【散文気分】 - 2010/11/17 Wed -


え〜っと、 11/11(木)の送信メールより。
(ほぼ原文。         …地球の反対側は、ほぼブラジル

まぁその、内容は特に差し障りナイと思いますので、相手の方にとっても大丈夫なんじゃないかなぁ…と判断し、 ココに公開させて戴きました。 掲載しますた。

近頃では写真ばっかで文章を書かなくなったモノであるコトであるなぁ… などとフニャフニャ考えながら、 通勤途中の電車内で過去メールを追いかけながら、ある”振り返り事”をしておったのですょ。
そして先週の送信メールの一つに Σ( ̄□ ̄;)グエッ!!! っと 来ちまいましてね…

  『オイラこんなメールしてたんだぁ…
     まだ知り合って間もないのに、 この時 一体ナニ考えてたんだろ?(汗』

…といった具合に その内容にオドロキ、 ヒトリ車内で 脂汗かいて赤面しながら 反省したのでありました(汗

                       ・
                       ・
                       ・

---*---*---*---*---*---《 問題メールの始まり 》---*---*---*---*---*---

無事に着きますたか?
パンクとは不運ですたなぁ…

オイラ今 帰りの電車なのでありますょ。
今週は毎日 天気が良くて救われますわぃ。
それこそ雨の晩にパンクしたバイク押して帰るなんて、もぅ目も当てられやしない(笑


いわゆる、『おてんとうさま』には、そんな優しさや 厳しさがアルのであって、古くから 我々の 大先輩方から教え、伝えられて来たハズのココロであったのだと想像するし、だからこそ 我々に とっては "目新しく" 輝いて写る 価値観やらヤリ方には、もっと臆病になってもいいくらいだと 思うんすょね

いくら今の元気アル若い世代が 合理的な幸せの求め方を追求しようとも、 それらは多分 手続きやら 継承やらを飛び越えた、エクストラなヤリ方なのではないかと。

○イジンさん達が華やか・優雅に見えてしまう。 この国に生まれた者としての ”シアワセ” の追求の仕方が、 そんな風に ”ブレ” ているかのように思えてならないのでありますょ…


純や蛍の親父たる”黒板五郎”さんも 『遺言』 の中で言ってたとおり、

   『金なんか求めるなぁ…、 シアワセだけを見ろ。』

…だと思うんすょ。


使えるアドバンテージといった、先人たちからの教えを使わずして、一体ナニが合理的であろうかと、 誰それ構わずに もぅ 小一時間ほど問い詰めたい…

そんな、『まもなく中央林間』 な夜 でありますた。


メデタシ… と。

---*---*---*---*---*---《 問題メールの終わり 》---*---*---*---*---*---

                       ・
                       ・
                       ・



…では、
ココで掲載した ”ナゼ” の部分を簡単に説明させて戴きますね?(汗

間違いなく、 もぅ ずぅ〜っと 思い続けて来た事柄なのでありますょ。
なのに ココでは不思議と今まで触れて来なかったコトに気付いたのでありました。
ハイ。 ただ それだけなのでした。

メデタシ… と。



P.S. 上記メールへの返信は受け取りましたが、やはり と言うか、その”コア”な部分の内容に 関しては 触れられておりませんでした(笑








                  At 14.Nov.2010 in North-Fujisawa

                

※ 日曜の昼から 残り物の生地と冷凍してあったアンを使って”水餃子”してましてぇ、 それでもアンが
 残っていたので さらにチャーハンの具として再利用し、全てを完食した夕方であります。 …なんとか
 腹ごなしせねばと 散歩に出たのでありました(汗

 途中〃で写真を撮り歩いておったのですが、 短い夕焼けも終わったあとの ↑の時は既に薄暗く、
 自身では 『うぅぅん… 黄色、 出ないなぁ(汗』 などと憂いておりました。    …が、あとでゆっくり
 見返してみると、 花の背景(下部の金網越しな砂利の辺り)のブルーが なかなか鮮やかであった
 コトに気付かされました。 ドコにも蒼い光源なんて無かったとは 思うのですが…









←Prev→Index→Pindex→Next