【散文気分】 - 2017/11/13 Mon -

nannokotohanai,   あぁ、すみません。
何のことは無いのですが。 少しだけ思い出語りさせて戴きます。

高校生の頃。 あいうえお順で座らされていて、三番目でした。 『さ』ぢゃなくて、【い】なのです。 いわゆるひとつの、現実問題ですね。 しかも世界は地元の中学なんかよりも広い。

少しだけ寄り道を。
今でも出席番号順に男女全ての名前を言えます。  高校一年の二組。

さて。
前の席はArai君(仮名)でした。 彼はクリア・シートに佐野元春のNewアルバム・パンフを差し込んでいました。 彼の居ぬ間にそれをじっくりと見て、そのアルバムをレコード屋さんで買って聴いていました。  【No Damage】

どこかで聴いていた(?)曲が、イキナリ流れてきたので痛快でした。 喉のつっかえが取れたかのような。 以来、佐野元春のLPレコードは全部買いました。 少ない小遣いはたいて。

でも。
彼はあたかも示し合わせたかのように、New York へ行っちゃいました。

で。 一年間待ちました。 まあ何とか待てました。
そんな『お待たせ』 的な一枚が、【Visitors】 でした。 世間的にはとても不評でした。 少なくとも私の周囲では、もう彼の名を挙げる者が居なくなりました。 もちろん、Arai君(仮名)は文系なので別のクラスになりましたから、彼のクリア・シートに その後は何が挟まっていたのか?までは、今も知らないままです。

でも。 私が一番好き(?)なのは、そんな【Visitors】に含まれる二曲目なのです。
もはや好きとか嫌いなどを超越しているようにも思います。 何と言うか、

   『・・・あぁ、そうそう。 いまこんな感じぃ。 よく判ったぢゃん(笑』

と云うのが、多分正解なのでしょう。

毎朝、LPレコードを取り出してはターン・テーブルに載せて、たったその曲だけを聴いてから、小田急線の最寄り駅まで しゃかりきに自転車をこいでゆきました。 朝練があります。


なので。

みなさまの二曲目を暴露して戴けませんか?  コレだけは譲れない! ってヤツを。
ヤツとか言って、スミマセンが。   でも、 ヤツですよねぇ?




【ココまで3分で書きました。 ハイとはそんなモンなのでしょう。 ・・・ね?(汗】






12.Nov.2017 藤沢市 円行地区・あお屋珈琲店のカウンターにて。








   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *   *








でもUploadするまでには、さらに3時間を要しました。 色々とありますょ。 えぇ。 厄介ごとが。
でも3時間と3分ですから。 ちょろいモンです。  なんとっ! ちょろくない、ですと? ・・・はぁ。

↑ ちょいとピン甘でスミマセン。 でも実そのものは酸っぱいです。   ・・・調和、ですかな。

人類の進歩・系?とは異なりまする。 念のため。 でも、そーゆーコトがワカランチンな人々が多数派を占めて来ているので、気楽なモンですょ。 えぇ。 普通に繰り出す話題だけだと、よく70歳ぐらいに間違われます。 大変に好ましい事例では、ねぃでしょうか。

たまたま居合わせた諸先輩方からは、そんな感じで よくお酒とかご馳走になってました。
とっても変なのが、ん妙ぉぉぉ・・・に 話が合うので、 なんだか心地いいみたいです。

どうもご馳走様でした♪     【いまぢゃ飲まんので、ケーキとかでおながいします。】





P.S.

好きなアルバムは普通に【SOMEDAY】だったりもします。   ・・・特にB面ラストが。

逆に嫌いなのは【かへぼへみゃ】。
嫌いなヤツが好きなアルバムだったので。 佐野君には悪いのだけど。 ツイてナイのさ。 あ、でもアレ好き。 NHKで流れてたヤツ。 何だっけ。 ヤングなんちゃら?(汗





P.S.2

こーゆーコトを書くと。
例えば、某Amazonやら某楽天やら某BOOK・OFFなどで突然に在庫が無くなったりして、なんだか微妙な社会現象が起きる場合がありますね。 そんなんぢゃなくてヨカッタです。 でも、あんまり無いとツマランので、たまには起きるといいですね。 よくないか。 まあいいや。

← Prev Index Calendar  Next ⇒