【散文気分】 - 2013/12/27 Fri -



本文はまたのち程に。
明日は5ヶ月ぶりで都内へおのぼりさんします。 年の瀬ですから こんな私にも色々とありますね。  精算(?)の必要な事柄などが(汗

精算…ったって、飲み屋のツケを支払いに行くといった類は皆無です。 愛人の生活費・半期分を納めに行くといった 益荒男(マスラオ)ぶりも、   …まぁ多少あこがれますが。 競売で落札した土地の云々かんぬんなども 言わずと知れた 大ボラです。 『・・・嘘つき。 散文気分さんの、嘘つき。』 と、交際中の女性から言われる境遇にもありませぬ。  そういった意味合いに於いては清廉潔白であったりもします。 金の類は一切ありませんけどねぇ…   早く働きたい。

あと、念のために申し上げておきますが、まだあとがきではありませぬ。 すんません。

・・・などと引っ張っておきながら、気付けば午前2時半。 パコソンの前で居眠りしちゃってました。 日付も更新されて おりまする。 あ〜あ。 仕方ない。 本当に仕方ないのだな。 もはや昨日のトピックスに手を入れるのは はばかられる のです。 仕方ない。 本当に仕方ないのだな…

そのような災難に見舞われまして、本日の本文はお休みとさせて戴きます。
みなさま、おやすみなさいませ。 どうぞいい夢を見てください。 悪夢で寝汗かいちゃった人は明朝に罰金です。  もちろん当日徴収です。 なにぶんにも年末ですから。
『泣きっ面に蜂・アウェイク』と、 たった今タイトルを付与しました。 心してご就寝ください。

















27.Dec.2013  Along the Hikijigawa-river-Shinsui-Park.


引地川・親水公園沿いにある民家の高い塀から覗く犬ですな。 いつも通るコースでもあり、彼は愛嬌モノなのです。 が、まだ その声を聴いたことがありませぬ。 あくまでも寡黙な彼なのです。 コチラが遠くに去ってゆくのを見届ける癖(ヘキ)まで 持ち合わせています。 この辺りは日が暮れると かなり寂しい雰囲気になります。 きっと彼には好都合なのでしょう。  まことに勝手な憶測ですが。

              -   -   *   -   -   *   -   -

昼食後、2階へ上がり南側のテラス(物干し台っすね)で一服しておりました。
いつもは朝にしかヤラないエサを先ほど大盤振る舞いしておったので、奴ども(スズメさん達のコト)が群れて集まってきておりました。  もっと静かに食事せんかい。 それじゃあ近所迷惑ってモンだよと。 ぼそぼそと遠目に語りかけておりました。

すると一斉に バサバサバサバサーッ! っと、退避行動をとるんですよ。 ん? 車も人も一向に通らないし、ハテ? 何かなぁ。 庭にネコ侵入かな。  でも竹酢液を撒いたばっかだしぃ… と、 何気なく上空を見上げれば。 なんと家の前の鉄塔上段に、ワシ・タカ または ハヤブサの類が舞い降りる直前なのでした。 すっげぇぇぇ… よく判ったなぁ、奴ども。 はるか上空じゃんかよ、アレ(汗

奴どもの野生に感心させられ、夕方 早くにも またエサを振舞ってやろう などと思いました。

ちなみに、遠いので真贋は定かでありませぬが。 風切羽の先端のシャープさや尾羽の長さからハヤブサ類のように見えました。  体色は茶が多いので、成鳥とは考えにくいのかと。 体長はタカくらいありました。 よってチョウゲンボウならば メスなのかなとも。 ハヤブサ幼鳥か、チョウゲンボウのメスなのか。 偶然に近くをのん気に飛んでいたトンビがちょっかい 出しかけましたが、相手にせず真っ直ぐに飛んでっちゃいました。 よって大きさの差が よりハッキリと判った場面でもありまする。  トンビって この近辺では かなりデカい部類なのですよ。

実は放たれた飼い鳥の散歩(散翔か?)のようでして、鈴を付けられて少し不自由そうにチリンチリンと音を鳴らし ながら飛び去ってゆきました。   まったく。 ニンゲンのヤルこたぁ〜よぉ。   ぶつぶつ…

              -   -   *   -   -   *   -   -

P.S. 28.Dec.2013

『泣きっ面に蜂・アウェイク』 を 回避する方法があります。
その日は目覚めなければ(フリも含め)良いのです。 至極簡単なコトです。

しかし若干のリスクを伴います。 女性の場合。
王子(散文気分)のキスで目覚めることになりましょう。 そして当然ながら罰金徴収となります。 まったく回避策に なっておりませんな。 前言は(半分)撤回し、さらに増量キャンペーンなども実施して 『 泣きっ面に蜂と素浪人 』 …とでも申し上げておきましょうか。 わやですな。
アーメン…

              -   -   *   -   -   *   -   -

『泣きっ面に蜂と素浪人』 を リスクヘッジする方法もあります。
就寝前にぬか床から キウリを掘り出し、水洗いせずにそのまま口にくわえて眠れば良いのです。 至極簡単なコトです。

しかし若干のドつぼにもハマりましょうか。 当然ながら女性の場合。
そんな現場を押さえた王子(散文気分)は すかさず風呂を沸かします。 沸いたらアナタを担ぎ上げて風呂場へ移動します。 そして 風呂桶にそのまま放り込んでから、ぐるぐると洗濯機のようにかき回し続けることでしょう。 洗剤は使いません。 ご安心ください。  アナタ、キウリ食べてる場合じゃないのですよ? さぁウガイして。 …そして約3分。 びちょびちょの寝間着はポ、ポンッ!と取り去ってから担ぎ上げて、バスタオルで拭きながら再び寝室へ戻ります。  大変お待たせ致しました。 さぁ、ココからが本番です。 ただし、コレ以降は倫理協定に抵触する内容を含みますので、自粛させて戴きたいと思います。

どうしても!… と、ご希望の貴兄には。 裏・散文気分のサイトをご覧ください。 残念ながらココでURLは公表出来ません が、本日(12/28)午後2時に高円寺駅南口付近にて、ジャケットの左胸に赤いバラを一輪さしてお待ちください。 コチラの エージェントの者から URLをお伝えすることが出来ます。 くれぐれも赤いバラをお忘れなく。   神のご加護を…





←Prev→Index→Calendar→Next