【散文気分】 - 2013/12/20 Fri -



自宅上空にて。





























20.Dec.2013  Northern Fujisawa


コチラでは前日からの冷たい雨も 朝日が昇る前にはあがっておりました。 昼までは雲間から陽射しを受けられ、 段々と青空が広がりつつありました。 しかし予報では午後から崩れるとのことでしたから、 『ハズレなんとちゃう?』  といった感じに 洗濯物とインコを外に出しました。

そのようにして昼食後から走りに出かけて約30分ほどの地点。 西側遠景の見通しが利く下り坂で、大山・丹沢山塊の 上部に積雪が見えました。 昨日か、一昨日なのかなと。 しかしその後方には暗く怪しい色合いの雲が一面に広がっており、 予報の的中を予見しました。

走りを切り上げて引き返す道筋を検討しながらも、こうして時折は撮影しておったのですね。
ハエが手を摺る写真などを。

しばらくして急激に気温が下がり始め、冷たい強風が後方から吹きつけてきました。 流していた汗も すっかりと冷やされて、 まとまった冷たい雨は自宅到着と ほぼ同時に落ちてきました。





←Prev→Index→Calendar→Next