【散文気分】 - 2016/3/6 Sun -


突然の雨に見舞われた。 そんな昼下がりです。
少なくともワタシが住まう。 そのような狭い地域に於いては、なのですが。はい。

さて。 今日は何のお話にしましょうか。 …あ。 そもそもお話は余計でしたか。
そりゃあ失礼しました。

でも、やっぱ困るなぁ。 そーゆー方面での(反対側の?)欲求とかは。
なにしろココは。 えぇ。 そーゆートコなのでして。 えぇ、えぇ。

困るなぁ、そーゆーの。 でも。
悪くないっす。 そんな風に困るのって。 少なくとも今は…   ね(笑

そんな他愛も無い記録だって、必要を感じつつ残します。はい。 このように。

あとから己を助けたいとか、己をキライになりたくない、などなど。
それこそ、そのような表現方法は様々なのでしょうけれども。

それらはそう、またいずれの日にか書き記してみましょう。 多分ココに…



じゃ、なけりゃ。

言いたかナイけど、 わざわざドット・コム取ってサーバー会社に金払ってまで?
散文気分とか ヤってらんないっすょ。
それらを誠意?とまで、感じてもらう必要性までは。 述べませぬ。

でも誠意って何なのでしょうね。 北の国からでもそう言ってました。 昨年に亡くなった文太さんが。 堅物で頑固なお豆腐屋さんの姿を演じつつ。 ブっ飛ばされてましたなぁ、純が。 吾郎さんもすぐさま富良野からスっ飛んで来たし。 かぼちゃいっぱい抱えて。 ふぅ…

以上。 古畑任三郎でした。


P.S.
お寿司屋さんに行ってお寿司を食べずに(あまりのマズさ加減に対する発奮!とかじゃなくて。 ね? オ・ネ・がぃ。 ウフっ♪ 大将とも意気投合して、そんな風に… ってコトょ。)帰ったコトとか、ございますかねぇ? えぇ帰宅です。

ワタシはあります。はい。 昨日。 急遽、実績が発生しました。

…あ。 サザエのお造りでお酒も二杯ばかり?ちゃんと戴きましたから。
でも食ってない。 大将の握り。 巻物の仕立てなんか?も、すっげぇー丁寧でした。
そのような仕事を散々と見届けつつも。

こんなワタシのバカ話などをそれこそ散々っぱらまくし立てて。
夕方近くになってバイト女子が出勤する頃合?に。 お勘定して貰って帰って来ました。 (You got a chance! そう。 夕方は色々とチャンスな事柄が多いのですょ。)

あの。 悔しいので言いますが。
腸・美味そーでした。 大将の仕事。

こーゆーのを俗に痛恨などと言いますかね。
へ? 言いませんか。 そーでぃすか。 へぇぇぇぇぇ… 言わないんだ。 最近は。
へぇぇぇぇぇ…(汗

じゃ、じゃ、じゃ、ぢゃあ、ぢゃあさ。

不肖、この散文気分めが申し伝えたい。   で、勝ったかな。
(ウンウン。 たまにわ いーんじゃナイ?)
←Prev→Index→Calendar→Next