【散文気分】 - 2012/01/26 Thu -



ちょいと悲しい出来事(不幸)がありまして、先に ”あとがき” に走ってしまいました。
本文の方は またいずれ…





…今宵も通院を諦めてヒトと会わねばなりませぬ。 実は約束のカタチでは取り付けておりませぬ。

誠意って、一体 何なのでしょうか。

終業間近にツマラン要求事項を受けて 懇切丁寧にプロの仕事を施してから発送し終え、予定(希望)よりも 遅れて これより私は誠意を示しに行ってまいります。 時にリアル・タイム更新のホーム・ページとなり得るのが 散文気分だったりします。 よって理想形の本文は本日休載とします。 どうか ご了承くださいませ…

At 6:50 PM, from my work space-warehouse







P.S. at 27.January.2012

不運にもお互いタイミングの折り合いに恵まれず、結局は落ち合えませんでした。 とても残念です。
さぁ、日付も変わったコトですし、気持ちも改めて仕切り直し… ですね。









At Musashi-Koyama -26.January.2012-



早朝から葬儀に参列してきました。 参列者は早朝であったためか私ヒトリですた。

昨日の朝に (-”−;)小夜奈良… の挨拶をした ”なんちゃら杉” の亡骸であります。
思わず涙しながら撮影して来ました。 それと同時に、こんな大雑把な仕事(切断面)では年輪もロクに 判りやしないので ワケの解らぬ怒りに駆られました。 心からご冥福をお祈り申し上げます…

そして また一つ 昭和が消えたのだなぁ… と思わずにはおれませぬ。
過去ログを探ればその辺の逸話が出てくるハズなのですが、”ひと仕事” なのでヤメますた。 確か 路地向かいのお婆さんが子供の頃に近所のオジサンが 『 こんなのはクリスマス・ツリーぐれぇにしか成長 しねえよ!(笑 』 と植えた小さな木が この大木になるまでのコトなどを、この木は戦中(もしくは戦前) からの小山の街を見てきたのだなぁ… などと考え始めると、やはり溜め息が漏れますょ…

…あ、判った! 私が写真に撮ったからなのだ。 そう。 私が気に入って撮影したモノが そのすぐ後で 無くなってゆくお話しをしたコトを思い出しました。 そっか。 結局は私の仕業であったのか(汗

 (-”−;)うぅぅむ…


 ↓ 昨夜遅くの通夜にて。

At Musashi-Koyama -25.January.2012-






←Prev→Index→Pindex→Next