

約3年振りでバッティングセンターに立ち寄りました。 通り道にあったのでして。
けれども、いつでもあったのでして。 むしろ今まで一体なぜ素通りしていたのか?と、
小一時間ほど問い詰められても仕方がない境遇を感じております。

夕暮れ時を先に帰ってゆく少年たちに 『ここ(自転車)停めて怒られない?(汗』 と尋ね、
『大丈夫っ!(笑』 との朗報を得て、いそいそと。

横に長っがい通路をとろとろ歩き、まずはトイレなど拝借します。 基本形では、ねぃでせうか。

奥の方には 【なんちゃって】 ではありますが、硬式のコーナーがあります。
糸巻ボールぢゃなく、いわゆるノンプロ等で使用する 見た目は軟球の ちょっと硬ぃヤツです。
利用に際してはヘルメット着用を義務付けられ、『…は、自己責任で…』 などと脅されます。
のっけから酷い話ですね。

なんだか 【カチンっ!】 っと来たので。 さっそく300円を投入。
まずは一球目を素手でキャッチ。 周囲にはミットもグラブも無かったのでして。
…普通に痛かったです。

気を取り直して打席に立ちます。 打つ気なし。 初球は見送り。
でも ちゃんとストライクでした。 《0-1》

2球目は軽く振りぬきましたが、真後ろにファールチップしました。 《0-2》

3球目はやや強振してファースト方向のスタンドへ入るファールフライでしょうか。 《0-2》

気を取り直した4球目。 そう、その通り。 力を抜いて己の身の程をわきまえ、かつ正確に。
ジャスト・ミートしてセンター前に運びました。

成敗・完了。
・・・残り球? 後ろで見ていた少年たちに、『あとヤっていいょ』 と、譲渡してしまいました。 でも、

自己責任でな。

【解釈】 そーゆー類の責任を負いかねるのが、少年たちの務めでは ねぃでせうか。
悪いオトナです。  ・・・そそくさっと。 (おや?アナタも。 経営者なのに奇遇ですなぁ。鼻ホジホジ…)

・・・何っ!、デッドボールぅ?(イライラ
心配するな。そいつぁ君の勲章だ。 明日クラスで威張り散らせ。   何しろ硬球だからな(フフフ…

← Prev Index Calendar  Next ⇒