【散文気分】 - 2014/1/13 Mon -



・・・あ。 どうも おはようございます。 もう始まってたんだ(汗

昨日はヨコハマに嫁いだ妹家族のところで、あちらの親族の方々が集まる新年の宴にと、単身出向いてまいりまして、そして携帯電話を 忘れて帰って来てしまいました。 そう気付いたのは もはや終着駅に降り立ってから。 おとなしく帰る他ありませんでした。

携帯が無いと(たかだか ひと晩ていど夜明かし しただけの段階なのですが)妙な不安が付きまといます。 一体なんなのでしょう。 あの メールが来てやしないか、アイツから電話とか来てやしないか…

いま、風呂なんぞ沸かしてます。 どっぷり浸かって夕べのお酒をスッキリと抜いてから、忘れた携帯を受け取りに のこのこと保土ヶ谷 くんだりまで再び出向くのです。 明らかに不毛であり、そして必然な行為なのです。   んが。

ほんの少々、怖いもの見たさな面もあります。 それはナニかと尋ねれば。(誰によ?)

パカッ!と開けた携帯の待ち受け画面に、いつもどおりの黄色い新幹線が映し出されるのみの情景でしょうか。  そして独り 『 フッ… 』 っと、薄ら笑いを浮かべるのでしょうか。 『 やっぱ何も着信してないさぁ(笑 』 …と。

携帯なんか大っキライです。









・・・ウソです。 これからも どうぞ シクヨロ。 携帯さまンサ(汗

















11.Jan.2014  引地川・親水公園沿いの民家にて


この子とは違いますが、お隣の なんちゃらシープ・ドッグ君とは仲良くなりつつありまする。 そのうちヒマな散歩や晩酌の 友となりますでしょうな。 たまには彼の逆鱗に触れ、額から流血したりもするのでしょうか。 まぁアリです。 そのくらいの 代償ナシには犬などに近寄れますまい。 己は今、そうした心にあるのだな… と、気付かされる局面でもありましょうか。  要するに鏡ですな。 犬鏡か。 犬を以って犬を制す。 まったく違いますな。 困ったモノだ。

申し上げておきたいことに解りにくい面もありましょう。 けれども、珍しく私の心が犬なのです。 ハイ。 普段は圧倒的に 猫なんすがねぇ…

              -   -   *   -   -   *   -   -

11:53 am
さてさて。 風呂にも入ってサッパリ、夕べのお酒も抜けてスッキリ(当社比)しましたが、もはや昼ですな。 そんな 三連休も最後の日。 特にすることも無いしヒマだわぁ… などと憂いつつ、このような過疎サイトをご覧のアナタに恒例の、 チャンス・タイム!

これより、散文気分は夕べ置き忘れてきた携帯電話を取りに行きます。 あと小一時間ていどでしょうか。 それまでに着信 (電話/メールともに可)履歴のあった方のお宅へ なんと!(コホン)   …手土産持参でお伺いさせて戴きましょう。

ご希望とあらば途中で買い出しにも出向き、手作り餃子(もちろん皮も打つ)をご馳走しようでは あ〜りませんか。 なんと 退屈な休日が一気にハッピー・ホリデイへと早代わり。 これぞまさしく 幸せを運ぶ散文気分の巻   …ですかな。

ただし女性の場合には若干のリスクを伴います。 その内容をココで公明正大に出来ぬのが少々ツラいとこでもあります。  けれども女性限定リスク上等と男気なアナタ。 もっと おしとやかになさいませょ。 しかし こーゆーモノ言いは 蛇足と言うか薮蛇でしょうな。 うむ(汗

              -   -   *   -   -   *   -   -

11:47 pm
うっわぁぁぁ…   なんと、まぁ。  当選者が いてはりますただ。
なんと申しますか、奇特な人ですな。 いや、そんな言い方は あんまりだ。 しかも希少な お誘いメールだったのですし。  しかし まことに惜しいコトでした。 いやはや…

(携帯取りに行く)電車の中で考えておったのです。 女性限定リスクとは何ぞや?とですな。 ほいで判明します ただ。 アレっすょ。 そう。 姫さまの腐海あそび みてぇなモンっすゎ。

なんと申しますか、オトコを磨きたいならば武士道・云々を読むよりも ナウシカですな。 うむ。





←Prev→Index→Calendar→Next