【散文気分】 - 2011/04/21 Thu -


先日、まぁワケありまして『○○・プレイズ・ピアソラ』なるタイトルのCDをAmazonで検索してみた のでありますょ。 検索ワードは”プレイズ・ピアソラ”にして。 したら コレがもう”確変〜大当たり” 並みに ジャラジャラ出て来るんですょ。 さまざまなアーティスト達が ”ピアソラ” ・タンゴの旋律を愛して止まない… といった感覚が、その検索行為だけでも容易に判りました。    ちなみに 携帯は → コチラ

     

↑の演奏は ご本人のバンド・ネオンとヨーヨー・マのチェロにギター、ピアノ、バイオリン、ベース 奏者を加えた 6重奏の『リベルタンゴ』っすね。 いつだったか『誰でもピカソ』に世界的なバンド・ ネオン奏者(邦人)が出演していたコトがあったような気がします。 記憶が定かではありませぬが。  その独奏よりは やはり協奏楽の方が 何かしら魅了的であるとの感想を持ちまする。

探しておったCDは あるギター奏者のモノであり、見つけては即・発注しまして ほぼ毎日聴いております。  が、この曲は残念ながら入っておりませんでした。 好きなのになぁ。 しかしYouTubeで検索したら、 そのギター奏者が『リベルタンゴ』を奏でる映像が ちゃんと出て来るでは、あ〜りませんか。 なんでCDに 加えなかったのだらう? イマイチ気に入らなかったのかなぁ、 構成に合わなかったのかなぁ…

まぁ いずれにしましても、近頃では この情熱的な旋律に参っておる次第なのであります。 理由は存じ 上げませぬが、古典的なダンス(タンゴ)のリズムには合わないらしいのですけれども、踊り手ではない コトが幸いしております。 ならば 前衛的なダンスにしたら ええんでないかい?って思うくらいの ど素人で、どうもスミマセン。





業務連絡)

 Al Di Meola の 『Di Meola plays Piazzolla』 は なかなか良いょ。
 まぁ君の尿酸値が下がったら いつでも貸して差し上げましょう。 やっぱ飲む機会がナイとねぇ(笑









                   At Chuou-Rinkan -27.Sep.2010-

                

※ いやぁ〜、”連結幌” って好きなんすょ。 先頭車両どうしが くっついているアレですね。 最近では
 手間の削減からなのか、先頭車両どうしが連結していても 幌はつながなかったりとか、あとは車両
 そのものが 非・貫通型だったりもするので、連結幌はあまり見られなくなっちまいますた。

                

 ↑ご覧のように、車両内部では隣の車両まで見渡せる”トンネル”のような風情でありますな。
 恐らくラッシュの時間帯には格好の”穴場”となるのでしょう。

                

 もちろん運転台の機器類も間近で眺め放題なんすょ。 走行中には速度計も ちゃんと作動します。
 個人的にはこのタイプよりも、”駆動系” と ”制御系” の操作網が別れたタイプが好みであります。
 各社・最新型車両に見られる ”液晶/LED制御パネル” も面白いけれど、逆に車両から操作されて
 いるみたいで、運転や車掌業務をガッツリと司りたい心情的には イマイチですな。









←Prev→Index→Pindex→Next