【散文気分】 - 2014/1/21 Tue -



今日は、『 写真で語るぅ〜にゃ・Part2 』 の予定でしたが、 何やらブツブツつぶやくだけの日と なりそうな見込みです。  残念ですか? この私だって残念に思います。 しかし大したことではありません。 明日に備えましょう。 早寝して 早起きして、明日の私に引き継ぐ その心を大事にしたいと思うのです。 やけに丁寧な日々の過ごし方にも思えます。  ・・・が、 恐らくは気のせいなのでしょう。

夕暮れ時の少し前にはメル友みらいチャンと久々に、連続的・交信に精出しておりました。 その時の私は自転車(チャリ蔵くん =親父さまのお下がり)に跨って、自宅へ向けてこぎ続けておりました。 しかし着信する度に路肩にチャリ蔵を寄せて停止し、 ちゃかちゃかと携帯をいじくっておりました。 ぶっちゃけて言ってしまえば、さほどの内容は含まれておりませぬ。 しかし 旧来の間柄、いつもどおりのヤリ取りが極々スムーズに展開されていたのかと振り返ります。 ありがたいことです。

そのような親父さまの年末・入院騒ぎ以来・・・ えぇ。 もちろん騒いでいたのは近親の我々兄妹と母方の叔母ていどでは ありましたが、そんな約20日間のあいだに私は、すっかりと朝型ニンゲンに切り替えてしまったものでして、今宵もまことに 不本意ながらも親父さまの入浴中に夕餉の支度を整え、こうしてブツブツとつぶやいておる次第なのです。

そのような感じで、相変わらず鬼息子してます。

今日、私の外出中に親父さまが昼間に起きていた気配はありませぬ。 しかし私が遠出するような時には、私の不在のあいだに 色々と行動の余韻を感じることが・・・ 帰宅後に出来たりもします。 鬼息子は いよいよ心を鬼にして、この家を出るべき なのかもしれません。 その方が親父さまは元気を取り戻すことはもちろん、長生き出来そうな気がして仕方ありません。  もっと言うならば、親父さまの不調はこの私との生活に起因するとの解釈です。 しかし。 嫁ぎ先の祖父母と義父までをも 看取った妹に追っ付けて放浪するのも忍びないのですな。 そこまで寅さんに徹するだけの義理立ての心は、さすがに持ち 合わせてはおりませぬ。

入院中から少しずつ準備して、こうして朝型ニンゲンに生まれ変わりました。 親父さまにも入院中からそう伝えておりました。  主に食生活についてです。 朝、昼と しっかり食べよう。 夜はつまむ程度か、食べずに寝てしまおうと。 オレもそう 切り替えるからと。 親父さまは同意してくれておりました。 ようです。

どんどん夜型に変化してゆく(食生活を含めて)親父さまの勢いを止められぬ自分に辟易し、しかし壊れてしまいつつある 親父さまに対して辟易している自分に気付けば天誅を下す心が、自然と働きまする。 これも葛藤と片付けてしまえる精神状態 なのでしょうか。 ならば、それらを ひと口に葛藤と片付けてしまうのは、結構きびしい制裁のようなモノなのですね。  色々と勉強になります。

チャリ蔵をこぎつつ みらいチャンと交信するあいだにも、私の就職活動についてのヤリ取りがありましたが、やはり勉強 しなければならぬ云々を彼女に対して正直に伝えておりました。 ただ稼ぐだけの心にはなれぬのだと、そんな立ち入った (自分自身に対して「立ち入った」という表現は面白いなと思います。今は。)内容にまでは触れませんでしたし、なにしろ彼女の 方は仕事の合い間に時間を見つけてメールを飛ばし続けてくれているのです。 独演会みたいなことは おいそれと申せませんし、 万が一そういう内容のモノが出来上がってしまった場合には、深夜にこっそりと勝手に送りつける慣わしです。 そして返信を 期待することは まず無いです。

実は今日、ここの在り方を振り返ってもおりました。 散文気分とは何だったのかなと。 それがこのような ぼやき節を 吐き出す経緯とでも なっていたのかもしれません。 もっとシンプルに言うならば。 個人的な(他人には見せる必要の無い)日記 とすることだって出来るのですね。 ならばネット上に載せる必然も無いのですし、不特定・他者への気遣いも無用なはずです。  自分のためだけに文章を書き残せばよいのです。 それがゆえに、日記とはヒトに見られたくはないものであるのです。  ならば。

日記と称するブログサイトは、やがて自己崩壊の一途をたどるであろうとの見込みを、私は公明正大に発っします。 ゆえに、 散文気分は日記サイトではないとの解釈です。 ご質問に対する応えを半ば公表してしまうカタチになってしまいましたが、 このような説明でよろしいですか? どうも、よろしくは無さそうでもありますが(笑






20.Jan.2014  横浜は本牧防波堤の灯台前にて


今日のあとがきも お休みにします。 ご了承ください…





←Prev→Index→Calendar→Next