【散文気分】 - 2017/10/3 Tue -

改めまして、こんばんは。

気分を改め、姿勢を改め、そのようにお察し戴けたなら、 …災いです。 私を調子に乗せて一体どうなさるお積りですか。 どうか厳しくご指導を賜りたいと、かように思う次第です。
さて。


さすらうなどとでも言えば、   …言わんこっちゃない。 もっと真面目にまいりましょう。


つい二日前の昼またぎ。
日曜日のランチ(焼肉弁当\278!)を楽しもうと、まずは会場を吟味してみました。 そして厳正なる抽選(!?)で選ばれたのは。 郊外(なれども近所)にある、谷戸(やと)と呼ばれる地形に造られた小さな田園地帯、それらを囲う森の際でした。 知ってますか? 谷戸って。

では、学習して戴いたところで先へ進めたいと思います。 学習、して来ましたよね?
よございます。 まいりましょう…

田んぼの稲刈りは既に終わり、脱穀の前に乾燥させるため、ハサ掛けが施されています。 5〜6年前の秋田の旅で、または3年位前に古民家食堂の蔵書たる農事雑誌を紐解いた折に、その辺りの事情については語った記憶があります。 が、少し面倒なので詳細は各位でお調べ下さい。 …まあその、知らなくても特に支障は無いと思いますが。 この情景描写はコレっ切りの予定ですので。 えぇ。

パクパク食べ進めながらも、時々はグビグビと”オランジーナ・ブラッディーオレンジ”などをあおってみたり。 またパクパクと食べ進めながらも、樹上からドングリがカサカサッ!と葉っぱを叩きながら、地面にポトりと落っこちて来るのを感じていたり。 ブブっ、ブゥゥゥ…ン、ブブっ! ブブブゥゥゥゥゥン…   って、一体いつからドングリごときに 羽はえたん?

  げ。

【註】葉山のビーチサンダル商とは異なります。 アチラは○の中に「げ」。

二匹のオオスズメバチが、ガチで闘ってるですだ。 ドングリの背ぃ比べ ちゃいますゎ。
こりゃ一大事ばい。 焼肉弁当\278とか食ってる場合ぢゃあ、なかとです。
ケータイ、ドコじゃあ! ケータぁ〜〜〜イ!   尻ポッケだった。 落ち着け、オレ。
きゃつらは争いに夢中、オレに関心は向かぬハズ。 一途で一直線な性-SAGA-なのだ。
落ち着け、落ち着けぇーっ!   …その時の俺の興奮が解るか? 解るかっ!

【註】”野獣”で連想される映画と言えば『美女と野獣』。
もはやそんな時代ではないでしょうか。
死すべし

15cmくらいまで寄ってから4枚ほど、アングルや露出を変えつつ激写しときました。 が。 曇りがちなうえに木陰であり、オートフォーカス頼みのがらけぇ様には、少々キツぃ露光不足なのでした。 しかし健闘しましたょ。 一枚だけ、なんとか見られるのが撮れてました。 あとは全部ピンボケ。
興奮した手の震えちゃいます。 ピンボケです、 ぴーんーぼーけっ! おっとっと。 実はそれどころじゃなかったのです。 私が”たった4枚”で引き下がるとでも? あなどられたものよのぅ…

4枚目を撮った直後、その二匹は『痛み分け』もしくは『時間切れ場外リングアウト』とでもなったのか、イキナリぱぱっ!と別れて飛散し始めたから、 がらけぇ様もたまったものではありません。 しかし彼らはそれぞれの思慮に従い、田んぼと森の奥へそれぞれ消えて行きましたとさ。 メデタシ。






1.Oct.2017 藤沢市 石川地区・丸山谷戸にある復元田の森の際にて
ところで。 一体どんな風に決着がつくかをご存知でしょうか。 もしくはご想像を?
この撮影あとの試合で目の当たりにしたんすがね。 そーとーに、えげつないですょ。 えぇ。 もぅ撮影なんか放棄しましたから。 思い返してもぞっとします。 いやぁぁぁ…
あの””なのですょ。 音が、音がいまだに耳から離れやしない。 い゙ やぁぁぁ…

まぁ話だけならでけますが。 しときます? でもヤメといた方が長生き出来ますょ。
早死にするのは私だけで充分ですって。 えぇ、そうですとも。 召されときますから。

ちなみに。
この日/この会場の試合数は、やたらに多かったっすねぇ。 いくら何でも飽きますゎ。
当然ながら途中までで退散しましたょ。 全試合とも観戦する義理はナイものでして、えぇ。 …10年くらい前の正月に落語を8時間ぶっ通しで聴いたことはありましたが。
←Prev→Index→Calendar→Next