【散文気分】 - 2018/4/26 Thu -


散文気分さん 【註・ピンクマーカー引き】       又、お会いしましょう!! 【註・青ペンで斜めに追記】

1年間でしたが、お世話になりました。
はじめは、正直どうなっていくのかな(人が変わる事で)   【註・代わる】
と不安もありましたが、今では散文気分さんのいない
(施設名称) は考えられない程、大きな存在です。
散文気分さんと話をする中で、何度も助けられ、今の
私がいます。 週4の泊まりは大変かと思います
が、これからも (施設名称) をよろしくお願いします。
一緒にお仕事できて、楽しかったです。
本当にありがとうございました。       (筆者氏名)   【注・直属上司】



・・・ 3月最後の勤務あとで、このようなカードを戴きました。

宿直明けの朝。
すべての利用者さん方を見送り終わり、いつもならば帰宅するところを居残って次年度準備のやや大掛かりなミーティングに参加しておりました。
しかし宿直明けの勤務都合、昼までで中座させて貰いスタッフルームへ戻ると。

彼女はいつの間にか居なくなっていて、そのカードだけがデスクのノートPC上に置かれていました。

もはや新しい赴任先へ赴いて行ったあとだったのでしょう。




こういう素直な文章が書けたらなと思います。














【註】 少し持ち上げ過ぎかもしれません。  ・・・まあ、
そこは心の問題を孕む点でもありましょうから。
えぇ。






10.Apr.2018 茅ヶ崎市・小出地区 豚舎に至る下り坂にて。

写真ばかりポンポコ載せていたら新しいストックが底をついてしまいました。

なので青梅です。 でもツートンがいい感じだと思います。 なんと。 思いませぬか。
実はさり気な〜く、深いコトを持ち出しつつ申しておるのでぃすが。
そのお話は また、この次に。

P.S.

20歳以上も年下の上司を持っても、ワリと平気なのだなというのが発見でもありました。
まあ何と申しますか、妙な『得した感』がいいですね。

← Prev Index Calendar  Next ⇒