【散文気分】 - 2011/01/10 Mon -


今日は成人の日でありますね。 いかがお過ごしでありましょうか。

1990年の11月10日土曜日の札幌は、晴れつつも少しだけ小雪が舞い散る寒い朝でありました。  まだ暗い午前5時前に起きて 近所の儀父母宅へと連絡して車で迎えに来て貰い 病院へと向かった ワケなのですが、まだまだ時間が掛かるのでと 病院関係者から帰宅を促されてそのまま眠りに着き、 電話で起こされたのが午前11時頃のコトでした。

義父と二人で分娩・予備室(?)へと出向いて たどり着いた時には、大きなひと仕事を終えた後の連れ合い が横たわったままに お昼のハヤシライスを自力でほおばっておりました。 あぁ、良かった。 大丈夫なんだ。
なんの気の利いた言葉も贈れずに そそくさと新生児室へと向かい、大きな窓越しに娘と対面しました。  そして義父から『おめでとう』と、堅く握手を交わされました。

その後、連れ合いと娘が入院中の平日には 仕事の昼休みに地下鉄で4つ先の駅まで出向いて過ごしたコト などもありました。 いつもとは違う昼休みの過ごし方に対して、少しぎこちなさを覚えながら… なのでした。








                    At 2.Jan.2011 in Sengawa

               

※ 2時間ぐれぇ掛けてじっくりと焼き上げた、丸々と太ったプレーリードッグの丸焼きは 大変に美味で
 ありました。 えぇ。 大ウソであります。   …あ、美味ホント(汗








←Prev→Index→Pindex→Next