【散文気分】 - 2009/09/13 Sun -


前略

え〜〜〜っと、その、
”虎穴に入らずんば虎児を得ず”…ってか、”ミイラ取りがミイラ”みたいな展開となり、 その中毒性の恐怖に おののいております。ヘイ。

あの、”Tommy february6” って ご存知でしたか?

意中の女性がヤってるお店を この夏の初めから手伝っていらっしゃる方が、何となく似ているなぁ… と思い、そう切り出してみたならば、『えぇ〜!? 初めて言われたかも… ちょっと懐かしいね(笑』

そっか。 要するに似てナイってコトで。
意中の女性からリクエストのあったCDをコピーしておった時に そのコトを思い出し、ついでに古いデータ(CD音源から 圧縮したモノ)の中からTommyの1st.Albumを探し出して 一緒にCDへ焼き直してみたのでありますょ。  ヒトにあげるモノだから、出来上がりを試聴したりもするワケですよね。 ウン、大丈夫。 でぇ〜けたっと♪

…いや、もうちょっと聴いとくかな。 …………… んん、んんんんん…(汗
結局 全部聴いてもたな。 ってか、もっかい聴くか。 うぅぅむ…

そして 中毒患者、一丁できあがり…の巻き。
困りましたょ。 職場にまで持ち込んで聴いております。 えぇ、中古屋さんでCDもゲトして参りますた。  初回限定版:DVD付き のヤツを \1,980 にてご提供戴きました。 ちなみにこの価格、どこかの廉価版 ジーンズではありませぬょ? もはや7〜8年前の国内版CDなのです。 えぇ、えぇ、購入しましたとも…

元ブリリアント・グリーンの川瀬さんが はっちゃけて出来た色物なのだとばっかり思っておったのですが、 今になって何故こんなに惹きつけられるのかと、自分に問いたい。 問い詰めたい。 小一時間ほど問い詰めたい。


            註) 実際に問い詰めてみる。   チクタク チクタク…



…あ、そうか。 いまの正に この感覚こそが、はっちゃけて出来た色物なのかも… ですねぇ(汗

とまぁ、そのようなワケでして、この夏以来 はっちゃけ続けております。ヘイ。

草々










              At 13.Sep.'09 early morning in north Fujisawa

               


※ ゆく夏を惜しむ感覚というのも、ずいぶんと久しぶりな感じなのですょ。
 このように、気が付けば 夏の残像探し↑などを しでかしております。

 当日のテーマも含め、全体が近況報告のような日記風は出来るだけ避けて参りましたが、中毒患者
 ゆえに 仕方がナイのかなぁ…と。

 少々間も開きましたしね(汗



 あ、そうそう。
 昨日から大学へ通い始めたのでありますょ。 公開講座を10月の初めまで、毎週土曜日に受講する
 許可を得ました。 杉並区在住でも近隣勤務でもナイのですが、大目に見て下さったようでがす。

 いやはや、コチラも はっちゃけ… なのかなぁ。
 けど、コチラの方は 問い詰めナイどこぉかと(笑



 ついでに。
 今日は約6年来のメル友のお誕生日なのでした。
 今年は『25歳になった』と言われますた。 実は毎年 毎年 『23になった』 言われ続けて参りました。
 …が、”13歳差” の事実などが ”暗黒の太陽” のように照り輝くのでありますた。

 『言うだけただやん!』 などと諭され、そうか、ならばオイラも自称36歳ぐれぇでいってみよぉかと。
 あ、何故36歳かと言えば、出会った時のトシが出て来ただけのお話でがんす。 で、彼女が23。
 要するに2歳分だけ謙虚に おなりになられたワケですねん。ヘイ。

 見た目、容姿の年齢詐称は出来ても、心の年齢詐称までは そうそう し続けられナイのかも…





 ※ 問い詰めナイどこぉかと → 問い詰めないで おこうかと

  (こういうのを おせっかい と言うのだ。 そう言い切ったモノが それをまっとうすれば良いだけの話
  じゃないですか。 もはや それこそが真に ありのまま なのですょ。 学ぶ心、教える心、感じる心
  さえあれば、正しい日本語は継承されますょ。 きっと…
  そんなコト言うヒトこそ、実はそういった心がナイ人だったりして。  えぇ。 いまB毒 吐きました。

  …あ、そんな時には、『心のナイ人などいない』 って唱えると救われますょ。)









←Prev→Index→Pindex→Next