【散文気分】 - 2015/12/27 Sun -





どうです? 作ってみましたか。 アナタの妖怪。
 (前回12/26トピより)
テキストのみやビジュアル有無は問いませぬ。 アナタの力作・自信作をですね、 いつも晒してあるココのメルアド宛にお送り戴けると、ワタシの心が 和みます。 多分。


 (※ しかし その実態はと問えば。 …ヒトリ腹抱えて笑い転げるのみなのかと 予想しますだ。 へい。)





さて。 今日のお話は。   …なんだっけ。 あ、 そうそう。

正義の味方は無理だけど。 なんとか弱者の味方(と言いますか、付き添い続けるの)を生業とするコトならば。 なんだかフシギに 出来そうな気がし始めて幾歳月。

ホントは こんなこたぁ言いたくナイのだけれども。(コホン。)

正義(しぇいぎ)とは。 時代とか世の中の流れによっては、大きなチカラなどに左右される。 そんな過去事例なども手伝いまして。  たかだか己の生命を生き抜くだけの間にも、幾分ブレるような面を嫌々ながらも見せ付けられますわな。 どうやら。

他方。 弱者は いつ、いかなる時であっても。 たとえ世の流れが大きく変わっていったのだとしても。 もちろん、弱者を抜け出せた ヒト達にはヨカッタね。 でも。 また新たなる弱者の立場に立たされるヒト達が。 それが弱者なんすゎ。 その姿カタチや境遇などは 変わっていったのだとしても。 もう依然として弱者。


   『 …そりゃあ 気のせいですぜィ、 ダンナぁ(汗 』


あ。 そう?   まんざらでもナイのだけれど。(エッヘン!)
取り合えずと言うか。 もはや走り始めちゃっているので。 まずは日々具体的に取り組み始めるための土俵上に乗っかってから、また改めて報告させて戴きます。  そして。


   「 …ゴメン。 やっぱ気のせいだったゎ(汗 」


となろうが、それらを既に引き受けた上での所業でして。 もはや止まらないワケでして。

快速急行・新宿行きは新百合ヶ丘を出たあと下北沢まで停まらない。 そんなカタチで痛い目を見た うっかり屋さんも、きっと多く いらっしゃるのだろうなと想像するワケでもあり。
 (※ 急行停車の通過駅 ─ 向ヶ丘遊園 … 登戸 … 成城学園前 … *平日昼間は停車の経堂 )

…鉄道ネタで脱線するのは単なる偶然(事故)です。     ハイ。 復旧しました。



さて。 次のお話は。   …なんだっけ。 あ、 そうそう。   …なんでしたっけ。

あ゙。 藤沢発着の快速急行なんだけど。
呼称を元の 『 湘南急行 』 にぃ、 早いトコ戻し(ぶえ〜っくしょいーっ!) …ふぅ。(ジュル)
風邪?ですかな。 年の瀬も押し迫ると云うのに。 いやはや。   わや ですゎ。











25.Dec.2015  雨上がりの朝。 黄昏た自宅の庭先にて…




狂い咲いた白ツツジです。   この画像では判りにくい、実は ツインの彼らから、

  『たそがれたとか、 言うなーっ!(by T1)』 ・ 「んだ、んだ。 …んだなぁ。(by T2)」

…などと威嚇&相槌されつつも。   しっかりと枚数を激写。

フシギと近しいモノを感じるのは 多分。   いえ。 もはや気のせいではナイのでせう。



  - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - -



あの。 なんと申しますか。
毎度毎度の ワカリ辛い本文で スミマセン。  蛇足ながらワタシなりに訳しますとォ、


     正義の味方は出来ないサ。

     もしも弱者の味方ヤって食ってけるなら、 やぶさかでないヨ。


…とまぁ、こんな感じでしょうかネ。

たかだか この程度の表現に、ナゼ快速急行やら停車駅やらを持ち出さねばならぬのかと、
大事でしょ。 それ。 乗り過ごしたいのですか? 新百合から下北まで。 もぅ。(プンスカ!)



  - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - -



ところで。(※ワ変ですょ?)

ちょいと気になり ↑の本文解説(笑)中の語尾にあるカタカナを拾い集め繋げてみると、

   『 ンオサヨネプンスカ 』

へ? なんだこりゃ。   しかし。 ひっくり返してみれば な、な、なんと。

   『 カスンプ・ネヨ・サオン 』

うぅぅむ…
コレはですね。 ワタシが作り出した 妖怪 『めむろ』 の 学名そのもの なんすゎ。

こんな過疎サイトの中にまで悪戯を仕掛けるとは。 恐ろしいヤツめ(汗



  - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - -



                  ほらね。 ↓ ツインでしょ。



24.Dec.2015  雨上がりの朝。 黄昏た自宅の庭先にて…  (前日の朝も雨上がりだったのか。)




まさか妖怪に 学名があったとは。 初めて知りましたょ。 えぇ。

ならば普段から呼び親しんできた方の名前は 和名なのか。 であれば 地方名もきっとアルな。 それとも彼らの職業柄で 芸名なのかも。  でもまさか SNS等で使用している ハンドルネームとかだったら、 少し嫌だな。 うん、ちょっと残念(汗

あらっ?  妖怪って、職業だったんすねぇ…   今回は驚かされてばっかりでした。






←Prev→Index→Calendar→Next