【散文気分】 - 2013/12/12 Thu -



こんにちは。 先に”あとがき”なんぞにかまけておりましたらば、本文のネタを忘れてしまいました。 失念しました。 目下のところ 意欲・ネタ探索中につき、どうか あと書いたモノへとお進み願えませんでしょうか。 かく言う私めも、昨日に買って帰った 『バガボンド』 35・36巻のうち、まだ35巻の半分ちょっとしか読み進んでおりません。 もったいなくて。 じっくりと、 時々(うん、うん、)などと肯きながら。 またさらに(うぅぅむ…)と唸りながら。

つきましては 以下に今後の予定などを記述しておきます。 ご参考にどうぞ。



              12/13(金) 『 雨の誓い、昼下がり。 』

              12/14(土) 『 雨の誓い、昼行灯(ひるあんどん)。 』

              12/15(日) 『 昼の近い雨上がり 』

              12/16(月) 『 ヒルの誓い、雨上がり。 』

              12/17(火) 『 アーメンの誓い、昼下がり。 』

              12/18(水) 『 地獄へ落ちろ。(翼の折れた堕天使) 』



・・・ 堕天か。   いい、響きだな。(フッ)




ただいま戻りました。
しかし日付は変わり、心の方も もはや13日に切り替わっております。  ここは時の流れに身を任せつつ、みなさま、13日でまた お逢いしましょう…
















11.Dec.2013  境川 河川敷サイクリング・ロードにて


強い南西の風。 こげども こげども ちっとも進まぬ ”ちゃり之助”。 そんな強風に煽られてたどり着いた、崖線ふもとに ひっそりと構える一軒の個人商店。 なんとまぁ、お酒屋さんでした。 おぉ〜、 こころのオアシスよ! (ジャイアン風に読んでください)

残念ながらウィスキー(小瓶)が無かったので仕方なく、やむなく、ストローさして ちゅう ちゅう吸うタイプの、謎の日本酒を 100円で購入しますただ。 まことに不思議な味がしました。 ストローで日本酒を飲むのは初体験ですが、”ちゃり之助” に跨りながらヤルには好都合でした。

よし、 行くぞ ”ちゃり之助”。 目指すは市民病院だ。   Go!  Go! Go! Go!   Move!
 Mooooooooove!   (ちゅう ちゅう…)




『 あの、先日の映画のタイトルは何ですか? 』 、 『もったいぶるんじゃねーよ!』 … といった お問い合わせ(罵声)を 頂戴しております。 もはや20年くらい前のアカデミー作品なので、お若い方々にはピンと来ないのかもしれません。 まことに 失礼をば。 しかし断じて もったいぶる ワケではなかったのです。 むしろ、

     
ちはやぶる  神代も聞かず竜田川  韓紅に水くくるとは

・・・そのような心境でした。 アーメン。     少々おふざけが過ぎましたか。 戻します。

              -   -   *   -   -   *   -   -

『 ダンス・ウィズ・ウルヴズ( Dance with Wolves ) 』 という作品です。 俳優 ケヴィン・コスナーの初監督で もちろん 主演です。 近頃では廉価版のDVDが購入可能となっておりますし、 ご希望ならば不肖・散文気分めが 貸与いたしますだ。

ちなみにスー族の若者である”風になびく髪”はジョン・ダンバーの親友です。 私も もう少し若ければコスプレの対象 としてアツい眼差しを送っていたことでしょう。 とはいえ、空気も乾燥するこの季節です。 湯冷め防止にと うっかり ドライヤーで しっかり髪を乾かせば、あ〜らフシギ。 風になびく髪・ア・ラ・おっさんモードが出来上がって いたりします。 まぁ仕方ないので美味しく戴きましょうか。 しぶしぶ…




などと つづっておりましたらば、チャイムが鳴りました。 いそいそと降りてって玄関を開けると、身なりのいい おじさん がニッコリしてました。 私も特に忙しい身ではないので外面よく装って、しばらくの間ゆっくりと立ち話しておりました。  そしておじさんは最後にチラシと小冊子(とても立派な装丁です)をくださいました。

…ふぅ。 いつバレるかと冷や汗モノでしたが、なんとか事なきを得ました。 髪を後ろで縛っていたのが幸いしたのかも しれません。 寒い中を布教活動も大変なのでしょう。 しかし まさか私の家を訪ねてしまったとは。 そのような驚かせ方 は私なりに不本意なのです。

さてと、 何々?   『 苦しみは いつか なくなる? 』   ・・・うぅぅむ。
まだその程度なのか、そなたたちは。 まぁ可愛い弟子たちには違いないのだが。 うぅぅむ。
まさか”苦しみ”に 苦しんだりしては おるまいか。 あり得るな。 困ったものだ。 ホンマに、 困ったもんやでぇ。  ならば自ら布教活動に取り組むべき時なのかもしれぬ。 あ、布教活動用の装束がクリーニングに出しっぱだゎ。  アカンがな、アレ無いと。     スッタコーラ、スッタコーラ…

・・・とまぁ、そんなワケでして。 コレにて めでたく、本文ネタを失念しますただ。 アーメン。




いやはや。   …あ、 すいません。   いやぁ〜食後に珍しくNHK昼下がりのクイズ番組、『ホールド・オン!』 なんて 見てたんすよ。 いやはや。  何が ”いやはや” かって、ちょっと聞いてくれませんか? 今日の挑戦者さんのコトなんすがね。

各設問に対して回答する 際には その回答手段が選べる形式でして、即答ならば”ストレート”。 4肢択一ならば”スクウェア”といった具合っすゎ。  もちろん選択した回答手段で得点の方も変わるワケです。 で、今日の挑戦者はん。 ?問中・3問について、なんとストレートで答えてはったんですゎ。 おっとこまえやなぁ。  うんうん。

回答の正否について、挑戦者は後回しになるんです。 設問に答えるだけで判定ナシにスルーされます。 次のチャンピオン(女性)の回答については その場で即・ジャッジが 下されます。 で、進行役でセキセイインコのモノマネが得意な芸人はんが最後に、挑戦者の回答について正否を 一つ一つ読み 上げてゆく”しきたり”なのです。 で、結果から言えば今日はチャンピオンが防衛に成功したのですが、     ・・・いやはや。

最後にそれぞれコメントを求められて応えてました。 挑戦者 曰く、 『 いやぁ〜 チャンピオンはやっぱり強かったですね(汗 』   その彼が”ストレート”で回答した3問。 みんなペケですただ。 いやはや…        いわゆる自虐系、   なのだらうか?     かく言う散文気分めも、自称 自虐系・神奈川代表 を唱えて幾歳月。   まだまだ青いなと 反省しますただ(汗





←Prev→Index→Calendar→Next