【散文気分】 - 2012/12/06 Thu -



とにかく手掛かりを検索してみりゃあ、いいじゃんか。

そのように言われてしまっても 何ら差し支えなどは ないのですが、そのような感じで ここに書くことについて は あまり支障を感じませんので、このまま綴ってしまいましょう。

特に見たい番組があるわけでもないような時に。 リモコンをひと通り操作し終えて、そして溜息などをつく ことがございませんでしょうか。 そのような情景をご想像くださいませ。

・・・ あぁ、 あの番組が あったらなぁ。

ナレーターはそう、 中山千夏でした。 その放映は さかのぼること35年、いや もっと前なのか。 金曜 夜7時からの30分番組でした。 ノン・フィクション・アワー『驚異の世界』という番組タイトルです。 くどい ようですが大事なことですので、念のために繰り返しておきます。 ノン・フィクションこそが、うたい文句で あったのです。

みなさまは映像において、いや実際にご覧になった方々は、いま少しだけ 静かになさっていてください。  たとえその映像の中においてでも、山が動くのを見た経験はございますでしょうか。 私は見ました。  火山活動による爆発などからの崩壊や地形の変動といった、その程度の規模ではないのです。 それ相当な 遠景からカメラを回し続けていて、編集段階でそれを巻き戻してから進めると、スタッフがその”事実”に 気付き、大きな山が ずずず… っと、明らかに横に動いていたことが判明したのです。 恐らくは小学3〜4年生 の頃に、その番組内で繰り広げられる その映像におきましてです。 北方のグリーンランドかアイスランド辺り であったのかなと振り返ります。 そのような地域の火山活動と地球上の驚異をルポルタージュする回だったの かと想像します。

好きだったのは『クストーの探検』シリーズです。 それ専用の出囃子たる毎回お馴染みのテーマ音楽なども、 番組の冒頭には毎回流されておりました。 全世界の海はもちろんのこと、そうそう。 チチカカ湖って ご存知で ありましたか? そのように辺境な地域にまで探検に出掛ける、そのようなルポを金曜夜の7時に、某・日テレで 放映されていた頃が、かつて確かにあったのです。

・・・ 何故、 クリスマス・イヴ ?

たとえ閉め切った自室とはいえ、それほどの音量とは 余程に気心の知れた楽曲とアーティストに対してのみ、 捧げられるべきであったのにとも思いました。 居眠りから覚めて不意に気付いた、大きな音量のクリスマス・ イヴには、何ら思い当たる記憶がありませんでしたが、やがて達郎がジョディの名を連呼し始めたことで、 とても古いアルバムを引っ張り出して来ては、無限ループで流し続けていたのだなと気付かされました。  そしてそのような、とぼけた覚醒になどは お構い無しに、依然として同じ大きさの音量で曲が流れ続けている ことに、やがて一種の違和感が訪れまして、そこへ偶然にも携帯電話が鳴り響き、それを受け取りながら スピーカのボリューム・ダイヤルを左へ回しました。

・・・ どうもすみません。

パソコン・デスクに着いてこれらを書いておりました。 そしてそのまま居眠りしてから目覚めた その時に。  掛かって来た電話で少々話し込みました。 そのようして、書き始めていたテーマについては、もはや書き 続けることが出来なくなっていることが判明しました。 お蔵出し仕掛けて、途端にお蔵入り・・・    そのような事態も あるのですね。 もはや自己都合を申し上げることしか 出来ませんが、また別の機会 を待つことにします。

あぁ、そうか。 出直します…と、ひと言書くか、公開しなければ よりスマートなのですね。
いま太っておりまして、 いやはや。   困ったものですな。












お粗末も甚だしい。  せめてもの お詫びのしるしに貼り付けておきましょう。
…などとシコシコ作業していたら、一年間したたかに鳴りを潜めておったクリスマス・ソングたちから”拷問”責め に遭いますただ。  なんだかもぅメンドーなので、全部まとめて どうぞ。


 ジャイアンの横暴 @      ジャイアンの拷問 A      ジャイアンシチュー B (4.3MB)

 ジャイアンの乙女心 C (5.9MB)   ジャイアンのリサイタル D   のび太のクセにぃ! E

   来ないと ひどいぞ。 F       ドラえもんかぁ〜。 (プーッ! クスクスクス…) G

       おぉ、心の友よ、きょうだいよ H        ホゲ〜〜〜〜〜♪ I

                    東京の剛田武さん J





《ご注意》  んと、 若干のトラップなどを仕掛けてありますただ。

E 母をたずねて三千里 → マルコ → 祝福せよ → めでたいジョシュアの誕生日(クリスマス)

・・・となります。 ご了承くだつぁいまし。
ちなみにYouTubeのフル・バージョンはペケですねん。 本当のテレビ放映で1番のあとは2番をブっ飛ばして、 3番はショートカットからフェードアウトが正解なのですょ。

♪飛び〜込み〜たい〜んだぁ、
    母さん のぉ胸ぅ〜ねにぃ〜〜〜〜〜♪
               (♪どぅっ、 どぅっ、 どぅっ、 どぅぅぅぅぅ… Fine) ※ コレはチェロかな?

J P.S. at 9.Dec.2012  桑田佳祐のソロ2枚組みベストの中にもめっけたのでありますが、一緒に含まれて いたコチラの曲の方が好きなので。 よってX'masちゃいます。 たしか以前のYouTubeに昔のザ・ベストテンで 収録されたモノがアップロードされていたのですが、見事に消されておりますようで。 まぁ気を取り直して 自力で・・・ とも思いましたが、たまには 初音ミク に歌ってもらうのも一興かと。 しかし長ネギは振り回して おりませんですなぁ。 コミケでは長ネギの持ち込みは臭うのでNGなのだとか。いやはや・・・      やはり口直し(7.5MB)どぞぉ。





あの、 ご理解戴けましたでしょうか?    ジャイアンの拷問はキビシイからな。(スネ夫・談)

《ご参考》   B  C  D  F  G  H・I  J



at 6.Dec.2012  upper southern-room in my home.



午前中に吹きすさんでいた強い南風もおさまり、穏やかな小春日和となりました。
・・・午後であっても、小春日和って例えるんですかねぇ?(汗

坂の下まで煙草を買いに出て戻ったら、庭先に真っ赤な葉っぱが、午前中の強風にあおられてなのか、 多数散乱しておりました。 何かな?と思ったら、先日にも触れましたが、お隣の庭で 炎上していたブルーベリーの葉っぱ なのでした。 なのでそちらの枝に見やると、やはり黄昏かけておりますただな。

この部屋は元々、主に親父さまが使っておりました。 もう離れてしまってから10年近くが経とうとして おりまする。 今ではテレビも撤収されており、ココで寝起きをする家人はおりませぬ。 例外的に昨年夏、 おひとりの ご婦人が ひと晩だけ泊まりましたが、彼女はまた銀座で元気に働き始めているとの知らせを、 おととい唐突に電話してきました。 しかし場所が場所なだけに、婉曲的にやんわりと、その実現は難しい旨を 付け添えて、挨拶に代えさせて戴きますただ。

しかし葉っぱの配置は気が利きませんでしたな。 親父さまは ISUZUのOBですわぃ。
会社OBかぁ。 やはり少々 焼けますなぁ・・・





←Prev→Index→Calendar→Next