【散文気分】 - 2011/04/26 Tue -


また明日… ってか、ちゃんと火曜日の当日に書きますね。
とりあえず今夜(月曜)は 久々に早く帰宅出来たので、まぁ ゆっくりと寝ますわぃ。
オヤスミなせまし…

*

*

*

*

*

*

*

*

*

*

さぁさぁ、始めましょうか。

暦のうえでは ”大型連休” となる曜日回りですね。 5/2(火)を休みにすれば、丸々1週間ですから。  さらに6(金)も休みならば10連休ですな。 私の場合は7連休なのですょ。 さて、どのように過ごした モノか。

とりあえず土日には予定がありますが、他は特に決まっていない。 29の金曜日にイキナリだらだらすると 後々に響きそうだから、出来るだけ外に出たり 翌日の ”お呼ばれ” 用に買い物をしたりしよう。  日曜の昼間はゆっくりしてから 夕方に出かけて… さぁ問題は 5/2〜5 の4日間ですねぇ。 うぅぅむ…。  街中はドコへ行っても混雑であろうし、4月中に行きそびれておった日帰り圏内の登山だってやはり人が 多そうです。 連休なのですから仕方ナイのですが。

1日でも家でのんびりしてしまったが最後、そのまんま ずぅぅぅ…っと ダラダラしそうな気がします。  まぁ ”部隊召集” の指令でも飛んでくれば別なのですが、やるコトは結局 飲むんですょ。 困った モノであるコトだなぁ。

そういえば久しく海に近寄っていなかったのを思い出しました。 どこか近場の漁港あたりにある安宿に 拠点を置いて、まずは地元の漁師さん方がゴロつく酒場を探索する。 ほいでもって さり気なく親しく なり、翌朝の漁の帰りを待つから…との約束で、市場で値のつかない下魚を頂戴する。 したら すかさず 浜辺へ Go!して火を焚きあげ、網や鉄板でそいつらを煮たり焼いたりして ワシワシ食っちまおう、 飲んぢまおう… ってな感じ?   まぁ そう訊かれても困っちゃいますよねぇ。

ならば甲州・上州・信州方面の、主に山間の農村。 そして観光地ではなく僻地であるコト。 やはり 安宿を探し、なければ泊まれるところを訪ねて回り、拠点とす。 そして地元の農家の旦那衆が集まる 酒場へと繰り出し、情報を収集。 さり気なく親しくなったら農家のおかみさん方の仕事や生業に対して も話題振りをして、目的の ”The 山菜取り名人” を紹介してもらい、翌朝から一緒に山へと入る。  そして昼頃に降りてきたら 収穫した山菜の下拵えなんかを手伝ってぇ、そのまんま夕方早くからは 宴会でしょ?   でしょ?って訊かれましてもねぇ…。

ポイントはですねぇ、何か手伝ったり おこぼれを頂戴しては 自らの”収穫”として、『わっしゃっしゃっ しゃっしゃ!』 と 酒を飲むコトにアルのですね。 まぁ結局は飲むのですな。 もはや宿命なので ありますな。

ほいでもって この遊びの落とし穴としましては、 やはり イキ遅れた娘っコをおっ付けられて稼業を 継がされてしまう… といった危険は否めませんよね。えぇ。 極めて濃厚であります。 『いよーっしゃ、 かかったぁーっ!』 …ってなモンっすかねぇ?

いやはや、まぁそのようなワケでして、ココは ひとつ収穫(漁獲)されてみますかな。
もしも連休明けに更新が滞ったならば、どうぞ そのように お察しくださいませ…。








                   At Omote-Sandou -24.Apr.2011-

                

※ 大変に残念ながら、去る日曜の昼下がりにチューリップ花見を催した日当たりの良い沿道側では
 大方の花は散ってしまっておりますた。 反対側の沿道ではビルの陰になっている場所に、まだ残っ
 ている花々が ご覧の通りなのでした。

 仕方がナイので ケヤキ並木の新緑を肴に、友人の用意してくれたバーボンを炭酸で割りつつ 柿ピー
 をポリポリついばみ、私の持ち込んだ 自作コロッケをあんぐりして、 慎ましく飲んだのでありますた…


                


 ヒルズ前を撤収後には 新宿へと繰り出して飲み直し、比較的 早い時間にお開きとしたものの、帰り
 の小田急では 見事に4つ先のターミナル駅まで乗り過ごしましたとさ。   メデタシ… と。









←Prev→Index→Pindex→Next