【散文気分】 - 2015/12/23 Wed -





ただいま建設中につき、あとがきを先に… その。 ヤっつけちゃって下さい。

 (手加減・無用。 または 手加減・無様。)     …(コホン、) そっちは、 ぶ ・ ざ ・ ま 。



 ↑またパクったね? 親父にもパクられたこと無いのにー!  (※ 彼の父は警察官らしい。)


  ( …(フッ) 棒屋だからさ。 キミの将来は竿竹売り。  それは既に決められたコトなんだょ。)


  何だって? そんなの、   …ワリと好きかも♪   ( ぬぉっ! コイツ。  …自虐系か・汗)


  いえ。 いわゆるNTですね。     ( へ?   …ちょこっと昔のWindows?・汗)


  あらら。 ってか、 ワカル人いるんすかねぇ? この会話。   (ワタシは『サァ?』大佐だから大丈夫。)


  アンタには 聞いてないんだぁぁぁぁぁーっ!       (フッフッフ…)   《終幕》











18.Dec.2015  藤沢市 打戻地区・根下付近の田んぼ脇にて




前回(12/19)にて。 その。
ワタシの中の乙女なんぞが出現しては、勝手なスパーク振りを呈しておりましたな。

賢明なみなさまはオトナのご対応でお願いします。 何卒。
(見逃してくださいとはまでは言いませぬ。)


しかし問題なのはお子さん方の方でしょう。
後ろ指さして笑ったり、 いじめに走ってきたり、 石を投げてみたり。

そのような臨機には それこそオトナとして、しっかりとした対応を心掛けてまいりましょう。
 (なにしろ In case of emargency... なのですから。)

  - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - -

・まず。 簡単なのから。 飛んできた石は速やかに打ち返します。(カーン!と) で、走り去る。


・次に。 後ろ指。 説き伏せます。 『あんなぁ、おまいら・・・』

 …そーゆーコトはヒトの後ろからじゃなくてね、やや斜めに空に向かって孤独にヤレ。
 するとだな。 たまたま通り掛かったキレイなお姉さんが、
  『まぁ。 きっと大志を抱いてる真っ最中なのね・・・』
 などと ときめいてくれたりするの、かもだ。 あくまでもmaybeだからな。 じゃ。


・最後に。 いじめ・・・ですか。 ふぅ。 『まぁ座れ。 そう、丸く座れ。』

 …そんな風にいじめられ続けていたヒトが長い年月を経て。 大人になったとしても。
 不幸な場合には ホレ。 こんなオジサンに、なっちゃうんだょ・・・と いった主旨の、
 長大なホラー・ロマンを3時間ほど、ぶっ通し(休憩ナシ)で聞かせるコトになりますか。 




う〜む。 オトナって大変。  もぅ腸・大変。   卒業? ・・・しちゃおっかなぁ。



  - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - - * - - -



ところで。
放置したまんまの画像は、ホトケの顔も三度まで。 …お、スリーアウト・チェンジか。 ボケラッタ!

…この時季のホトケノザが割りに好きです。   まあ一年中 咲いているようですが。






←Prev→Index→Calendar→Next