【散文気分】 - 2014/10/10 Fri -



────────────────────────────────────
││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││
                      訴     状



                                     平成26年10月10日


  藤沢簡易裁判所 御中


                                     原告   鮭奈 ベイベ



                    【当事者の表示】

       〒○○○-○○○○
                藤沢市石川・・・
                原告    鮭奈 ベイベ

       〒○○○-○○○○
                東京都港区白金台・・・
                被告    有限会社○○○
                代表者   アナタは死なないわ ワタシが守るもの





  給与未払い事件
  訴訟物の価格   金44万円
  帖用印紙額
  予納郵券





                     【請求の趣旨】


 1 被告は原告に対し、金44万円およびこれに対する平成24年8月16日から支払済
   まで年5パーセントの割合による金員を支払え。

 2 訴訟費用は被告の負担とする。

   との判決ならびに仮執行宣言を求める。



                     【請求の原因】


第1
 1 原告は、平成20年3月21日から平成24年8月31日まで、被告の社員として勤務
   した(甲第1号証)。

             〜 〜 〜 【契約内容の記載】 〜 〜 〜


 2 被告は、給与支給日である平成24年8月15日および同年9月15日のいずれ
   にも、原告の指定口座に給与を振り込むことはなく、口頭にて振込みの遅延告知を
   一方的に原告に対し行った。

                〜 〜 〜 (中略) 〜 〜 〜

   9月11日、所用の連絡を最後に、被告は原告からの連絡に一切応じなくなった。
   原告の指定口座に被告から給与の振込みはなく、現在に至るまで同様である。


 3 よって、原告は被告に対し、給与代金44万円およびこれに対する支払期日の翌日
   である平成24年8月16日から支払済まで年5パーセントの割合による金員の支払
   いを求める。






                     【証拠方法】


    甲1 被告と原告の雇用契約書
    甲2 原告の勤務表
    甲3 給与支払いのあった月の給与明細書
    甲4 原告の陳述書





                     【添付書類】

    1 甲号証   各一通
    2 法人代表者資格証明書
    3 証拠説明書(甲1〜4)

││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││││
────────────────────────────────────







この訴訟は あり得ません。 未払の発生から既に2年以上が経過しておりますゆえ。

ともに生きて再会を果たした あかつきには、 『くれよ』 ・・・とでも のたまう程度でしょうか。
その時に何と返答されるのかが、生涯の楽しみでして。   いやはや、 ちっぽけですな。

ところで。 コレって散文? なんすかねぇ。 たしか 鮭の遡上 であったハズなのですが。  ちょうど季節の風物ですし。 一体ドコで間違ったのか皆目見当も付きませぬ。 内田裕也だって原告として名を連ねるのは寝耳に水 でしょう。 いや、名は連ねていないのか。 失礼。 やはり勘違いって怖いですよねぇ。    ・・・あ。  勘違いをまくし立てたならば立派に散文ですだ。 認定しますた。

ちなみに。 会社の所在地域にある裁判所へ申し立てる方がスムーズなのだそうです。
でも居場所が判らなけりゃ お話にもなりゃしません。 訴訟沙汰 云々よりも、お互いに生きて再会を望みます。  そう望まれても困るだけなのかもしれませぬが。

しかし困る前に困り続けるのも損な気がします。 別に説得する心で申すつもりは ありませんが、何となくそう思い至ったものでして。     …相手の居ない話って、疲れますよね(笑



P.S. 15.Oct.2014

何も思い上がりで言う心にはありません。 小さな会社の中で同世代で同性で、最後の最後まで黒い汗を流しながら ともに戦ってきた戦友(部下ですが)だと、少なくとも私はそう勝手に思い込んでいます。 なので。  そちら方面での責任を何とか全うしてもらえないだろうかと、未払い給与のことなんてどうでもいいからと。 それが望みだ。 どっかで聞いていてくれよ。 年下だからタメぐちな。  もはやオレは貴様の部下じゃない。 出来るだけお互いを尊重し合おうぜ(笑







13.Sep.2014  自宅にて


先月のジョグ散歩中に拾ってきたトチの実です。 もう今は手元にありませぬ。

こないだの宇宙遊泳で茅ヶ崎の里山公園にバラ撒いて来ちまいました。 『いらんコトすなー!』って、誰かに怒られるトコなのでしょうか。   あいにく、いらんコトしぃ…は 血筋なモノでして。





←Prev→Index→Calendar→Next