【散文気分】 - 2016/2/10 Wed -





本文ねぇ・・・   本文なぁ。   本文かぁ。 (ホジホジ…)

あ・と・が・き。   もーワカりますでしょ。   ねぇ? もぅ。 (プンスカッ!)





   ※ もう、あり得ない程にベタな。   前回からの ”コピペ” でスミマセン。   …自分で読んでても 腸・ムカつくしぃ。











10.Feb.2016  藤沢市 天神地区の住宅街にて




なんだか。 10年くらい前からだったのでしょうか。

こんな風に、普通は撮らない(のかな?)ような構図の写真が平気で撮れるようになりました。
電線も電柱も、そのまた向こうのマンションも。 あったら撮らないでしょう。 だってこの場合には恐らく、 既に沈んだ夕日に浮かぶ 富士山にしか意識が働きませんもの。 えぇ。 このワタシだって普通に そー思いますょ。

なにも、自分が変だ。 おかしい、などと訴えたいのではありません。
ただ。 面白いと思って撮ってますだ。 へい。   …あの。 電線とか、マンションとかも。

だって。 今ある そんな存在のおかげで、昔日に思いを馳せるコトが出来るんです。
ふいに そのコトに気付かされて、 こんな どーでもいい写真を撮り続けている自覚などが。
確かに ありまする。

ココからの眺めに 何も邪魔が入らなかった頃の。
この場所から 毎日。 当たり前に見られたのであろう、 素晴らしい富士の夕景を。

(※ 恐らくは。 ツラぃ畑仕事の帰りに。 そんな当たり前の 毎日だったハズ。
  だからこそ。 毎朝 頑張れたのかなぁ… と。   とても勝手な解釈なのですが。)






←Prev→Index→Calendar→Next