【散文気分】 - 2016/3/19 Sat -


企業が新卒者を採用するにあたり、恐らくは一番に意識する部分とでも申しましょうか。

…あぁ。 イキナリですみません。 別に堅い話題ではありませんので、そんな風に堅くならず。 どうかお気楽に読み進めていって戴きたいモノだと思いまする。 さてと。

…でぇ。
企業が新卒者を採用するにあたり、恐らくは一番に意識する部分とでも申しましょうか。

純真さはそのついで。 有り過ぎても困ります。 俗に天然系などとカテゴライズされる恐れすらありますから、備わっている方々には充分な注意が必要です。 ところが。

無垢。 コレ、実は かなり大事に見られておりますようでして。 しかしその年齢層から感じて申しまするに。 ほぼ全て(新卒・求職者)の方々は、難なくパス出来る見通しでもあるのだと、かように感じております。 もちろん、当のご本人方にはあまりピンと来ない部分でもありましょうか。 別に いいんです、そんなの。 放っとけば。

ちなみに。(コホン。)
奇特にも、パスし損ねてしまったアナタは。 逆に類稀な逸材であるのだと言わざるを得ません。 どうぞコチラまでご連絡を。 心よりお待ちしております。 秘書として。

さて、無垢を求める心とは。
そのもの(今の状態)を愛でる心、これから自分色に染め上げたい野心、出し抜かれる心配は無用、勝手にすくすくと健やかに成長していってくれる(と思われる)安心感、 …まだまだ挙げ出したらキリがありませぬ。 が。

どれも薄汚れた野心とでも例えましょうか。 単なる体のいいご都合主義ですな。
または高貴な家系のそれらと履き違えているのかもしれません。 困ったモノです。



無垢を求める正しい(少なくともまっとうな)心があるのだとすれば。
すなわち必然に負う部分が外せない。 そんな図式に尽きるのかなと考えます。 絶対に無垢でなければならないのだと。 敢えて事例なんぞは挙げますまい。 果たしてその価値観が、人材の採用に適用出来得るのかどうか。 しかし不出来を伴いながらも半ば出来ちゃって(実績?いや。こーゆーのを真に黒歴史と呼ぶのだ。)いたようなのでして。 少々取り上げにくい論点ですらあります。

ある程度の年齢を重ねた境遇で再就職を経験された方々ならば。 半ば容易に感じ取って戴けるものと思う次第です。 ただし、そこそこの役職〜リストラさん組には、まだまだ当分の間はムリなので注意が必要です。

そうして招かれた無垢と戦っても仕方ありません。 少なくともワタシはそう思います。
我々の武器はズバリ穢れではないでしょうか。 そう。 無垢な彼らがまだまだ身に付けていない、その部分を堂々とフルに有効活用してゆけばいいのです。 もちろん、その使い方には自己責任が常に伴いますから。 暴発させて台無しにしてしまうコトの無きよう、ご健闘をお祈り申し上げます。 いや、かく言うワタクシめも また然り。



17.Mar.2016  藤沢市 亀井野地区・農地の一角に植えられたスイセン群の図。

たとえ周囲に遅れをとったって。
画像の蕾ような、そーなったなりのアドヴァンテージなどが、ちゃーんとあったりもします。
そーでも思っていなけりゃヤってらんないっすょ。 えぇ。

   - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - -

そうそう。 あとね、中途採用なんかで
『即戦力を求める!』 …なんてのも、適当に怪しいっすょ。 経験上申しますだ。
体のいい越境・業務引継である可能性が大ですな。 その実態の多くは、単なる空きポストの穴埋めを内輪で解決出来ない。 そんな感じの歪んだシワ寄せ事などが、釣られたアナタに全部イキますから。 もちろん前任者は既に不在な場合がほとんどでしょうから、ホント覚悟して臨んでくだつぁい。 ネ?(汗

だって考えてもごらんなさいょ。 前任者が非力な者であったと仮定すれば。 ワザワザ金と手間隙かけて採用なんぞせずに内部で解決しちゃいますもん。 でしょ? ちゃいますたか。 そーでぃすか。 でもね、前任者を越える逸材が(間違って)来ちゃったらラッキー♪みたいな、お気楽採用ですょ、それ。 もしも見合わなければ目も当てられません。 合掌…

うまくイク場合もあります。
例えば容姿端麗で若い女性であるとか。 社長その他、社内の要人たちとそりが合うとか、通じているとか。 そんなでもなけりゃよほどの世渡り上手さんか、植木等さんですな。

だからと言って。
このあと高須クリニックに走ったり、植木等を学び始めたりなど。 …しちゃうんでしょうか。
怖い世の中です。 果たして迷える弱者とは、かくも時代に翻弄されるべきなのでせうか(汗

   - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - -

《著者より》
毒舌の苦手な方々には不快な言い回しが続いたコトをお見舞い申し上げます。

しかし言い回しはともかくも。
このような内容の事柄をハッキリと言い切るオトコなんて、それこそ鐘や太鼓を叩いて探したって 金輪際、未来永劫、そうは簡単に見つかるモンぢゃありません。 …え? 見つけちゃいましたか。 そいつぁラッキー♪ですな。 そんなラッキーさ加減も知らぬアナタに見初められても、持ち腐れちゃうんじゃないかと。 もぅ心配で心配で… ハラハラ、ドキドキ(汗


8:39 am 15.Mar.2016   藤沢市 亀井野地区・通所先にも程近い、小さな畑の方のご趣味だそうな。(前回アーモンドの数日後)
←Prev→Index→Calendar→Next