【散文気分】 - 2014/1/4 Sat -



こんばんは。 ややあって作文の神様から そっぽ向かれております。

   『 あんさん、最近は走ってばっかりやおまへんかぁ。 たいがいにしときなはれ。 』

…とまぁ、そのような事情がありまして、本日の本文記述はお休みとさせて戴きます。
何やら回りくどいのは血、 …血筋であるのかと考察する次第です。
(コホン。) では、現場のあとがきさんに繋がっておりますので、そちらをどうぞ。
















28.Dec.2013  高円寺駅北口の商店街にて


すっかりと年末風情の高円寺でした。 元気な街の象徴的なお店、そんな一軒ですだな。
それと店先の準備・片付けに時間が掛かるほど元気度が高いのかとも感じておりまする。
果たして本当のところはどうなのでしょう。

南口界隈で昼過ぎから飲んだあと。 そんな酔い覚ましの ひと時でした。
ちなみに この後は、駒込〜仙川へと続きました。 その、飲み歩きがです。 ハイ。



コロっと話題を変えますだ。 変格活用形の、いわゆるワ変ですね。 よろしいですか?

本日のお昼ご飯(行動食)の内訳です。 ジョギング途中に初めて昼食なんぞをとりました。

 ◎ バゲット(やや細めで約50cm・焼きたて) \220
 ○ モンテ・ブランコ・ソーヴィニヨン・ブラン(白・やや辛・フルボトル) \500
 △ ビーベ・ズーチ(ナチュラル・4個入り) \98
 × スーロ・ムーハ(10枚・やや厚切り) \220
-------------------------------------
   買物合計 \1,038
   (ワインは1/3強を飲んで、あとは持ち帰りました。 よって大体 \170と ご換算ください。)

 ☆ 実質昼食代 \708

              -   -   *   -   -   *   -   -

行動食だからというワケでもありませんでしたが、(ワイン以外の)すべてを歩きながら完食しました。 途中で立ち寄った 大きな神社や広い公園内でも、ぬくぬくと暖かく かつ、落ち着けるポイント(瓶ごとワインをあおりながら丸のまんまのバゲットや パック詰め食品やらを食せるトコ)が見当たらず、やむを得ぬ措置でした。 通報されたくなかったものでして。  さらには大汗をかいていたので 冷え対策 も兼ねての歩行食・強行となり果てました。

実質昼食代の \708 といえば、吉野家で並一丁にビール(中瓶)1本を発注したくらいの会計と大差ありませぬ。  上記の食品群・内訳に着目するならば大勝利と申しても差し支えないのかなと考えます。 なにしろお土産 (飲み残しワイン)付きですから。  が、実際はいかに(後述)。

              -   -   *   -   -   *   -   -

通り抜けた広い公園内では数羽のカラスたちから執拗に狙われ続けておりました。 無視しつつも彼らの行動パターン追求に邁進し、 間合いを意識しながら 死角からの攻撃に備えておりました。 そして公園出口付近では彼らに向き直り、『 欲しくば、まずオレをヤレ。 』と、 食いかけバゲットを突き立てながら つぶやきました。 それ以降は追ってくることもありませんでした。 カラスのIQの高さを 改めて感じさせられる出来事であったかと振り返ります。

              -   -   *   -   -   *   -   -

◆総評◆

◎ 本命・バゲットは まさしく期待通り。 そのボリューム感も相まって終始一貫して活躍した。
途中、カラスの威嚇要員にまで起用されたことは先述のとおり。

○ 期待・薄であったモンテ・ブランコ(モン・ブランのスペイン語か?)も、ワイン音痴の散文気分などは手玉に取るかの ように、十分な活躍ぶりを呈していた。 明日も楽しませてくれるだろう。

 (・・・ココまでが及第。 以下は当該者・名誉のため仮称にて表記。)

△ 半ば懐柔策とも言えるビーベ・ズーチの起用だったが、組み合わせが重かったのかもしれない。  やや色あせた存在となってしまったことは否めない。 もっと力のある選手起用(アーモンド入り、モッツァレラ風など) が妥当であった。 ナチュラル系で充実を図るには現在のお家事情を考えると少し厳しいようだ。

× 精肉コーナー直系・パック詰め出身のスーロ・ムーハには多大な期待が寄せられていた。 プレッシャーの大きさは計り知れない。  が、噛めども噛めども燻製肉の旨みなど湧いて来ないうえに、対角エースであるモンテ・ブランコの足まで引っ張り始めて しまうほどの大ブレーキ(生臭さが際立つ)。 総監督も一時は たまらず引っ込めたほど。 しかしカラスたちに振舞うことだけは…  ご近所の目線を懸念して踏みとどまった。 だがチームとしては中盤以降に持ち直し(特にバゲットのカバーリング には秀逸な面があった)、何とか勝利をものにするに至った。

              -   -   *   -   -   *   -   -

食後は冷えない程度、新たな汗もかかぬ程度に ゆっくりと走って帰りましたとさ。 さらに自宅最寄のSEIYUで食パン (6枚切り)、牛乳、減塩しょうゆなどを買って(業務命令)帰りましたとさ。 メデタシ…





←Prev→Index→Calendar→Next