【散文気分】 - 2017/11/18 Sat -

Responses to “秋のオススメ”

───────────────────────────────────────────

散文気分 Your comment is awaiting moderation.

11月 18th, 2017 - 3:45 PM

こんにちは。
鉛色の空模様の中を、夜勤明けの週末気分で(自転車に)乗り切って帰宅しました。
寒いですね。


 「にいちゃん、さむぃね」  「うん。さむいな、ヒロミ」 …

そんな やり取りまでもが蘇って来るぐらいです。 いつ、どこで、誰が、そしてそれらは一体どんな やり取りだったのか。 たしか 【寒い】というのは 本当に寒いのではなく、彼らなりの【気遣い】から発せられていた言葉であったような記憶があります。 うろ覚えながらも。

 「ろくはん、うずくまる、かなり さむい」

かの古畑さんが読み上げた、被害者(陶芸家)が手帳に書き残した最後のメモです。 ココでも 【本当に寒かったのかどうか】が、捜査活動を進めてゆく上でのポイントとなりました。

さて。 私は何が寒かったのでせう。 時間が経ってしまい、もはや判別がつきませぬ。
ホント、困ったモノです…


> ひどい振られ方をした人とかいれば別だけど・・・(※1)

そう言われて背筋に電撃が走りました。
すぐに背後を きょろきょろと してみたけれど。 もちろん、そこには ラムちゃんなど居なかったワケでもあり。 コレは別の原因に違いないと推測しました。

どうやら心当たりは、これっぽっちも無いようなのです。 とりあえずはホっとしました。 で。 ぢゃ ぢゃ ぢゃ ぢゃ ぢゃあ、 ぢゃあさ。 いったい何の電撃?って、ナルぢゃないですか。 なんと! なりませぬか。 そうでぃすか。 困りますねぇ、そんなコトでゎ。 ブツブツ…


やすきよ司会の視聴者参加番組で、むかし「プロポーズ大作戦」というのがありました。
自分の思いを相手に伝えたい男女が、番組のチカラを駆使して、そのお相手をスタジオに呼び出し、そして全国のお茶の間のみなさんが見守る中で、改めて告白する。 そんな趣旨のコーナーが冒頭にありました。

男性からの依頼で探し回り、そして臨月間近の(お若い?)妊婦さんが現れたコトがありました。 スタジオもやすきよも驚愕と大爆笑の渦でした。 男性依頼者は穏やかに照れ笑いしてました。 現れた女性は普通に幸せそうでした。

【振られ方】の定義付け?というのも、確かにありましょう。
しかし。 その放映を見た時(多分、中高生だったハズ)に思ったのは、
【こんな振られ方だけはしたくないモノだな…】 でしたとさ。 メデタシ…


P.S.

効用ドライブ(※2)にはもってこい!なドラッグとか、あったら処方して欲しいのですが。
えぇ、もちろん冗談です。 …冷静に考えると恐ろしいドライブですよねぇ。 かなりヤヴァめ?(汗
なので(何が「なので」だ)、自重して一曲だけを選んで(※3)みました。

1. 西城秀樹 『ハウス・バーモントカレーの歌』   ※タイトル・超テキトーです。 あしからず。

P.S.2

ドライブの間中に短いコレをリピートされてたら、きっと気が触れますな。 考え直します…






【ph.1】 26.Oct.2017 藤沢市 亀井野地区・職場付近にあった大豆畑にて。

先に本文の補足説明をお送りしまする。
日ごろ尋ねるブログサイトへと書き込んだ内容の、転写&誤変換等・修正&校正版です。

※1

今回は 『好きだった人』 というテーマです。
そちらの関係各位がテーマに根ざした絵を自由に描き、そして掲載していました。 そんな記事の文中にて、【…だった】は過去形だから難しい。…という趣旨の感想が漏れておりまして。

激しく同感ですだ。 (いわゆる、禿同?ですか。 あまり好ましくはない略語でしょうな。)

※2

ブログ記事の終盤で余興的な記述の中にありました。
身内の話題にて運転免許を持たない関係者の救済措置(笑)として、もしも全員で紅葉ドライブするとしたら…と前置きし、車内で聴きたいBGMを11曲ほど列挙されていました。

…私は誤変換と仲良くするのが、ヘタくそですが好きなのです。 そうすることで、少なくとも誤変換ストレスは軽減されます。 ただし、余計なストレスどもが増量キャンペーンを実施する危険を伴う、諸刃の剣でもあります。 素人さんにはオススメでけません。

※3

詳しいご説明はもはや無用なのかと。
書き込みが長文化して少し疲れたので、とても11曲なんて選んでいられなかった言い訳です。

【戯言】とは異なるので注意が必要なのです。 いえ、それ程に高尚なものでは。  …そっか、
高尚だったのか。 戯言のクセに(怒




【ph.2】 25.Oct.2017 藤沢市 亀井野地区・職場北側の窓から。

ph.1

【…にあった】 の部分で、既にお察し戴けたものかとも。
二度の台風と荒天続きで心配しておりましたが、今週初めに収獲作業が終えられていました。

ココは6月半ばに落穂拾いしてた麦畑のあとです。


ph.2

 Q. なぜ太陽と反対側に出現するのですか?

A. 太陽が嫌いだからです。

 Q. では、なぜ太陽が嫌いなのですか?

A. 太陽が近くに居るとまぶしくて、皆さんにちゃんと眺めてもらえないからです。

 Q. 太陽に負けないくらい、強く光り輝くワケにはいかなかったのですか?

A. 以前はヤってました。が、思うところあってしっくりといかなくなりました。

 Q. もう少し具体的に聞かせてもらえますか?

A. それには応じかねます。 どうか勘弁してください。

 ありがとうございました。

interview with L'Arc~en~Ciel in sanbunkibun at 18.Nov.2017
← Prev Index Calendar  Next ⇒