【散文気分】 - 2016/7/31 Sun -


30.July.2016  藤沢市 打戻地区・農地にある古民家食堂の軒下にて。




30.July.2016  寒川町 小動地区・目久尻川沿い、寒川町リサイクルセンター付近の田園地帯にて。




30.July.2016  茅ヶ崎市 芹沢地区・小出川沿い、茅ヶ崎里山公園下の田園地帯にて。
(※ 以前にアオサギが羽を休めていた鉄塔です。)




30.July.2016  同・振り返って北東方面に白い湘南慶応校舎群を望む。
(※ 本日13:00〜 神奈川県大会・決勝戦  慶応義塾 対 横浜高校)



解説のコーナー

恐らく浜スタの横高側には妹の嫁ぎ先の姉さん&従姉妹が、このクソ暑さを物ともせず意気揚々として陣取っているものと思われます。

数年前の甲子園球場はアルプススタンドにて。 NHKのカメラによる彼女らの どアップ映像が、冷ややかな目線 『…あ゙。 ヤヴァぃ(汗 』 付きで 流されたことがありました。 大変ご愁傷様でした。

- - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - -

そんな湘南慶応校舎群から森の坂を農地まで下りきった辺りには。 その名も ”勘兵衛地獄” なるスリ鉢状の地形(跡)が 遺されてます。 スリーエフに隣接する公園っぽいスペースなのですが。

この場合の”地獄”とはアリジゴク同様に、勘兵衛さんの落ちる地獄…といった用法でしょうか。

娘っ子が通り掛かると投網など被せて かっさらわれる。 げに恐ろしきかな、勘兵衛地獄。
…では 無さそうです。 ヨカッタョ。

- - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - -

その辺りは水はけの悪い低地であり、田んぼに踏み入れば胸まで浸かったとか。

まったく勘兵衛さんも厄介な土地を相続しちまったもんですな。 こんな風に今でもその由来が伝わって残っているあたりに、 村人たちの同情心が垣間見えるかのようです。

…まぁ。中には勘兵衛さんの苦労を陰から見て笑ってる輩もいたかもしれませんが。

- - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - -

   『勘兵衛殺すにゃ刃物は要らぬ。 雨の三日も降ればいい。』

…いっそ農業なんてヤメちゃって、ウナギやフナの養殖池でもヤレばヨカッタんじゃないっすかねぇ?

- - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - - * - -

さてさて。

ココで標題の”大山詣”を少し加えていきます。(小さじ2/3。無ければ大田胃散で代用スル。)

その昔。この小出川流域の農地では。 旱魃(かんばつ・干ばつ)が起きると御岳神社の釣鐘を降ろして小出川の水に浸したり、一日がかりで 大山の阿夫利神社まで雨乞いのお参りに往復していたのだそうな。 何でも阿夫利とは、”雨降り”から来ていると言われている(らしい)。

以上。 今回は水にまつわるエトセトラなコーナーでした。 メデタシ… と。
←Prev→Index→Calendar→Next