【散文気分】 - 2011/12/03 Sat -



ココ数回ほど続けて本編の方が おろそかになってしまいました。 先日にも申し上げましたが私なりに不本意 であります。 なので… という程のコトでもありませぬが、この休暇を利用してゆっくりと書き連ねてみたい と思います。



今週半ばには月イチでの通院がありました。 私は予約を入れられない境遇にあります。 ハイ、仕事上の 都合というモノであります。 …ので、いつも直前に医院に電話をかけまして 『あの、今夜は混んで いますかねぇ?(汗』 などと医院の事務員さん達とヤリとりしながら出向くのですが、いつも終わると普通に 9時10時だったりします。 ところが今回は仕事の定時(6時)にスパッ!とあがるコトが出来まして、しかも 6時半ならば丁度空きがアルのだとの情報から、小走りに最寄り駅へと向かってみると そこへ目黒線下り列車 が入り込んで来たりとの幸運にも恵まれまして、なんと6時半に間に合ったのでした。

大汗かきながらサングラスを外しつつ保険証と診察カードを差し出しては、『あのぉ、先ほどの電話でお伺い した”ご都合”の方は、まだ変わってませんでしょうか?(大汗』と尋ねてみると、『…(汗) あぁ、ちょっと 先生に確認を取りますので少々お待ちくださいね?』との応対の合い間にカバンやら手に持ったまんまの上着やら を席に置いて入り口近くで涼んでおったのですが、汗がちっとも引かない。 すると先ほどの受付嬢が『大丈夫 だそうですよ!』との朗報をお伝え下さいました。 けれども色々な準備事があるようでしたので、『スミマセン、 急いで来たのでちょっと外で涼んで来ても良いですか? すぐ近くに居るようにしますんで…』と願い出れば 『(笑) あぁいいですよ、お呼びしますから。』 との待遇に甘んじまして、医院の外に出てポカ〜ン… と して佇んでおりましたが、お向かいの花屋さんが閉店準備を始めた時間帯でありました。 ので、店内へと しまわれる前の店頭の花々を眺めておりましたならば、時節柄なのか”ポインセチア”だらけなのでした。  ビックリしましたが、まだら模様だの小柄なのと様々な改良種がアルのですねぇ。 などと感心していたら 後ろから先ほどの受付嬢さんが わざわざ2階の医院から降りてきて来て呼びに来て下さいました。 医院内には 軽く暖房が入ってましたから薄着で寒かったでしょうに、ホント悪いコトをしました。

いつも通りの問診なのではありますが、今回は主治医に対して”元気”になりました… といった報告と話題が中心 でしたので、そのような時にはさっさと問診も終わるのですね。 ただ、ちょっと気掛かりな自覚症状を 訴えさせて戴いたのですが、そうしたら主治医は即座に… いえ、実際には 『…ん〜、先月のお薬は自律神経系 に作用する特性がありますから、あながち薬のせいでは無いとは言えないかもしれませんねぇ。 幸いにも 今アナタは元気な波に差し掛かっておられるようですから、ヤメちゃいましょう。』 と、対応が早いのですね、 いつものコトなのですが。

あの、変な先生なのですょ。 大変に失礼ながら。
みなさまも あの医院を一度でも訪れてみられれば簡単に感じられるコトだと思うのですが、変な病院なのですょ。 何と申しますか、 お子さんの患者さんは… ほぼナイでしょうにも関わらず、アニメ関係の、それも”コア”なタイプの本やら ポスターやらフィギュアやらが待合室の そこかしこにぎっしりと配列されていたりとか思えば、昭和の象徴的な 著名人さん達の… おそらくは浅草”マルベル堂”のブロマイド(もちろん白黒写真)が貼り並べてあったりとか、 一番の”謎”は死角になっていて普通は見えない窓際の太い柱に 『昭和天皇崩御』 を伝えるスポーツ新聞の一面がラミネート された原寸大で貼られていたりとか。

…あぁ、一番に変なのは大変に失礼ながら主治医の”髪型”ですね。 秋口あたりからであったでしょうか。  それまでの どちらかと言えば短髪傾向であったのが いつの間にかそこそこの長さになってきておりまし てぇ、突然 『おかっぱ頭』 になっておりました。 ってか、むしろ 『散切り頭』 っすね。 落ち武者のそれ で頭頂部はハゲていないといった風情なのです。   …ね? 変な病院と先生でありましょう?

けれども、少々乱暴な言い方をするならば そこは”変なヒト達の相手と治療”をする施設なのでありまして、 なんだか不思議な感覚にとらわれて仕方がありませぬ。 村上春樹の『ノルウェイの森』の中の一節にもあり ましたが、東京の学生生活から引き戻されて直子の入れられる京都の山奥の療養施設の職員さん達も変なのですよね。 その施設で療養中の患者さん 達(登場人物)もズバリそう言ってのけるシーンが… 私の記憶違いでは無ければ確かにありました。 まぁ 私の勝手な感覚ではありますが 不思議な繋がりを感じざるを得ませぬ。

…あぁ、補足しますが事務員さん(受付嬢)方は普通なのですょ。 親切で丁寧だし。









At Yamato -2〜3.December.2011-



毎度お馴染みのミィちゃんですね。 えぇ、猫バーの。 この夜は珍しく… いえ、明け方近くになってから ミィちゃんはお店に戻って来ました。   まぁその、きっと彼女なりに多忙なのでしょうとも。
くどいようですが 師走っすからねぇ…


…あぁ、そうそう。
先日4〜5年振りにカラオケを堪能して来ましたお話は先につづりましたがぁ、今は『あばよ』を マスター中の身なのであります。 一応念のために申し上げておきますが、柳沢慎吾の捨てゼリフの方では ありませんから。 ん〜、もはや そちらの方も古いのかぁ(汗

 (-”−;)うぅぅむ…





←Prev→Index→Pindex→Next