【散文気分】 - 2011/07/21 Thu -


当初の予測に反して 関東では夕方近くからスッキリ 台風一過となりましたね。

今夜は午後8時過ぎまで残業してから外に出てみると肌寒さまで感じました。 作業を終えて脱いだTシャツ には汗染みがあったくらいでありまして、その違いにビックリしました。 急な台風一過は地下2階にまでは 影響を及ぼしてくれなかったようなのです。

風に吹かれて ボォォ…っとしていると 風邪ひきそうな感じの下車駅からは、今週 初めて歩いて家まで 帰りました。 寒い時ゃあ一所懸命に歩いけば良いし、それでも寒ければ ちょいと走ってみれば 良いのですょ。

そのような今宵の帰り道で 頭ん中を流れておった曲はですねぇ…



ジャン! ジャン! ジャン!  ジャ ジャン、 ジャン! ジャ、ジャジャジャン!

好きっ♪ 好きっ♪ スキ好きっ♪

   好きっ♪ 好きっ♪ スキ好きっ♪

好きっ♪ 好きっ♪ スキ好きっ♪

   好きっ♪ 好きっ♪ スキ好きっ♪

アッコちゃぁ〜ん、 アッコちゃぁ〜ん、 スキ好き〜♪ (はぁ〜、 やっそぉれっ!)

ア〜ッコちゃん 来るかと、 団地のとっころまで 出てみたがぁ〜♪ (はぁ〜どした、アッコちゃん!)

アッコちゃぁ〜ん 来もせず、 用もナイのに 納豆売りがぁ〜♪ (はぁ〜、やっそぅれっ!)

はぁ〜〜〜、 はぁ〜〜〜あぁぁ、 『納っ豆ぉ〜』 (はぁ〜、どした どしたっ!)



ア〜ッコちゃぁ〜ん 来るかと、 校舎のはっずれまで 出ってみたがぁ〜♪ (はぁ〜どした、アッコちゃん!)

アッコちゃぁ〜ん 来もせず、 用もナイのに 校長センセがぁ〜♪ (はぁ〜、やっそぅれっ!)

はぁ〜〜〜、 はぁ〜〜〜あぁぁ、 『勉強ヤレぇ〜い!』 (は〜ょ来い、アッコちゃん!)

ジャン♪



…なのでした。   手熊苦麻耶魂、手熊苦麻耶魂、まともなヒトに なぁ〜れぇ〜♪





編集部・註) ”合いの手” の部分はテキトーです。 すんません…









At Sengawa -17.July.2011-



少々順序が入れ代ってしまいますが、三連休の真ん中の日曜日には 私の元勤務先であった調布市の仙川 という街まで繰り出して、夕方まだ明るいウチに娘と待ち合わせてから、馴染みのお店に出向いて 二人 で一緒に飲んでおりました。

暑い日でありましたが さすがに日が傾けば自然風でも凌げるような感じであり、西日も翳りつつある店内 では エアコン抜きで古い扇風機が回っておりました。 二人でまずは乾杯して涼んでいるうちに、向かい 側の学園の茂み辺りからセミの鳴き声が聴こえてきました。 私にはそれが今年最初であり、それは ニイニイゼミでした。 ちょっと小さめのセミで夏一番に鳴き始めるんですよね。

お刺身や冷菜などを3品ほどオーダーして 箸をつけ始めてからは、お互いのペースで それぞれに飲んで おりましたが、いやはや、うぅぅむ…

カパカパ飲むんですょねぇ、 娘が(汗

これまでならば後からもう少しボリュームのあるお料理などもオーダーして来たのでありますが、そこまで たどり着く前に お互い満足しちまいますた。 お会計の方も 散々食べてのいつもと変わらないか、若干 過ぎてしまったくらいでしょうか。

まぁ丁度お店も賑わって来ていたタイミングでもありましたので、そのまま締めたのでもありますが。  私独りの時ならば 中休み的に軽めのお酒で時間をやり過ごしてから、適当なタイミングでお料理を オーダーしているトコでしょうね。

…が、しかし。   まだ そこまでヤラせる(覚えさせる)のは、さすがに少々気が引けまする(笑

電車で下北沢まで一緒に帰り、話に夢中で 娘に注意を促されなければ 私は降り損なうトコでした。
まぁその後で、しっかりと ”伊勢原” まで乗り過ごしちまうワケなんすけれども。えぇ。
小田原方面での記録を更新させて戴きますた。ヘイ。





←Prev→Index→Pindex→Next