【散文気分】 - 2013/12/25 Wed -



本日 12:13 藤沢市 用田 付近の跨線橋(人道橋)からです。

















25.Dec.2013  Northern Fujisawa. (Near by 'Onoue-en'.)


ミノムシと南天ですな。   オノパンち、すぐ近くの。


              -   -   *   -   -   *   -   -


今年も既に二百数十匹ほど、目久尻川(めくじりがわ)からコイを釣り上げていたおじさんに再会してしまいました。  約ひと月前に出会った時のように釣り糸を橋の上(何かの設備であり、通行の為のモノじゃない。)から垂れておられました。   ので、 走り寄りながら挨拶すると、

 『 やぁ、アンタか。 この後ねぇ、 ドクター・イエロー が通過するんだよ。 12:13分に(笑 』

む、む、むぅ…   確かに。
おじさんは前回、自ら春に撮影したという その写真を焼き増ししたモノを財布から取り出して、この私に持たせてくれたの でした。 あの、石巻出身のおじさんです。 郷里の石巻では不幸にも甥っ子さんが津波で流されて今も行方不明のままなの だと聞かされた、 あの おじさんです。
腕時計を見やると あと30分ほどでした。  おじさん曰く、

 『こうして いつもどおり釣りしてるけどさぁ、 今日のメインはドクター・イエローだから。
   …まぁ、ほんの時間つぶしだね(笑』

ならばと、この散文気分めも今日は携帯を持参して走っておったものでして、その時刻を目指して もうひと回りしてから 戻って来ます! …などと挨拶して、しばし その場を走り去りました。
はてさて。

周辺をキョロキョロと見回しながらも、順光で やや上から新幹線を見下ろせるポイントを探りながら、田園地帯をせっせと 走っておりました。 残り時間は20数分。 この辺りにはナイな。 ならばと腕時計を見やりつつも、 あたふたと探索に 出ていたワケなのでした。

              -   -   *   -   -   *   -   -

・・・そんな感じで野山を走り回った挙句に撮影出来た ↑ 成果物 を手土産に、おじさんの居たポイントまで走って 引き返すこと15分。 ひと言お礼を言いたかっただけなのです。 んがっ、 私が帰り道に少し迷ったりもしておりまして、 結局おじさんは引き上げた後のようでした。 残念。


              -   -   *   -   -   *   -   -


↓ その瞬間の、 連写・サムネイル版(全20枚) であります。



なんと まぁ、 最初の ひとコマ目 のみ が捕えてますただ。   やっぱ、 早っえぇぇぇ・・・(汗
まことに お粗末さまでした。   …が、 それゆえに奇跡と感じてしまいました。 はい。


              -   -   *   -   -   *   -   -


本番の直前に、上り・東京行き のオシリ で一度だけ練習してみました。  そうしたら な、な、なんと。 あらまぁ!  携帯の充電ゲージがラスイチん なってもーてん。  もぉ わやや。
(携帯の)死を覚悟しての本番勝負となりますただ。 へい。

   …互いに死するを以って生となす。 必死、即ち生くる也。





←Prev→Index→Calendar→Next