【散文気分】 - 2011/04/14 Thu 2 -


前回からの続きであります。  が、その前に もう少し説明をば…。

OLさん方が仕事が終わってから帰る前にお茶やコーヒーで軽く仲間と談笑したり読書されたりしてから 駅へと向かう… そんな感覚での独り飲みでした。 長いのですよ、通勤時間が。 作業中心の仕事が 引けたらば、混雑した電車に揺られて帰る前に まずはゆっくり座ってタバコでもふかしたい。 そんな 感覚なのです。

例えば、たまには仕事で面白くない思いをして帰って 誰とも話などしたくはナイのだ… といった表情を 見せてしまっているのかもしれませんが、それは誤解でありまして、ホントに誰とも話したくナイ 聞き たくない時に そのような小じんまりとした 顔見知りが出入りするような お店に立ち寄ろうハズが ありませんから。ハイ。


それでは、今度はランバ・ラルさんのお話をさせて戴きましょう。

なれそめは失念してしまいましたが、ズゴックさんとご一緒であったのか、その他の外国人の方々と ご一緒であったのか… だったと思います。ハイ。 やはりいつの間にか挨拶を交わして二言三言の会話 をさせて戴いておりました。 このどちらの方々もフレンドリーで”いじり”上手ですね(笑

自称”いじられ屋”の私などは、フレンドリーでもナイし、”いじり”下手だとの自覚を持っております。  国民性の違いと片付けてしまうのも、なんだか”乱暴”な感じがしますのでスタローンや詩人の方々 には ちょいとご退席願いましょうかね。 続編の制作なども固く禁止とさせて戴きます。   …あ、  ちょっと しつこいですか?(汗

では、続けますね。 コホン。

確か横須賀の方で英会話か何かの先生をなされていたのではなかったでしょうか。 コチラも聞きっかじり で申し訳ありません。 サラサラの長髪がよく似合った方なのです。

で、ある時に店内がかなり大勢で賑わっておりました。 たまたまランバ・ラルさんと隣り合ったか、 間に一人か二人を隔てたカウンター角近くで”差し向かい”状態にあったかなのだと思います。 そして … 気付いた時には”広島カープ”談義を二人で展開させておりました。 しかもランバ・ラルさんは 広島”東洋”カープまでをもご存じな方でしたので、北別府やら 野村〜江藤〜前田のクリーンナップ 時代のお話が いとも”簡単”に通じてしまうといった、恐るべき”知識ベース”をお持ち合わせなの でした。 もしかしたら大下やホプキンスに 外木場、安仁屋といった S.50年の初優勝メンバーも ぞろぞろ出て来るのかもしれませんょ? 今は無き”広島市民球場”を惜しんでおりましたのが印象的 でしたねぇ…

さてさて、2回に渡って私の知り合った外国の方をコチラの話題に持ち出した、その理由とは。



I don't know, I don't know why. Very sorry.
   But, I'd like to write this memories, only… for me. Thank you.








                   At Omote-Sandou -8.Apr.2007-

                

※ 少し以前の画像となってしまいましたが 例年こんな感じであり、互いの労をねぎらい合いながらの
 チューリップ花見が開催されるのが習わしであります。 ヒルズの公衆トイレ前付近で”怪しい”集団
 を見かけたならば、なるべく近付かない方が…   絶対に損ですょ(笑

 ゲリラ(球根植えの有志)は広く募集中なのであります。 やはり人が多い方が 何かと (・∀・)イイ!!









←Prev→Index→Pindex→Next