【散文気分】 - 2011/04/12 Tue -


前回からの続き。

ならば毅然として突き進むのみと、『相手が勝手知ったるか如何などは問題ではナイ、ただそうヤって貰う のみ。』 などとしようならば、 …少なくとも ”受け手” 側には ”殺伐とした” 指示といった感想を 抱かせてしまうコトになりかねませんょ。えぇ。 説明やら しっかりと ”巻き込んで” 同じ方向を向かせる ”手間” を惜しむから そうなるのですからね。

『いやぁ、そんなのは コッチに入り込んで貰わなければ困るよ。』 …あぁ、そうですか。 では営業関係の ミーティングやらその他の何やらかんやらが発生した時には 作業の手を離してスッ飛んでゆきますから連絡 下さいね? それからオフィス内の雑談などからも(自発的な意図で)感じさせて戴きたいので、会話や映像 などといった情報を逐一 倉庫へ ”筒抜け” 状態にするためのインフラを整備して下さい。 Skype の web カメラとボイスを常に On にしておけば簡単ですょ。ハイ。

出来ないでしょ? スル気もナイでしょ? この私の方から敢えて 『同じ方向を向いて仕事をしたいのだ』 と申し出た意図をロクに汲み取るコトもせずに 『そんなのはあたりまえだよ』 などと簡単に一般論として 受け流して、 さらに自論を展開させ続けるから、相変わらずこのザマなのではないのですかねぇ。  違いますか? 代表…

きっとバリバリに力仕事もこなせる敬謙な執事か秘書でも雇って倉庫に配置なさると良いですよ。 その分 元手と人件費は今よりも遥か余計に掛かるでしょうけれども、そういうモノですから 仕方がありませんょ。  逆に究極の人員削減を図ってオフィス・スタッフで物流機能も賄うといった手法だって… あなたがたの 結束力で可能なのではありませんかね? 多分… ずってでも 這ってでもヤリ抜けますょ。えぇ。

色々な事情や意味合いにおいて ”今”がこうなのであって、そのようなコトも踏まえずに物事を推し進めようと したって、顔で笑って中身でギクシャクするのだから、望む成果の ”精度” は落ちて然り… なのではナイ のでしょうか。 そんな出来たヒトはしっかりと お金積んで探して下さい。

今の”すさんだ状態”の倉庫を 正常な時を知った”目線”のみで見て憂いていても、一時的に時間とマンパワー を投入して正常化を図っても、そうなる問題 そのものが継続している以上は また繰り返すのではありませぬか?  そして以下 その繰り返しを延々と続けられるのですかね? 無駄な浪費ではありませぬか?それ。

3年も前から何も変わらない集団組織なのは、一体ナニが悪いのでしょうね。
きっと今のアナタ方から見た目線の先である倉庫には、”悪質分子” が居るからなのですょ。 そのように ご納得して解雇されるべきではありませぬか?

もしもその気がナイのであれば、私が”変えて”さしあげましょうか。 然るべき権限と報酬をお約束戴ければ 可能ですょ。 あなた方は私のキャリアに期待して雇用を決めたハズではありませぬか。 見切りの目線が ”曇って”いたのならば、きっと今もまた”曇った”ままなのは否めませんでしょうけれども、3年も経つの だから 少しは感じませんか? コノ会社にはオトナが不在であるコトなどなどを…

ただしですねぇ、約半年置きに 休暇とまではいかないまでも ”業務前線”離れを条件として貰いますが、何か?  いえ、大丈夫ですょ。 管理者が”産休”にでも入ると思えば良いのです。 大丈夫、出来るように体制を 整えますから… というか、いつ誰が倉庫に入っても出来るように作り上げますから。



またまた、つづく…








     At Nishi-Gotanda -11.Apr.2011-        At Musashi-Koyama -12.Apr.2011-

     

※ やまぶき、”5枚咲き vs 八重咲き” であります。
 画像では八重の方が淡い黄色に見えますが、実際にはもっと深く濃い黄色なのでありますょ。
 その黄色を携帯カメラで捉えるのって意外と難しいくて、日向ではまず成功した試しがありませぬ。
 例え日陰であっても、単純に露光を落とすだけではダメなのであります。 AFのピントが合う直前まで
 手をかざして さらに陰を作るとか、いろんな工夫をしてみても 成功するのは何枚かに一枚程度なの
 でありますょ(汗

 (-”−;)うぅぅむ…









←Prev→Index→Pindex→Next