【散文気分】 - 2012/08/20 Mon -



この夏も秋田への旅。 いよいよ その最終回です。
こうして小分けにすれば自ら辟易することもなく、さらには無関係なトピックスを間に織り交ぜて気分刷新 するコトも可能であったワケなのです。 今回の”現地三日目”及び帰りの道中で気を惹かれた被写体たちは 今頃どうしているのでしょうか。 もはや何らかの変化を遂げて飛び立っていたり、既に存在していないの かもしれませんし、あとは実りの秋に収穫を待つだけであったり、ばっちりと将来が期待される存在であったり するのかもしれません。 せっかく仲良くなった子供らとも別れて それぞれが散り散りに秋田・森のテラスを 後にしました。   …が。 すっげい再会チックな予感が早くも、


(カチン!) はえぐ、         Σ( ̄□ ̄;) ヒッ!










Moriyoshi-KitaAkita 15.Aug.2012



 

 

 

 

   

 

 

 




昨日は血の気が多かった日曜日であったようですな。   あ、 この私がですょ?(汗
まぁその。 あれもこれもストレス社会の産み出した賜物と片付けましてですねぇ、健気な我々は次へと まいりましょうか。 そして謙虚に 慎ましく生きろ。   あらら、 パクリだな。

(-”ー;)うぅぅむ…

なんとなくヤリ残してきてしまったような事柄や物足りなさ加減を抱くのは、意外に”腹八分目”だったり するのではないのでしょうか。 すると次へ繋がるのですなぁ。 そして『へへっ。 また のこのこと出向いて 来ましたょ(笑』などと切り出すのでしょうか。 それともこっそりと事前に周到な準備を施してから”農夫・B” として黙々と野良仕事に精を出し『…あすこのアレ、誰だぁ?』などとヘルパーさん方を混乱させる悪戯もアリ なのでせうか。 誰だ?つぃみわ。

そーだす。 わだすが、変なライオン丸だす。

   ハィサィ オージサーン♪ ハィサィ オージサーン♪ ハィサィ オージサン ダカーラ、 ハィサィ オジサン♪(プンッ!)

P.S.
浦添商業は惜しゅうございますた。 最後まで期待を捨てさせぬ戦い振りですたな。 しかし、このままでは 松井にも桐光にもタメにならないのでガツンといったってくださいょ。 獅子は威厳ある血筋を伝えゆくために 自らの子を谷底へと… !?   へっくしっ!( ̄ii ̄)ずるぅ〜り…





←Prev→Index→Calendar→Next