【散文気分】 - 2014/2/12 Wed -



こんばんは。 画・日記、またもや続きます。 ただし雪ネタは終了しております。 どうぞ ご安心くださいませ。

本当はですねぇ、既に地中深く埋もれてしまっている、そのように公開してみたい画像ネタが たくさんありました。  昨年末から撮り溜めてあった画像を昨夜ひと通り振り返ってみて、唸ってしまいました。 中にはセンチメンタル・ ジャーニー風な出来事までありました。 それらは もはや ひと月ほど前の行動なのですが、うぅぅむ…  と言うか、 いやはや…

昼間の冷たい強風も収まって、妙に暖かな夜ですね。 暖かじゃないな。 穏やかな… でもナイし。 何だろう。  個人的な前日比を持ち出してスミマセン。










11:10 am 11.Feb.2014  秋葉台幼稚園横の畑地・藤沢市 遠藤・北原地区にて


朝9時半ごろでしたか、市民センター図書館より電話がありました。 所望していた書物が5点ほど届いたので、 さっさと見に来いやこんちくしょう!とのコトでした。

召喚に従い のこのこと出頭しまして、市民センターへと至る直前でパチリと。

図書館内でそんな5冊を吟味しつつメモを取り、ウチ2冊を借り受けて図書館を出ました。 コチラは祭日も開館なのですね。  祭日も快感… などと誤変換され、ついつい要らぬコトまで考えてしまいますだ。 まったく。




3:08 pm 11.Feb.2014  境川沿い・日大演習農林にて


右端の住宅屋根が無ければ、さながら美瑛の丘といった風情でしょうか。 少々 褒め過ぎましたね。 なので日大さん、何か下さいな。 相殺ってことで。

ココには初めて踏み入りましたが、実際は柵がしてあって立ち入りを禁じられております。

まぁ祭日スペシャルってことで良しとしておきましょう。
でも戴いた粗品はありがたく持ち帰りますだ。




…ちっ! タオルかょ。 しかも お年賀の残りぢゃん。





3:09 pm 11.Feb.2014  同上にて


同じ場所から振り返ったところです。 境川対岸は横浜市和泉区か戸塚区です。 区境近辺なものでして。

真ん中の茶色い大仰な建物は遊水地公園内の施設です。 一度だけ入って見物してみましたが、スカスカで無内容なのでした。  大仰ですなぁ。 コレが横浜市民・血税 なれの果てか… と思うと、もう気の毒でして。






● 2:28 am 13.Feb.2014 ●

寝ます。 既に日付も改まってしまいましたし、また明日ヤリますね。 あぁ眠たい。 眠たいと毒舌傾向なのだな、ふむふむ…







▼ 戻りました。 続けます。 ▼



3:10 pm 11.Feb.2014  同上にて


同じ場所から少しだけ南方を見たところです。
対岸の丘陵地帯には かつて横浜ドリームランドという遊園地がありました。 大袈裟な塔を模した建造物が見えますが、 当時は遊園地に隣接するホテルのような施設であったと聞いておりました。 小学生時分の記憶でして、実際のところは知らぬ まま現在に至りまする。

適当なコト言ってないで調べろよ!と言われても何ら差し支えございませぬ。 でも何だか調べる気になれなくて。 妙に(笑

綾瀬南部から藤沢北部へと移り住む小・中学生時代でしたから色々な関わり方を経験しました。 普通に遊具で遊ぶ。  夏の流れるプール。 それが冬にはスケートリンクに様変わり。 故・沖田浩之の野外ミニ・コンサート。(プール帰りの単なる偶然で 外野から眺めてた。)

そして最も古いモノはと言えば記憶にすら残っておりませぬ。 まだ2歳半の時なのだそうでして、残されていた写真を見て後で 知りました。 まだ女子大学生の叔母が優しそうに手を差し伸べて、歩き始めて間もない私が そちらへ向かって頼りなく歩き 寄っておりました。 そんな光景をお袋さまがパチリと。

実は日本で初めてのループ型コースターを導入した遊園地でもありました。
つわものどもが夢のあと… 的な話題としまして、大船⇔ドリームランド 間の幻モノレール談義は外せませんが、 お時間が許すならばどうぞ みなさまご自身で お調べになってみてください…




2:53 pm 12.Feb.2014  小田急江ノ島線・六会日大前−善行 間・農場を横切る細道の踏み切りにて


翌日です。 なかなか晴れ渡りません。

何となく踏み切りを渡って しばらく過ぎたところから振り返ると、『 ん、富士山か?』 と思わしきピークに気付いてしまい、 少し戻りました。

箱根方面のお山の一角でした。




3:03〜3:04 pm 12.Feb.2014  藤沢市 亀井野・鶴嶋天神社 付近にて


引地川−境川 に挟まれた この丘陵地帯に、まさか田んぼが残されているとは予想もしませんでした。
発見ですゎ。 大収穫ですだ。 ウレシィ…

左手は豚舎です。




3:07〜3:09 pm 12.Feb.2014  藤沢市 亀井野・県立養護学校 付近にて



藤沢・生コンの施設です。 遠方からでも よく目立ちます。

湿った畑の土は真っ黒ですが、この辺りの赤土(関東ローム層)は5〜7mくらい堆積しているようです。 少し離れた 境川沿いの崖線に剥き出しとなっており、観察した結果ですだ。




3:58 pm 12.Feb.2014  横浜市 戸塚区・東俣野地区の農地にて

そして遂に横浜入りしました。
藤沢北部から始まって 綾瀬、茅ヶ崎、(一度だけ)大和、寒川、海老名、(自転車にて)座間、鎌倉、ようやく横浜を訪れる 気になりました。

でも 自称・横浜嫌い だからというワケでもありません。 土地勘の無さ加減に尽きますです。 湘南台から東方に 向けて、だぁーっ!と石投げりゃ楽に届く横浜。
…そんな感覚が備わっておらぬのでした。

それと ひと口に横浜と言ってもデカ過ぎてピンと来ない部分もありましょうか。

ほんの この程度東方に離れただけでも遠方の山並みの見え方に違いを感じます。 大山が小さく、逆に背後の丹沢山塊が 迫ってくるかの様相を感じておりました。

あたかも神奈川県が段々と狭くなるかのようなのです。




4:04 pm 12.Feb.2014  横浜市 戸塚区・東俣野地区の八坂神社にて


輪切りにして遺された御神木はイチョウのようでした。

はじめ人間ギャートルズではマンモスを狩りますが、切り捌いたその肉は ちょうどこんな感じであったかなと 振り返りますだ。

せっせとサルに果物を噛み砕かせてからアタマを叩くと吐き出す。 そんな風にして造ったサル酒が旨そうでしたな。  そいつをゴクゴク飲み干してから、ぷっはぁ〜♪ と吐き出す息はピンク色でしたか。




4:07〜4:08 pm 12.Feb.2014  横浜市 戸塚区・東俣野地区の龍長院にて



庵の手前には黄色く蝋梅が咲き誇っております。

まだ健在なコチラのイチョウも なかなかの大木でして。



4:11 pm 12.Feb.2014  横浜市 戸塚区・東俣野地区 農家庭先の梅林にて


梅も紅い方から咲き始めますな。 我が家の庭の沈丁花も例年ほぼ同様でして。 何か共通する事情があるのだろうかと 考えてしまいますだ。






● 9:58 pm 13.Feb.2014 ●

あと少しなのですが風呂して寝ます。 明日は少し早いのでして。 あぁ眠たい。 眠たいけど今宵は さほど毒舌でもないのだな、ふむふむ…







▼ またまた戻りました。 まだまだ、あと少しだけ続きます。 ▼



3:44 pm 13.Feb.2014  横浜市 戸塚区・東俣野地区の農地(トマト栽培ハウス脇)にて

さらに翌日です。 ほいでもって ハマ連チャン。

引地川(石川橋付近)でも馴染み深い横浜水道。
コチラはその下流である境川水道橋です。

初めて上から見下ろしました。 どうやら歩いて渡れそうなのですが、あえて確かめるまでもなく立ち入れないことでせう。

この農地を出る直前でしたか。 久々にコジュケイ2羽が、森の中を抜ける農道をチョコチョコと横断してゆく光景に出くわしました。  ちゃんと冬場にも居たんですねぇ(笑

その直後、竹林で何か黄色い実をガツガツ食らい続けるリスに鉢合わせ。 わずか3〜4mの距離を隔てて じっくりと観察させて 貰いました。 彼らは少々太めの竹でも滑ることなく、器用に飛び移ったり登ったりしますねぇ…




4:16 pm 13.Feb.2014  藤沢市 西俣野地区の農地から南方を望む


立石神社の横から始まる、画像中央より右手に続く森の中の農道を登ってきました。

そのまま真っ直ぐに北上して俣野小学校脇へと行くつもりでしたが、恐らくは行き止まりと思われるコチラの農道入り口から 南東方面が見通せるのに気付き、行き止まり間際まで進んでみたらビンゴ!なのでした。

藤沢駅周辺のビル・マンション群の向こうには江ノ島まで見通すことが出来ました。


ちなみに 俣野という地名は境川を挟んで 横浜市と藤沢市の両方に それぞれ存在します。




4:24 pm 13.Feb.2014  藤沢市 亀井野地区の古い県営住宅に隣接するアーケード・ストア

半分以上はシャッターが降りたままでしたが、まだまだ元気そうなお店が営業中でした。 米・燃料・食料雑貨店、精肉加工業者、 比較的まだ新しそうな軽食喫茶、そしてバーバー。 夕方の買い物どきである この時刻、きっと昭和50年代の初め頃までは ずっと 賑やかであったことなのでしょう。

隣接する亀井野公園を挟んだ通りには「二幸ストア」なる古い やや大きめの生鮮食料・雑貨店もご健在でした。 低い鉄筋造りの 県営住宅群と言い、再開発の手(から漏れた?)を逃れた、奇跡的に昭和チックな界隈なのです。 久々にノスタルジーを 味わいますただ。

善行駅から東へ国道467を渡り、ゆるい坂を登った俣野小学校の手前辺りです。 公園の影であり、画像左手の商店群は 通りに背を向けたカタチでして、1本入った道にアーケード入り口がありまする。 私は危なく通り過ぎてしまうところでした。 はい(汗








14.Feb.2014  編集後記(笑

あ〜長かった。
きっと みな様も お疲れのことでせう。 心中お察し致しまする。

新しい発掘調査が どんどんと進むこの段階が病みつきになるかのようでして、久々の手応えです。 このまま南東方面へ 触手を伸ばし続けて国道1号を越えれば、すなわち鎌倉は大船方面への山歩きとなる気配です。 ヤメられまへんゎ。

カラダの自由が利く今のウチに何処までヤレるか… ですな。

              -   -   *   -   -   *   -   -

昨日(2/13・木)は放課後どきに善行団地近くの住宅街を走っておったのです。
でですねぇ、 妙に あちらこちらからチョコレート系(?)の香りがしてくるんですょ。 ハテ? 何かの花の香りかな。  やがてピン!ときました。 今日(2/14)のための操業だったのですな(笑

湯せんにかけてチョコとかして、風味を付けたり混ぜ物したりして飾り付け、キッチンや食卓をぐちゃぐちゃにした揚げ句に ママのお小言を頂戴する女の子たちの姿が目に浮かぶようでした。

…とまぁ そのようなワケなのです。 昨日の午後3時前に住宅街の坂道を 独りニヤけながら走り抜けていった変なオトナには、 それ相応の事情があったのでございますょ。 ヘイ(汗

              -   -   *   -   -   *   -   -

私が散歩コースに選ぶような地域には、高齢者介護関連の施設であるとか、障害者支援や児童福祉関連の施設などが、比較的 多いのです。 オトナの事情と言うか社会の事情とでもするべきなのか。 ある住宅地に自治体が誘致しようとする施設の建設に 、地域住民が反対運動を展開し、計画が白紙撤回されるといった事情があることも聴き知ってはおりまする。

そんな施設について散歩中に気になったりした時は、帰宅後にネットで調べてみたりもします。 なんちゃら社会福祉法人とか 地域包括支援センターなどといった、ある統括的な活動拠点の情報網にたどり着くこともしばしばです。 そして、 『あぁ、あそこも関連施設だったのか。』 とか、『そっか。 自立支援のお店だったんだなぁ。』 などと気付かされることも 珍しくありませぬ。
そして就職先としての検討作業に入って行ったりもしますだ。

このように、実用散歩としての側面なんかも あるのだとさ。 メデタシ…
しかし某・実用洋食の方面はすっかり無沙汰ですな。





←Prev→Index→Calendar→Next