【散文気分】 - 2012/12/23 Sun -



彼女は美しかった   まっ白な顔をしてた

きれいな髪をしてた   声もやわらかだった

彼女の室(へや)はいつも   花の香りが した

  いい香りがした   ものすごくあったかかった


彼女は 人もうらやむほどの   ほとんどを そこでは 持ってた




そこに入る訳は   8つの俺でも解っていた

今より良くなるために   必要だと解っていた

そこは動物園だった   みんな変な形をしてた

仲間ですよと紹介された   こんがらがって涙が出てきた


こんな 変なやつらの   仲間でも 友達でも ないと




一週間話せなかった   誰とも話せなかった

全部嫌いになった   ご飯も嫌いになった

その日もベッドの中で   じっと息を殺していると

誰かが蒲団の中に   手紙をつっ込んでいった


よかったら 12号室の   私(アタシ)のところに 遊びに おいでと




彼女は微笑んでいた   ベッドに体を起し

ものすごいきれいだった   泣きたいくらいきれいだった

ほんの少し話をした   本当はもっと話したかったけど

恥ずかしくてどうしようもなくて   そこに来て始めて(初めて)表にかけだした


表に出て 彼女の前で   走ったことを すぐに 悔やんだ




彼女と話したその日から   ほんの少しづつ(ずつ)だけど

誰かの問いに答えたり   誰かに話しかけれるようになった

何人かの友達もできて   やっとそこの暮らしに

やっとそこの暮らしに慣れてきた   3ヶ月目の朝突然言われた


ここにいても 君の場合は   なんにもならない 君も家に 帰りたいだろう




みんなとは違うと言われ   ここに入ってきて

そしてやっとやっとここに慣れたのに   ここも違うらしい

4時間電車に乗って   元いた教室に戻った

なつかしいはずのクラスの顔、顔   みんなよその国の人に見えた


今日から また仲間ですと   先生は 俺を 紹介した




彼女は美しかった   彼女は美しかった

きれいな髪をしてた   声もやわらかだった

彼女の室はいつも   花の香りがした

いい香りがした   ものすごいあったかかった


彼女は 全てを持ってた   白く長いはずの 二本の足を 除けば




彼女は美しかった   彼女は美しかった












at 16:42 23.Dec.2012  Aosagi in Hikiji-Riv.



ほんのすぐ目の前の光景なのですが、既に携帯での撮影には暗くて、そして遠いようでした。
いやはや キビシぃですなぁ。 これでも結構大きな種でアオサギという水辺の鳥なのです。

この少し前にもすぐ近くのところで別々の個体を2回ほど撮影しようとして、いずれも逃げられておりました。  まさしく三度目の正直でもあったのです。 が、 なぜだかコイツは逃げないのは、リンク先の動画のとおり なのですょ。 その中で終盤に突如として別の一羽が舞い降りてきてから 急に彼は飛び去りますが、一体何だったので しょうか。   私なりに察しまするに・・・


   (そろり、 そろり、 そろり、 …ピタ。 ん?)        「ギャー!」 (ばさばさばさっ)

     『 うわっ! な、 なんやねん?(汗 』

   「 あーたっ、 ヒトが撮ってるでしょっ! ホレ、飛んで! はよ飛んでっ! 」

     『 うへぇ〜(汗 』   (ばさばさばさ、 ばっさ ばっさ…)

   「 キッ!」   (ばっさ ばっさ ばっさ…)             「 はよイキなはれーっ! 」


・・・とまぁ、 そんなトコなのではないかと。
動画か静止画に”吹き出し”を挿入したりセリフをあてて録音してみたい衝動にも駆られましたが、何分にも 大本が それほどの労力を投入する価値ある出来ぢゃありませんからねぇ(汗

以前に訪ねてった浜松の(山奥の)あまご屋さんは、こんなこ〜んな 感じの、ウラマヤシぃことを なさっておられますだなぁ。 私はかねてから「ヤマガラのおみくじ引き」を見物したいと思っているのですが、 熱心に情報探索したら実現でけますかねぇ。 けれども、ヤマガラに引いてもらったおみくじ開いて”凶”とか 出たら、え〜い、焼き鳥にしてしまえー!って思うのでしょうか。 そういう時にはあらかじめ凶を抜いて おいたりするのかな。 さすがに正月ですものねぇ…

かなり昔に、そう。 受験生の頃に2年連続で”大凶”を引いたことがあります。 ”凶”マニアのみなさまに 耳寄りな情報としましてですねぇ、鎌倉の”鶴岡八幡宮”では 巫女さんがもぅ容赦なく”大凶”とかを差し出して くださいますょ。 なんだか受け取る前から巫女さんの表情とかで判っちゃうのが、2年連続の実力ってなモンですょ。  ロクに勉強もしないで そのような実力などを地道に磨いておりますただ。 天誅…ですかな。


at 23.Dec.2012  around Maruyama-Yato

 




ふれずに終了しようとしております、本文への引用元は この人この曲(約12MB) でした。





←Prev→Index→Calendar→Next