【散文気分】 - 2011/07/19 Tue -


三連休明けをいかがお過ごしでありましたでしょうか。
連休が無関係であった方々には まさしく無関係な挨拶でスミマセン。

私などは眠くて眠くて、始発駅から座れる田園都市線の急行車内などでは夢など見てましてぇ、途中の 停車駅では何の路線に乗っているのかも判らずに『ハッ!』として目覚めるといった具合でしたょ。

その代わり この三連休では、毎日 別々の用件で大変に良い思いをさせて戴きました。 そのようなワケで ありまして、この後にその帳尻合わせ的な あまり好ましくはナイ展開などがパックリと口を開いて待って いるかのようで、少々怖い思いなどもありまする。

そして現在 午前2時過ぎ。 タイトルの日付から既に変わってしまいました。
お迎えでごんす。 今夜こそ眠らねばなりませぬ。 たとえ短くとも なんとか本文を書きたかったのでは ありますが、以下の”あとがき”にて ご勘弁を…
まぁ写真は久々に いっぱいありますので。








At Zushi-beach -18.July.2011-



ちょいと急ながらも嬉しいお誘いを戴きまして、逗子海岸の とある海の家で過ごして来ました。

2年前まで祖師ヶ谷大蔵の駅からほど近い場所で こじんまりとした居酒屋さんを切り盛りされていた 女性なのですが、ワケあってその年の秋の終わりにお店を閉じられてしまわれて、少々おカラダも 壊されて郷里の富山へ戻っておられたのです。

その年の夏などには頻繁にそちらへとお邪魔してましてぇ、同席したお客さん達とも仲良くして戴いて おりましたが、お店が無くなってしまってからは皆さんそれっきりですねぇ。

それが昨日、自宅の食卓にて昼前のニュースで”なでしこJapan”の快挙の報道などを のんびり親父さまと 見ておった時に突然携帯が鳴り、出ると その彼女だったのでビックリしました。 そして彼女の知り合いが 営む逗子海岸の海の家へ一緒に行かないか?との誘いであったのですね。 1週間前に富山から出て来ていて、 和泉多摩川にある知り合いのお宅に泊まり込んでいるのだとか。

私自身はココ藤沢に住んでおりながらも 海辺で過ごすのは数年ぶりでありましてぇ、台風の接近を予期させる 生憎の天候ではありましたが、そこで閉店時間(午後8時)過ぎまで飲んで話し込んだり、3人組の青年たち と仲良くなったり(1杯ずつおごった)、ブラブラ歩き回って海辺の写真を撮ったりしておりました。

すぐ↑の画像に裏返しの小さな”浮き輪”が写っておりますが、表側にはアンパンマンのキャラクター 達がプリントされておりました。 その浮き輪に座って波打ち際でハイボールなどを飲んでまったり しておりましたらば、突然の大波にさらわれましてぇ、下半身が びしょびしょになりました(汗
そこへ丁度ビキニ姿の女の子が通り掛かりまして『大丈夫ですかぁ?(笑』と言いつつ、波に流されかけていた (私の物ではナイ)浮き輪まで拾って来てくれました。

その浮き輪は空気を抜いて砂をはらってキレイにたたんで、富山の彼女が姪っ子の土産にと持って帰りました。  姪っ子さんがアンパンマン好きらしいのですょ。 裏にどっかの海の家(?)の名前が書いてアルのは別に 問題ナイのだそうです(笑

しかし帰りは びしょびしょで気持ち悪かったっす…
私の自宅への最寄駅に着いてから少々買い物して、まだバスはある時間でしたが二人とも疲れていました ので タクシーで帰りました。 そう。 我が家に泊まって貰っちゃったんですょ。 なんか翌日も 湘南界隈に用事がアルとかで。 帰ってから びしょびしょで砂だらけの気持ち悪いズボンを脱いで先に 風呂に入らせて貰っている間に、彼女は冷蔵庫から適当な食材を選んで手早く3品ほどツマミを拵えて くれました。 さすが元プロですなぁ。

そしてサッパリしてから二人でまた買ってきたワインなどを飲んで話し込んでおりましたが、私は翌日 (今日)から仕事でしたので 適当な時間帯で彼女を寝かせる部屋へと案内してから 自室に戻り、ココの 更新を少しだけするつもりでパコソンの椅子に座って そのまんま撃沈してしまい、朝(5時近く)を 迎えてしまいますた。 またしてもベッドで眠れたのは約2時間弱。 しかも少々寝坊して身支度を 省略気味に会社へと向かうため、親父さまに後のコトを頼んで彼女と別れてきたのでした。

あとで仕事の合間に 彼女にメールしたら、既にもう出先からの返事を貰い、そして我が家に何か忘れ物をして 来てしまったようなのですが、安いので別に構わないのだそうです。
そっか。 ”化粧落とし”って安いんだ(笑

今夜の帰宅後、自宅に彼女の ”居た” 痕跡などをいくつか見つけては、ヒトリしみじみと この連休を 振り返るのでした…   ほんのちょいとだけ 戴き物の ”竹鶴” を飲みながら。





←Prev→Index→Pindex→Next