【散文気分】 - 2015/8/17 Mon -





9.Aug.2015  藤沢市 石川下河内地区・丸山谷戸の田んぼにて











26.Jul.2015  伊勢原市・日向薬師付近の田んぼにて











青い方は オオシオカラトンボ。  赤い方は ミヤマアカネです。

ともに後から調べて種の特定に至りました。



黒も加えたかったのですが、残念ながら2年前に観察して以来でして近場では見かけませぬ。

川辺でヒラヒラと普通に見られる彼らのコトではないのです。 そちらはハグロトンボですね。
どちらかと言えばチョウの飛翔のように例えられる、その名も チョウトンボといいまする。

まず胴体と羽の長さバランスで感じますのは胴短かと。
光の加減で羽が玉虫色に輝いて見えたりもします。 全体的にはもちろん黒いワケでして。



しかし環境の変化に左右され易いといった見方は種の継承についてなのでしょう。
その地域に生まれ育った個体なりにはきっと力強く生き抜いていたのだろうと想像します。







←Prev→Index→Calendar→Next