【散文気分】 - 2018/4/28 Sat -

こんばんは。 最初の三連休初日。 いかがお過ごしでしょうか。

唐突を承知の上でお伺い致しますが。
大事にしていることを他者へお話したり、お見せしたりと、何らかの方法でなされておられますか? それらをめったに意識することなく過ごされているのだとしたならば。 ものの摂理として、それらはある日突然に他者なり出来事なり、あるいは普段は使わない脳機能なりからもたらされ、改めて振り返ることとなるのは避けられないことでしょう。 大事なコトなのに、それについて関わることの備えが伴っていないのですから、グラグラするのですね。 多分。 でも、そうしたシチュエーショナルなニュートラル・コーナーにいることも、また確かなのでしょうか。 多くを語りたくなどありません。 ただ、何らかのチャンスに、ある種の臨界点に位置していることだけは確かなようだなとも感じています。 出るか、留まるか、引くのかは我々の持つ選択権にしか過ぎませんが、そうした機会の出現を左右することまでは永久に・・・ 金輪際・未来永劫に、口出しすることですら不可能でしょう。 機会ロスなどと陳腐な言葉で語る場合ではない気がします。

一期一会にそのニュアンスは引かれますが。 それでいいのかを自問すれば、否となります。 なぜならば。 完全に自分本位な事柄だからです。 中心はあくまでも自分であり、それがゆえに安易に他者へそれを感じさせまいとして来たのですから。

もしもそうした『人探し』が、いわば結婚相手探しであったのならば。 それは晩婚か婚期を逃してもしかりではないでしょうか。 リスクの高いケースだなとは思います。

戻しますが。
大事にしていることを他者に感じてもらえる機会に際して、ワタシはどう向き合って来たのかが今夜のテーマです。

それこそ、大事な部分ですから助言などは無用などと粋がる心境にはありません。 かつてない程に、謙虚さの気持ちが働いているのかもしれないな・・・ とも、感じています。
ただ、   ・・・いえ。 ダブルのアネーブルコントロールにはすべきでないとの気付きに過ぎないのかもしれません。 それならば、一方は外側に委ねるのが自然だなと。 そしてもう一方は。 いわば終生向き合うのみですから、良い流れに身を投じられる感覚を大事に過ごしてゆきたいものだなと考えています。

また大事な事柄が。 困ったものですが、こういうのは悪くないです。






10.Apr.2018 茅ヶ崎市・小出地区 里山公園内の外れにて。

具体性の伴わない文章を読むのって過酷ですょね。
なにしろワタシ本位な世界なものでして。 いやはや、何と申しますか。

P.S.

0/7 のピンボケでスミマセン。 でも8枚目を撮れば結果が出せたとは、一体何が保障してくれましょうか。 そー思えば 『まぁ、しゃーナイかぁ。』 となりまする。 なんと。 なりませぬか。
困るなぁ、そろそろお解り戴かないと。 少なく見積もったって ざっと120名はいますでしょ。

参加賞の 『サッポロ一番』 だって 50袋しか用意してないもんなぁ。 ブツブツ・・・

【ホウチャクソウ】 というユリ科の多年草です。 ↑画像
あー 『ホウチャク』 というのは、お寺にあります。 ぶら下がってますから。
さぁ、連休中に近場のお寺に行って探してみましょう♪(テヘッ!

← Prev Index Calendar  Next ⇒