【散文気分】 - 2014/1/25 Sat -



おはようございます。
今朝ほど早くに、ヒトんちの庭に少々の 落書き を施してきてしまいました。
あまり褒められた行いではありませんね。 いわゆる逸脱行為であると申しましょうか。 そして人様の庭に勝手に書き遺して しまったものに所有権などは到底なく、それを主張するなど もっての外であるとの認識です。 …が。 そっと塀の外側から 覗き込んで見る程度ならば許容の範囲内に納まるものとの希望的な観点から、こうしてご案内(笑)差し上げている次第 であります。

このようないきさつがありまして、私はある記憶の引き出しの鍵を手に入れ、そして開くことが出来たワケなのです。  なんとも幸運でアリガタイことです。 みなさまにもきっと身に覚えがございますことでしょう。 しかしですよ。  しかしですね、そんな出来事や関わった相手に対してだけ 感謝したり敬意を表したりすることが、尊ぶべき心 なのでしょうか。 今朝の出来事のあとで私は少し考え込んでしまいました。

まず第一に、半ば葬られてしまっていた記憶の所有者は私たち一人一人であることに異論はございませんでしょう。 中には 他者との共有といった境遇の記憶も きっとあるのでしょう。

そして第二に、偶然というものは ある種の必然と捉えることも出来得るのかもしれないということです。 己の今ある立場、人脈、家族、 友人と、その他にも多種多様なケースが想定できますが、それらの境遇を単に偶然と片付けてしまうのには少々の乱暴を感じてしまいます。  そのような境遇の中に己が在ってこその(あたかも偶然と思える)出来事、それを必然と例えているのです。 ご承知戴けます でしょうか。 あまり自信は無いのですが、先へ進めます。

・・・と。 その前に余談ながら申します。 NHK朝の連続テレビ小説『ごちそうさん』の冒頭で流れる曲の始まりに、 『 ♪突然、 偶然、 それとも必然・・・ 』 と歌われておりますね。 私は、それらは時として すべて一緒のことを指し示す 場合があるとの認識なのです。

では戻しまする。   すこし後戻りする手間の代わりにもう一度繰り返しますが、
そんな出来事や関わった相手に対してだけ 感謝したり敬意を表したりすることが、尊ぶべき心 なのでしょうか。

なにも批判したり戒めたりということを申し上げようとは微塵も思いません。 少なくとも↑のような心境にあられる方々に とっては、もしかしたら意識が向きづらくなっているのではないかと、偶然⇔必然 の部分ですね。 かように想像するから なのです。 そして。

私自身も今朝ほどに考え込んでから、そう思い至ったのですが。 記憶の鍵を手に入れられた方々ご自身の、人徳ではないかと。  かように思うのです。 例え人が絡まないケースに思える事柄であっても、それはあくまでも直接にはその記憶に結び 付かないだけであるのかもしれません。 ある野鳥の名前、姿、生態を知るに至ったのは・・・ などと例えれば、人の介在を すべて断ち切ったカタチで考えられる記憶とは、果たしてどのような記憶なのかなと、相当なレアケースにすら思えてきます。  これらは突飛で飛躍した考え方なのでしょうか。

その辺の感覚の是非については、そう遠くない将来の自分自身に訊いて確認してみるためにも、今日もこうして書き残しております。






22.Jan.2014  中学の同窓生が営む居酒屋にて


今日のあとがきも お休みにします。 どうかご心配なさらないでください…



P.S. 26.Jan.2014

 業務連絡: スマホの所持なく、PCからLineを使用する方法を習得しますた。 …んがっ。
        PC用Lineアプリ導入前に使用する謎のツールでは搭載メモリ2GBでないと動作
        しないことが判明しますただ。(ウチはデュアルタイプ 512GB×2=合計1GB)
        このようなケースは何度か経験しており、現在では純正品でもメモリ価格が
        お手頃であることから、いい機会だなと思い立ちました。 ので、急遽デュアル
        タイプ1GB×2枚(合計2GB)を発注済です。 もう少々お待ちくださいね。





←Prev→Index→Calendar→Next