【散文気分】 - 2017/8/6 Sun -

こんばんは。
ココいらでは南の空からの湿った空気が、わんさかです。 なれども満月前夜の月が。


王のいない王国。
押し入って討てば その国を盗れるのですが。
いない。

そんな馬鹿な。
でも間違いなく いない。 王など いない。 これだけ、どれだけ探しても、いない。

そんな境遇にある者たちが、その場で自決する美談(?)のような物語は、子供の頃からさんざん読み聞きしてまいりました。

もう少し ふてぶてしく、己の生命を生き抜いてもいいのではないでしょうか。
後世に生きる者の たかだか一人としてすらも、そう思います。

そうは言っても。 押し入ってみたものの、王はいないワケでして。
さて、私自身どうするかなあと思案するのも事実でして。 それもワリに長いワケでして。


湿った夜空にも関わらず くっきりと浮かぶ月が、身勝手にも象徴的にすら感じられ。
今宵も、孤独と己です。






5.June.2017 藤沢市 引地川親水公園付近の田んぼ畦にて
同窓会・告知の通知に応えて、参加出来るくらいが目安なのかとも思いますが。
さて、どうなのでしょう。 単なる偶然ですが、今宵でした。 スミマセン。

 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

忘れてました。 ウラナミアカシジミ だそうです。
翅はモンシロチョウくらいの大きさがあり、突然に出会うと やはり魅かれます。
もうスッキリと忘れていたのですが、かく言う私もコレに遭遇した後で それなりに興奮して調べたのだと思います。 画像ファイル名には学名までもが施してありました。

特別に珍しい種でもありません。 撮影のチャンスは画像ファイル名のタイムスタンプどおりでして。 午前中の半ばからは木陰で休息する習性なのだそうです。 撮り損なってもすぐ近くに留まりますから。 きっと眠い時間帯なのかな。

 _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

P.S. 私の言う王国とは一体どこなのか。
解った方々には30点差し上げます。 でも、どうか挑発的には捉えないで下さい。
そう。 遊び感覚で丁度よろしいのかと。 なので遊んでってください。

・・・あ。 目が本気になってる。 ではまた。
←Prev→Index→Calendar→Next