【散文気分】 - 2015/6/2 Tue -





その歌を完璧に歌われてしまったら結婚を申し込む。

・・・そんな歌などは、みなさんございますでしょうか。
ワタシにはあります。 ジュディマリの『brand new wave upper ground』。 ですだ。

軽い感じでネタ振りしてしまいましたがディテールには拘ります。 何しろ完璧を求めているのですから。 そりゃあもう、心して 取り組んで戴かないと萌ゆる想いも燃えません。

ただし女子の声に限ります。 万が一野郎の声で完璧に歌い上げられてしまっても、このワタシめが すぐさま被せますから。 男子は玉砕を 覚悟して取り組むべきだと思います。

それこそ女子限定で、くれぐれもお願いしたいのですが。 意外といいです。 ワタシの『brand new wave upper ground』。 でも、 求婚されても困ります。 ワタシが望むのは真逆なのでして、軽ぅ〜く拍手くだされば結構なのです。 はい。


ところで。
ちゃんと真意は伝わりましたでしょうか。 強固な結婚願望の表明であるとか YUKIチャンのファンであるとか、はたまたサディスティックで 変態チックな要注意人物を気取っているのでもありませぬ。 ただ、それを完璧に歌われてしまったら結婚を申し込まざるを 得ないだろうなと。 こう申しておる次第なのです。

ワカリましたかねぇ。   ・・・伝わりましたか?と、訊けないところが苦しいのですが。

仕方ありません。 そもそもジュディマリなのです。 ロリポップ(…の、先駆けと称えられているらしい)ですし。 まあそんなワケ でして。 アナタ、ワタシと結婚しなさいよ。

(女子に限ります。 女史はキビシイです。 助詞はもっとキライです。 でも助動詞は結構好きです。 can だの may だのは大歓迎です。  続く動詞が原形になるからなのかもしれません。   ・・・何の話でしたっけ?)












30.May.2015  藤沢市・大庭 稲荷地区の田んぼにて


え〜結婚とは、 少なくとも そんな風にするものではありませぬ。  That's all.


で。 画像の解説、いいですか?

明らかにズレているのですょ。 いつもと違う。
東西に伸びるハズの、荒天を予想させる高層雲が南北に伸びていたワケでして。
なんだか気持ち悪かったのですが、コレも何かの記念にと激写しておきますただ。 へい。

コンビニでカップ麺に湯ぅ注いでから、向かい側のガードレール越しに自転車とめて、ずるずるしているヤツに 『気持ち悪い』 呼ばわりされたかねーやと。 先の写真の雲にそう恫喝されていたことは言うまでもありませんし、誰も聞きたかありませんね。 でもそう言ったのは雲ですから。  アタシじゃないわょ。 (プンスカ!)


じゃ、じゃ、じゃあ、どー結婚すりゃあいいのか?   ・・・と、問い詰められる立場を獲得してしまいました。 なかなかに光栄な ポジションであるなと考えます。 多少は不本意ながらも。

そんなのワタシ(散文気分)なんぞにはナニが何でも語らせない。

そこのトコロの心が大切なんですょ。 実に肝要な部分です。 幸運を祈ります。 Good luck.





・・・ん〜、やっぱムカつきますね。 困った。 ホンマに 困ったヮ。

どなたか こらしめてください。 マゾでもゲイでもありませぬが。

ん〜と。 マゾな人々とゲイな方々に偏見はありませぬ。 こーゆー取り上げ方は すべきでナイといった認識が、世の中には確かに進んできましたね。 好ましい事例だなと思います。 かと言って、マゾな人々とゲイな方々を特別に応援する のでもありませんが。 でも交換条件としてワタシめのコトを応援してくださるのならば・・・

そーゆーのは性に合いませぬ。 交換条件だなんて。 一体何様?ってな感じですわなぁ。   あ。 でも条件次第ですから。 ヘイ。     ・・・だって、 ニンゲンですもの。 えぇ。

自ら言うのも何ですが、なかなかに気さくで いいヤツですょ。 散文気分は(汗

(・・・という、インコースへの誘いだ。 ココは一球シュートで様子を見てみよう。)





あの。
この先とか、読みたいですか。 もちろんドカベンですだ。 すっげぃ名場面へと繋がるんすけども。(しかも散文気分の解説と誇張語り付き) ワタシが一番好きな勝負場面なんすがねぇ。





←Prev→Index→Calendar→Next