【散文気分】 - 2011/07/11 Mon -


努力して何かを克服したり挫折したり、成功して そしてまた努力したり… といった”サイクル”のような モノを お持ち合わせの方々には頭が下がりまする。

えぇ。 もちろん私は怠け者といった自覚が シッカリとありますが、それとは別の意味合いにおいての 感想なのでありまして、ちょっと説明が難しいなぁ… といった感覚があります。 行動力や努力で克服 できない(かのような)事象と対した時… とでも例えれば適当なのでしょうか。

今朝、電車の中で転移性のガンを抱えた女性の手記を小冊子で読みました。 日々、再発におびえながら どうすればそれを押さえ込むことが出来るのだろうかを考えて実践してきた経緯を書き連ねておられました。  そしてその習慣は それまでの職業や生活習慣としてヤってこられたコトとは、ちょっと違ったストレスと なって ご自身を苦しめるカタチとなってきたのだそうです。

が、そのうちに彼女は気付く(感じた?)のですね。 努力した”結果”を追い続け過ぎていたコトに。 ただ 精一杯やり抜くコト。 それで後悔なく生き抜けられたならば それでいいのじゃないかと。


私自身の抱える障害との”行動的”な向き合い方は違うように思いましたが、その彼女の書き記した感覚 には共感を覚えるのでありました。

そして次に元気になった時には… 多分 忘れ去ってしまうでしょうから、こうして書きとめておくワケですね。  いつか読み返す(感じなおす)コトが出来るように。








At North-Fujisawa -4.July.2011-



今年 初めて私の帰宅を”待ってて”くれたヤツであります。 ウラ側から激写しちゃりますた。
その後は2〜3回ほど。 今夜は不在で 他所で狩をしておったようであります。






←Prev→Index→Pindex→Next