【散文気分】 - 2011/04/12 Tue 2 -


前回と前々回からの続き。

普通に毅然としてモノが言えるかのようなのに、なぜこのようなトコで独りブツブツ言っておる のでしょう? …といった疑問やら不快感を きっと醸し出しているのでしょうね、今の私は。  もっともなご感想なのではないかと思います。

ココロの中身は連続性を保って”同じ”モノなのではありますが、あと数か月後には まず確実に 前回、前々回に書き連ねたような想いや勢いのようなモノは露出しては来ないでしょう。 コレは 単純に経験則であります。 それ以外の何も、今の自分には判りかねるのであって、そして逆らえない ”周期”のようなモノであります。 そういった意味合いにおいて、連続性を保ちながらも あたかも ”不連続” であるかのような印象を ヒトに与えてしまうのだと、そのように自覚しております。

何もヒトから、『あの時こう言ったのに、あんな風に出来ていたのに、一体どうしたんだよ!』などと 問われるコトを恐れての想いでもナイのです。 むしろ逆で、そのような印象をヒトに与えてしまっては 申し訳ないなぁ… との想いでアル、との認識です。 特に”元気”についてはそう思います。 けれども、 元気のナイ私の ”何か” は むしろ好ましいコトなのかもしれない… といった感覚も、多少はありますね。  例えば 無駄遣いしないとか。 極めて私的に 実益的ですなぁ(笑

多かれ少なかれ、好むと好まざるとに関わらず、生来こうして生きてきたのだから、これからも 背負っていこうと。 嫌いにならず、腐らずに 『アレも自分、コレもまた自分』なのだと、『あぁ、 今どうやら変化しつつアルのだなぁ…』などと感じながら。 そして自分なりに納得して生き抜いて いこうと、正直にそう思っております。

こうして比較的(?)キレイなカタチで締めくくれれば…と、ホントにそう思いますね。
でもその実態は、やるせない想いに いつも潰されそうになりながらも 先を信じては、かろうじて 生きているといったトコでしょうか。

果たして皆様は 一体どのような ”やるせなさ” を お持ち合わせなのでしょうか。
まぁ お互いに頑張りましょう… 急がずに ゆっくりと。



おしまい。








                   At North-Fujisawa -10.Apr.2011-

                

※ 桜と抜け殻のコラボであります。
 きっとこの桜の根っこから樹液を約6年間ほどチュウチュウ吸って、このセミは成長したのでしょう。
 桜をめでながら そんな風に考えていると、桜の樹液とやらを賞味してみたく…  までには、さすがに
 ならないっすね(汗

 (-”−;)うぅぅむ…









←Prev→Index→Pindex→Next