【散文気分】 - 2015/7/6 Mon -



今日も こんばんは。

さてさて。 宇宙を散歩の巻(梅雨・編)も第2回目でしたか。
前回ではその終盤で勝手に睡魔に襲われ、そして延長した手前。 サービスせねばなりませんな。 おまいゎ余計なコトを考えるな。  …との大合唱が、オーケストラ付きの混声合唱団を従えて聞こえてきまする。   ならば。 なおさら大サービスせねば などとぉ、  げふぉっ! げふぉっ! げふぉっ!

…ふぅ。   では、どうぞ。










5.July.2015  藤沢市・遠藤地区 秋葉台文化体育館付近の民家庭先にて



高校生の時に赤と緑の組み合わせを嫌う美術教師がいたのだそうです。

でもですね、コレは想像なのですが。
恐らくは絵の具の調合のことなどを言っていたのではないかと。 その辺を取り違えて受け止めてしまったのではないかと思ったの (約28年前)でした。

しかし彼にそう伝える事はありませんでした。

社会性の強い極めて理性的でいて何故か思い込みのとても激しい。 普段はとても穏やかな人物でしたが。
…音信はためらいつつも絶ちました。

私にしては極めて珍しい事例です。 ワタシは一体何様のつもりだったのでしょうか。 今に至っておりますが。








5.July.2015  遠藤地区 秋葉台文化体育館付近の区分けした菜園にて



先日も掲載しましたが濃いですね、青が。 雨だと。

一枚目のコメントからイキナリ少々重たい感じで、どうも してやったりですだ。 へい。

時々、極たまに。 そーゆーコトを語りたい気分になるようです(当社比)。 どうぞ注意なさってください。








5.July.2015  遠藤地区 秋葉台文化体育館付近の区分けした菜園にて そのA



ツユクサはもっとわらわら咲いてくれたら撮影に好都合なのですが、きっとそうもいかんのでしょう。
ぽつり、ぽつり… でした。








5.July.2015  打戻地区 市民の森付近の民家庭先にて



文体付近から小一時間ほど、長靴向きの道程をくねくねと歩いて田んぼの近くまで来ました。

この時季のモモの実はあと2箇所ほどでも、小規模ながら栽培モノをめっけておりやす。

さしずめ、冬場の赤ちゃんほっぺ ですな。 うむ。





…誰ですか。 尻などと。 月並み過ぎますよ。
それにアナタの尻はホントに赤いのかと容赦なく問い詰めますし、確認作業も怠りませんから。








5.July.2015  打戻地区 市民の森付近の田んぼ畦道にて



ミソハギです。   …夏、ですねぇ。

ミツバチが数匹ぶんぶん飛んでますただ。
超・忙しそーでした。 よって直で捕らえるのは不成功に終わったワケでして、いやはや。

スーパー・ビズィー か。 ウルトラ・ビズィー なのか。


そんな苦労の甲斐(?)あって遠近の妙に利いた一枚なんかも撮れますただな。

    







少し飽きてきたので、 つづく。








うっわぁぁぁ…








確かサービス期間だったろ。     いいのか? それで。                     .







…ところで。                                                .

ずっと同じネタを見せられ続けているウチに段々と心地よく(面白く)なっては来ませんか? .

それ、若手のお笑いにありガチですよねぇ。 特に害はありませぬ。 へい。  …アルだろ。



-  -  *  -  -  *  -  -  *  -  -



昔のコント55号のネタとかって、もっと遥かに執拗に、頑なまでに超・そんな感じでしたょ。 .

いつもいつも二郎さんが もう、痛々しい感じで。   飛びます、飛びます! って。     .

…む。 さては自虐系か?       うぅぅむ…   飛びまする。               .



自虐系・過去に 自虐系・現在か。   なんだか英語の仮定法みたいですな。       .

コレで小林書店の緑ちゃんからの好感度もUPしちゃうワケですな。 ふむふむ。       .





←Prev→Index→Calendar→Next