【散文気分】 - 2017/1/24 Tue -


近所のマクドナルドで早朝にカウンターで見かける店員さんには、『バリューセット。エッグマックマフィンと、コーヒーはそのまんまでいいです。』が通じない。 逆に『…コーヒーだけがテイクアウトですか?』などと不可解な訊き返され方をして、むしろメンドーな思いをする。 『いや店内で。』と答える。するとトレー上にミルク、スティック・シュガー、スプーンを並べ始めるので、『あ〜、そのまんまで(汗』と手をかざして制すると、無愛想な上に低トーンな口調で『ブラック・コーヒーですね?』などと念押しされる。 『そうです(…とだけ答え、ニッコリしたが)。普通のコーヒーです。何も足さずに”そのまんま”で下さい。』と答えれば、少し皮肉も利いた感じでヨカッタんだろうか。 外国人だとは感じなかった。もしかしたらそうだったのかもしれないなと、コレを書いていてその可能性に気付く。 しかし客であるコチラに対して、不明瞭(?)と感じられたオーダー項目についてを念のために確認起こししたのは、あくまでも業務都合であったハズなのだ。 それに対して、客が快く応じてくれたのならば、何らかの反応…少なくとも客が不快感・不信感を抱かずに済むような姿勢を示してもいいと思うのだが。 しかもこの場合には、『コーヒー』というオーダーそのものは、もはや揺るぎようがない確定項目ですらあるのだ。 『そのような場合、わたくしどもには”ブラック・コーヒー”と申しつけて戴かねば、ミルク、スティック・シュガー無しのご注文には応じかねます。』といった、極めて奇妙で偏狭な姿勢にも受け取れる。 もちろんメニュー上には『ブラック・コーヒー』などといった記載は無いが、世界で幅広く(?)通用するであろう、一つの通称であることは解る。 しかし個人的にはブラック・コーヒーなどという『スカした言葉』は使いたくないのだ。 そうして今まで生きてきたし、それを変える必然性も感じられない。 『Coffee, small… and black.』ならば、そうした言語圏か、近所の店なら冗談で使う。 そうであっても、コチラは好意で『ホット・ドリンク類に付属するアイテム』の無用を示しているのだが、却って迷惑だったらしい。 今後はただ『コーヒー』と言って注文し、ミルク、スティック・シュガー、スプーンは持ち帰る(きっと親父が喜ぶだろう)か、邪魔になる時には仕方ないから捨てよう。 会計を済ませてオーダー類が全て揃ったトレーを、平らな営業口調とともに両手で無表情に差し出され、それらを笑顔で受け取りつつ『ありがとう、いただきまーす…』と、やや控え目の声で(でも普段から言うとおりに)言ってみた。 ほんの少しだけ彼女の表情がほころんだ気がした。

(…2F客席に上がり、不愉快なので黙々と3分で食べ終えて出る。コーヒーは持ち出して来て歩きながら飲む。 しかし揺れるので時々は上唇に当たってとても熱い。面白くない。 本当は休日の朝を2〜3時間ほど、読書・思案事・書き物などに充てるつもりでいた。 なので少し寒いが散歩も兼ねて遥か遠方のコメダに河岸を変え、そんなホリデー・モーニング・メニューを実行し直した。 帰路も大きく回り道して、昼を跨いでゆっくりと帰宅。店内・その他での滞在時間等も含め、のべ6時間半。道のり合計は13.5kmだった。 もはや気分はスッキリと晴れていた。 …その夜ココに記述し、ぶり返すコトになるまでは。 非常に面白くない。)





6.Dec.2016 藤沢市 西俣野地区の農業用水沿いにて。
(白旗川水源の一つ。国道を潜った下流に小さな稲作地帯あり。)

『ミルクとお砂糖は要りません(笑』 …などと付け加えて言うのは。

なんだか歯医者になった気がするのでとても無理です。   …あ。 敗者でした。 失礼を。

それに混んでいたり、淡々として歯切れ良い感じの店員さんが相手だと、『ミルクとお砂糖は要りません(汗』などと長々と言うのも はばかられるし。
勝手にテキパキ済ませられたハズの些細な作業の手を止めて邪魔することになる場合もあるし。 特に気ぃ遣ってるワケじゃナイんですが。

気ぃ遣って下さいょ、もぅ。遣い込み過ぎてビョーキになっちゃうくらいに。
同情くらいならしますから。   …もちろん代金だって支払いますし。

- - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - -

同情するし金もやる …か。 自称・羽振りは悪いが気前はいい。そんな散文気分でした。

あと、終電のがしてタクシーを拾い、私よりも遠方へと帰る同僚から、『同乗するなら金をクレ。』 などと のたまわれたコトも少々。  まあ、そちらにはヤリませんでしたが。なんか別ので埋め合わせしときました。   …持ってたビンゴの景品だっけか。失念。

『はい! どーじょー。 (…ヒック!) でっへへぇ〜♪』 などと要求通り差し出す、わきゃあナイ。

- - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - -

『コーヒーにミルクとお砂糖は要りません。 でもEMMには付けて下さい。』

…などと付け加えて言うのは。
ん〜実にリスキーですね。相手と状況などで判断してから、心して励行しましょう。
勇者が試された体験談などをどしどしとお寄せ下さい。なんか贈らせて戴きます。ハイ。

…え。 『EMMって何ですか?』   いま確かにそう訊いた? (フゥ… ボリボリボリ)

本文もっかい頭っから読み直し。
それと買ってきて。バリューセット。今すぐ。エッグマックマフィンとホットコーヒー。ミルクと砂糖はイラネーから。
あ、ちょっと待って。タイム計るから。位置に着いて… はい、スタート。     ♪〜

- - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - -

私めは個人的に前々々回・12/5のお土産が割りと好きです。 今も不評なのですょ、コレが。

ほんの少しだけ 『ぶらり・無頼 旅 -21.Sep.2016-』 してきた時のお土産。 そうです。 あの、
ぶらい饅頭 『ブライあん』 のコトです。

前回は遂に元ネタまで持ち出しちまったにも関わらず、一切の問い合わせもナシ。
みなさん”あとがき”なんてやっぱ、ちゃんと読まずに捨てちゃうんですかねぇ…

で。 何のお話でしたっけ? あぁ。   量産饅頭、 食っとけ。 おら。  『ブロイラー』。


          …あ、 やっぱ地鶏がいい?  じゃ、じゃ、じゃ、じゃあ、  ご勝手にどうぞ。


あ〜あ。 さすがに飽きてきますただ。 もぅヤラないと思います。

- - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - -


20.Jan.2017  作業所前の小さな畑にて。



今回(実は2/5・UPロードなんですょ。)の本文は、去る1/24に殴り書いて放置してあったモノでして。 文字サイズなんかも、今回のさらに倍ぐらいで設定されちょったげな。 でもまあ、そのまんま”お蔵入り”させる予定でした。翌朝には書いたのスッキリと忘れておりましたから。

しかし、約10日ぶりに掘り起こしてみたらば。 …なんだ。悪くナイじゃんかょ。 もっと、もぉぉぉぉぉー!っと、ダークなモノだったかと記憶しておりましたから。 まあコレくらいならアリなのかなと。えぇ。ただし文字サイズはやや控え目に修正をと。

画像はブロッコリよりもやや堅めなロマネスコなんすが、茹で過ぎないように注意しましょう。
昨日さっそく失敗した散文気分めでした。 でもマズくは無かったす。へい。

『罰ゲーム』と称して、(こじ付けの)裁きを受けた方々にご試食を戴きました。お疲れ様です…
←Prev→Index→Calendar→Next