【散文気分】 - 2012/01/31 Tue -



去る1月28〜29日に友人夫婦の営む山中湖畔のペンションで1泊してきました。
ご存知のように28日土曜日の早朝に大きな地震に見舞われた地域でしたから心配しましたが、特に連絡も無い ので旅支度(パンツと靴下のみ)してから最寄り駅へと出向き… あ。 その前に いつも懇意にして戴いている 美容師さんに窓越しに挨拶しに立ち寄って、それから いそいそと駅の窓口へ向かいました。

発券担当の駅員さんに特急ロマンスカー・『 あさぎり 5号 』 の特急券を 町田から御殿場まで要求すると、 発券用のシステムでカタカタやり始めていたのですが、なにやら上手くいかないらしく 奥にいた別の駅員さん (女性)を呼びつけて何やら話し合っておりました。 そして再び私に向き直って発券担当の駅員さんが 『 …大変申し訳ありません。 朝の地震の影響で本日の「あさぎり5号」は運休となっております。 』 などと言うでは あ〜りませんか。 もちろん出掛けにYahoo!路線情報で検索したのですが そんな情報などは 開示されてはおりませんでしたし、当の駅員さんでさえも今まで知らなかったとしか思えぬ対応に困惑しつつも、 気を取り直してJR御殿場線の運行状況は判るか尋ねると 一部列車の運休やダイヤの乱れが発生しているが 運行しているようだとの情報を得ました。 そのヤリ取りの間に横から 『 ちょっと ごめんなさいねぇ! 42分のに 乗りたいの、先にいいかしらぁ? 』 と割り込む おば様がおられましたが、私が一言 『 私もなんですょ(笑 』 と言ったら引き下がりました。 そして立ち去る際にもう一度 『 ウソだぴょ〜ん(笑 』 と挨拶してから さっさと改札口を通り抜けました。

さてさて、とりあえず急行乗り継ぎで小田急の新松田を目指さねばなりませんから迷わず上り方面 ホームへ駆け上がると丁度『42分発』の快速急行・新宿行きが到着するトこでした。 そう。 おかげさまで『嘘つき』に はならずに済んだワケですね。 そしてまだ間に合うと思い すかさず売店でJackハイボールを購入し、到着して きた電車へ飛び乗りました。

大和に到着する際に迷ったあげく下車してから相鉄線に乗り換えて海老名を目指すコトにしました。 途中の車窓 からは幼い頃に暮らしていた地域の風景が眺められるのですが、ずい分と変わったモノであるなぁ…と感慨深く Jackハイボールをちびちび飲んでおりました。 土曜日の放課後といった時間帯からかで高校生の姿が目立ち ました。 ので、私はいわゆる『変なオジサン』ですか。

海老名で再び小田急に乗り換えるために いそいそと下り方面のホームへ降り立つと 列車運行表示が何か変なのでした。  どうやら遅れが生じているようなのです。 もう発車してしまったハズの急行・小田原行きが到着する直前 なのでした。 これはラッキ〜♪ と思い、再び売店で缶リザーブ水割りを購入してから 到着してきた電車に飛び乗り ました。

ロングシートの”山側”に座っておりましたから 当然ながら山に背を向けておりました。 ので、本厚木 を過ぎて車内が空いてきた頃からは半身の姿勢で背後の車窓から大山〜丹沢連峰方面を眺めつつ、缶リザーブ水割り をちびちび飲んでおりました。 が、途中の伊勢原から数名乗車して来まして 私の隣に座ろうとする気配が 感じられましたので 私は姿勢を元に戻しました。 さすがに東海大学前を過ぎるとガラガラな感じになって来ました から、私は空いた向かい側のシートへ移りまして 今度は真正面の車窓越しに山並みを眺めておりました。  すると先ほど私の隣に座ってきた初老のご夫婦が座席をずれてゆったりと座り 半身になって車窓の外に展開 される山並みを眺め始めるでは あ〜りませんか。 まぁいいけど。 ナニか納得がいかん。

路線が何度か渡る四十八瀬川の流れなども眺めているウチに気分も良くなり、いかにも旅行風ないでたち の”その”ご夫婦のご主人に 『 あの、失礼ですがご旅行ですか? 』 と話し掛けると 『 …えぇ。 知人の誘いで 箱根の旅館まで。 』 との応答に、自分の目的とこれまでの経緯などを簡単に説明しているウチに新松田へ 到着しました。 『 良いご旅行を。ごきげんよう… 』 と挨拶してそのご夫婦と別れて電車を降りましては、 いそいそと今度はJRの松田駅へ急ぎました。

松田駅の改札口付近には人があふれておりましたが 団体さんのようには見えません。 嫌な予感がしたのですが ”キチンと”順番を待ってから駅員さんに次の電車を尋ねる(ダイヤの乱れを聞いていたので)と、次は 15:14発 との回答 でした。 ので、それが定刻なのか それともさらにそこから遅れが見込まれるのかを訊くと その時刻に発車予定なのだ と言うので まだ30分以上ありましたから 礼を言って、 『 じゃあ、昼飯食って来ま〜す♪ 』 と ひとまず駅舎を後にしました。

駅前に小さなお店が数店並ぶ中に『昔ながらのナポリタン・2階』なる触れ込み看板を見つけて そこに決定しました。  そして入店して キョロキョロ見回すと店内にいたお客さんらから一斉に注目が集まってしまいました。  なぜか2階に上がる階段が見つからない。 すると店員のおばさんが 『 お2階は別のお店なんですよぉ!(笑 』 と私の先に立って店外へ出ると わざわざワキの方の入り口階段まで案内して下さいました。 お詫びと礼を 言って階段を上がると手狭な喫茶店がありました。

そして入店すると同時に 『 Ah… Excuse me,I have just a few minutes.Can you surve me the ”Napolitan” lunch? 』 と ガイジンのフリして尋ねましたが 二人の店員さんが凝固してしまいました。 ので、仕方なく冗談はヤメにして (それでもガイジン訛りの日本語調で)30分弱しかナイのだが看板にあるナポリタンは出来るか訊き直すと 大丈夫だとの応答にホッとして、 荷物を降ろして上着を脱いで座りました。 そして 自宅を出てからずっと我慢していたタバコの吸いたさから 懲りずにリトライを志し、 『 Ah… May I smoke? 』 と尋ねたら 今度はちゃんと灰皿を差し出してくれました。 笑われながら。

ちょっと太めでもっちりとした不思議なパスタで炒めたナポリタンは ご飯のオカズに丁度良いくらいに… 味が 濃い目でしたが、どちらかと言えばボリュームは少なめで良かったです。 なにせ友人のペンションに着いたら 他のお客さん方と同じ時間に夕食をとらねばなりませんから ココで満腹するワケにはゆかないのです。  食べている間に他のお客さんはみな帰ってしまったので 二人の店員さん方と朝の地震の話やら冗談やらを 話し込んでは、いそいそと平らげて食後のコーヒーには及ばない旨を伝えてお会計を済ませました。

店外へ出ると通りを挟んで隣にコンビニがありましたので今度はワンカップを購入してからJR松田駅へと戻って ゆきました。 残念ながら PASMO が利用出来ないために切符を購入してホームへ出ると、長っがいのでした。  そのホームが。 もう私のお話並みに。 たしか御殿場線の車両って3両編成ぐれぇでないの?と思いつつも、まだまだ先の方までゆかねばなりませぬ。  ナゼならば、その辺りに電車待ちしている人々の姿がアルからなのです。 知らずにいたら、または私のような 機転が利かなければ 電車が到着すると同時に猛ダッシュで電車を追いかけて乗り込むコトとなるのでしょうから。  まぁ見知らぬ駅ではありがちな情景ではありますね。

予定通りに発車した沼津行き普通列車は そこそこな乗車率でしたが意外にも座れました。 ので、さっそく ワンカップ(ホントは別のお酒でしたが失念)をこぼさないように慎重にパッカン!と開けて ちびちび 飲みながら、路線が何度も渡ったり並走する酒匂川の流れや周囲の山並みなどを眺めておりましたが、あいにく の天候(曇り)でありました。 さすがにお腹も満たして3本目の酒でしたからか うとうとし始めましてコップ の底にもう少しだけ残した常態で少しだけ眠ってしまいました。 が、停車駅(足柄駅)でのガックンといった 軽い衝撃でハッ!として目覚めてドアが開くと雪が舞っておりまして、とっさに 『 雪だっ! 』 と 声に出して叫んで しまいました。

その日の移動中に何度かメールで交信し合っていた友人の写真家に その旨伝えるや、 『 酒だっ! 』 よりは マシじゃね?(笑) との返信に ヒトリ苦笑しておりました。

そして御殿場駅には なんと当初の予定とあまり変わらぬ時刻に到着出来まして、予定していた富士急バスに 乗って山中湖畔の”旭ヶ丘”の停車場を目指しました。 旭ヶ丘から友人のペンションまでは湖畔の道路を 約30分ほど雪道歩きしなければなりません。 雪が舞い散る薄暗い時間帯なので 前回の時とは風情がかなり違います。  ちょっと暗い気分になりつつもバスは旭ヶ丘のロータリーへ進入してゆくと、なんとタクシーが1台停車している では あ〜りませんか。 バスを降りて近寄ると間違いなく”空車”の赤い表示にスキップしながら近付いて 運転手さんに合図してドアを開けてもらって乗り込みました。

行き先が通じなかったので誘導しながらも 運転手さんと道路の除雪事情などの話をしておりましたが 10分も 掛からぬウチに友人のペンション入り口へと、いえ、敷地内まで乗り入れてくれました。 ので、気配に気付いた 友人が玄関先まで迎えに出て来てくれました。


…ん〜、どうしようか。 まだ続けましょうかねぇ?このお話。
いや、また明日考えよう…







P.S. at 1.February.2012
あの、JR御殿場線で松田駅以西の主要駅ホームが長いのは小田急ロマンスカー・『 あさぎり号 』 に対応するためですよね。  なんでそんなコトに気付けなかったのかは謎です。 まぁ運休のせいかと。 地震のせいかと。 酔っ払いのせいかと。  候補は多々ありますなぁ。

 (-”−;)うぅぅむ…









At BEE CLUB -29.January.2012-



一体ナニしに行ったのかを問われかねない量の鳥・画像ですが なにしろ本人が全部掲載したかったので勘弁して下さいょ。  要するに選べなかったのですょ。 どれも ”それなりに” 気に入っていて。 写真の出来ぢゃなくて ”シジュウカラ” そのものが。 実際にはこの量の3倍以上はシャッターを切っていたと思います。 シャッター切れる前に飛んで っちゃうんですょ。 これらの写真だけ見ていると彼らはゆっくりエサ採りしてると思いましたでしょう? 近くの木の枝で 『 順番待ち 』 しながらパッ!と飛んで来て 適当なのをついばむやいなや パッ!と近くの木の枝(自分の定位置)へと 舞い戻りましてぇ、そこで ゆっくりと食するのでした。 ”スズメ” なんかは集団でたかって来て 『 わぁぁぁ!今だ、食えっ!食えっ! 』 って感じで その場で食い散らかしますょねぇ。

残念ながら ”シジュウカラ” しか撮影出来ませんでしたが 他にも ”ヤマガラ” とか ”イカル”、それに ”なんちゃらヒワ” とか ”ガビチョウ” などといった外来種(中国産。 実は あまり好ましくナイ…)を含めて 全部で6種類の野鳥を確認致しますた。  友人が朝食をお客さんにサーブする前にエサ(ヒマワリの種)やりしておりました。 窓際で朝食をとってもらいながら 野鳥たちの朝食風景も楽しんでもらおう… といった志向の、なかなかに気の利いたサービスなのでした。

ヒマワリの種の他にも色々と試したのだそうですが、例えば牛脂を吊るすと ”カラス” が来てしまうとか 果物類は 経費がかさむなど、それぞれに課題や問題がアルのだそうです。

 (-”−;)うぅぅむ…







P.S. そのような休暇が果たしてクーリング・オフとなったのか否かまでは判りませぬ。

月曜の朝イチで社長 自らによる業務(急務)指示を下されて それらを迅速に済ませてレポートを提出し、さらにそれらに基づいた 作業指示を受けて遂行してから成果物をオフィスへ持ち込むと それなりに喜びや労いなどを表明するので、 まぁ今日のところはいいか… といった感じで辞表は提出しておりませぬ。 それが昨日のコトですね。  なので今度また提出する時には日付を変えねば。

辞表は あまり職場のPC内に残しておきたくはナイので消去前にサーバーにアップロードしました。
実名入りの核弾頭 ですが ご興味のございます方々はどうぞ。 稚拙な文章と内容でお恥ずかしい限りなのですが 自称 ”自虐系・神奈川代表” なものでして、おいそれと この座を他者へ譲り渡すワケには まいりませぬ。





P.S. at 2.February.2012 (極めてコレ重要)

少々遅れ気味で 昨夜に月イチの通院を果たした際に、主治医から ”厳重” な忠告を受けました。
これでもバカぢゃないので慎重に受け止めてまいりました。 …ので、『 核弾頭 』 の起爆システム部分に 覆いを被せさせて戴きました。 私自身の実名も含めて。 自分のコトだけならば放っといても良いだろう… との見識から放った行いであっても、時と場合によっては周囲に波及してしまうのだ といったケースも考え ねばならぬとの認識からです。 例え今の私が ”はっちゃけ” ていても、ココロは まっとうな一個人で あり続けたい… そんなトコ(想い)なのでしょうか。 ハッキリとは解りませんが。





←Prev→Index→Pindex→Next