【散文気分】 - 2014/9/23 Tue -



右に曲がるものではありません。

ちなみに、箱根駅伝の第2区(鶴見 → 戸塚・中継所)を想定しつつ申しております。
やはり素直に そのまま国道1号をゆくべきでしょう。

その権太坂の最高点では標高が大体で60m弱なのです。 第2区の経路で その付近の標高差をグラフにしてみますと、本当に綺麗な富士山が 描き出されます。  …ンが。

権太坂上・交差点(名称は坂上なのに高々40m程度)から第2区のコースを外れて東戸塚駅・方面を目指して しまうと、さらに標高70数mまで昇らされるハメになります。 まあ それは いいです。 まだまだナンチャッテ第2区は始まったばかりなの でして、体力的なリザーヴェイションはありました。   …ンが、 しかし。

戸塚からは第3区となります。 そんなことなどは お構いナシでして、既に箱根を目指すコースは外れております。 あくまでも私的な 帰路なのです。 保土ヶ谷の妹家族・宅を出発してから藤沢の自宅まで。

祭日の夕方前であるJR東戸塚駅・周辺では適当に人々の往来で賑わっておりました。 そこを場違いにも むさ苦しい汗だくの男が走り抜けてゆくワケです。  心地の悪さは言うまでもありません。 なので元々走っていて、逃げるにも幸いであったと振り返ります。

こんなことならば駅伝コースを踏襲するのだった。 帰宅後にそれらの経路を比較して素直にそう感じましたが、もはやコース修正も利かぬほどに ディープなる戸塚区北部の山間いへと踏み込んで行っておりました。 そんな行動(奇行)の前に、某コンビニでプリントアウトした 7枚の地図上に自ら なぞった太線が、そちら方向を指し示すのです。 土地勘などの無き者にとっては、もはや逆らえようもありませんでした。

権太坂ほどではありませんが、そうしたアップ・ダウンの連続に辟易としました。 そんな中盤付近での疲労から朦朧とした頭で地図も 読み違え、約1キロほどの盲腸的・往復までが伴うこともありました。 バス待ちのおじさんに道を尋ねて正解でした。 ありがとうございます。  わざわざ追いかけてきて、当初アドヴァイスの訂正版まで教じてくれました。 あれがなかったならば たちまち遭難騒ぎを醸していたの、 …かもです。 たかだか1キロの追加発注で、想定外の いい気分を得られました。

しかし そのような事柄は例えるならばナンバー・スリー。 そう。 それはサタンのしもべである、高々サードといった程度なのを 思い知らされたのは、あぁ。 もはや振り返るのも腹立たしい。 あの長っがい ダラダラ坂。 ここに来てボスキャラ登場か?と思わしめた、 弥生台・駅付近のダラダラ坂でありました。 その行程の終盤には走りながら叫びました。 大っキライ!だと。 オレは弥生台が大っキライ! だと再三連呼しながらも ヘコヘコ走り続けておりました。  たしか 『二度と来ねー!』 と、 追加までして 毒突いておりました。
…おかげさまで今では沈静化しております。

そのようにプンスカ!怒りながらも徐々に、いずみ中央駅・方面へと向かう緩い下りを行くうちに気分も晴れ、決定的であったのは境川河畔 の田園地帯で嗅いだ稲穂の香りでした。  …あぁ、もう地図は要らない。 遠目に見え出した大山・丹沢山塊。 そして田園地帯の 向こう側には見慣れた(醜悪な)1本の高層マンションが、初めて感じる優しさをもって私の帰還を迎えるかのようでした。 そんな光景を 眺めながら 両の拳を振り上げて抑揚を示す様などは、もはや他人から見られてしまう心配など無用なくらいに 静かな地域にさしかかって おります。 川沿いに吹き抜ける夕暮れの風が、本当に心地よかった…

相鉄線・星川駅の踏切付近から小田急江ノ島線・湘南台駅前まで。 道のりで(途中の迷いを含めて)約20キロ。 ジャスト2時間な、 秋分の日でした。 箱根の第2区・終盤から第3区・序盤のジョイント・コースといった想定でしょうか。   …などと聞かれましてもねぇ。











全行程ほぼ直線で真っ平らな4区の長さもイヤですょ。 少々マゾちっくな 沙汰でナイ?

・・・ちゃいます。  この日は Tuesday night.   げに、 おやじ道は楽しき哉。






22.Sep.2014  藤沢市・俣野 境川沿い付近の農地にて


チョウゲンボウですだ。 ハヤブサの仲間ですな。     …んと、 湯婆婆 ちゃいますょ?
少し前に林道で出会った愛鳥家さんから、この近場で繁殖しているのだと聞きました。

遠方から飛来して来て、この直前まで左の電柱の突端に留まっていたんすょ。 眺めている途中ではトラックが通過しても大丈夫なよう なので、携帯カメラをスタンバイしつつ静かに近付いてったんすがね。  ・・・構えて立ち止まった瞬間に飛び立っちまいました。  この手の鳥類って、気になる動体の静止行動にも敏感なんすよねぇ。 どうぞ身近なサギ類等でも お試しあれ。



                        _/_/_/_/_/



今日ですね、 権太坂などの各種・多様な坂道を走っているさ中に、ワタシの脳内で流れていた音楽は こんなの です。  なかなか有効に作用してくれたモノだと感じておりまする。

曲の終盤で切れちゃいますが、原作の映像がブチ切れちゃうので仕方ありませぬ。 ジェニファーが ハァハァ… と、お疲れな場面へ移る からです。 全曲演奏でもって、そのあたりの映像をつないだ”加工モノ”なんかもUPされてましたから、ご希望とあらば検索してみて下さい。  蛇足ながらも、マニアックな検索・ワードですだな。   …ンめぇ〜〜〜にあっく♪     あ いや、 失礼を。





※ P.S.  24.Sep.2014
なぜか蛇が多いようですね。 さらに蛇足ながらも映画は 『Flash Dance』 ですだ。 にょろり。
アイリーン・キャラの曲が 爆発的なヒット を かっ飛ばし、  鶴のマークの研修先では 堀地恵美も教官との恋に落ちましたな。         わらっひぃ〜〜〜りン♪        …いや、 失礼。





ヒロシぃ〜わぁ 訓練所ぉ〜〜〜で イチバン♪     (…ダメだ。 誰か懲らしめてください。)





←Prev→Index→Calendar→Next