【散文気分】 - 2015/6/7 Sun -





背中を 丸めながら・・・   指のリング、  抜き 取っちゃえ♪





この曲で寺尾聰は別れの歌を男性の立場から歌い上げていたハズであり。

文末のオリジナル部分である 『取ったね』 を、たかだか 『取っちゃえ♪』(末尾記号はハートもアリか?) と、交換するだけなのです。   ・・・んがっ。

あたかもナレーション風に回想めいた情景描写に続くのは あろうことか、こないだ別れたばかりの(おちゃめな)彼女の セ・リ・フ。(キャッ♪) そんな風に変貌をとげてしまいました。  かつての名曲が見るも無残なまでに台無しです。 一体コレは どうしたことなのでしょう。





たかだか。
とある散歩中にワタシが鼻歌を歌い損じただけなのです。 とちっちゃったワケですな。

大袈裟な持ち出し方をしてご迷惑をおかけしましたが、痛快かつ満足ですだ。 もうこの際2つを合体させ快感として合理化しちゃいましょう。  恐らくは国語の先生から往復ビンタ食らう予感がします。 しかし生き様に悔いはありませぬ。 へい。











6.June.2015  藤沢市・石川橋バス停にて


散歩にネタ帳を持ち歩いているワケではありません。 どうか深読みなどなさらずに。



このような体裁のバス停が自宅の近場に数箇所あります。 屋根付きは素直にアリガタぃと思います。 大きな広告ポスターは 強風や豪雨の時に役立ちそうです。

かつて癒し系の先駆けであった彼女の黒髪には、こともあろうに厄介な人物が写り込んでおったりします。 そう言われても容易にはピンと 来ないでしょうから先にバラしちゃいますね。

いわゆるひとつの、予定調和・・・   ちゃうヮな。     え〜癒されましたでしょうか。






←Prev→Index→Calendar→Next