【散文気分】 - 2008/12/31 Wed -


去る12/28に、東京メトロ銀座線で ”浅草めぐり” してきました。
あぁ、”巡り” というか、”徘徊” に近い感じではありました。

知り合いの写真家が名付けた ”浅草・ソフトジャンキー・ツアー” のスタートは午後4時半過ぎ。 その日の有馬記念を 三連複で見事に的中させていた彼をたたえ、とりあえずは”ウィンズ”換金を目指してGo! 浅草寺ウラ手から千束通り方面 へ向けて夕暮れ時を、通称 ”大佐” のガイド付きで徘徊し、年末風情はまだ序の口といった商店街から住宅街方面へと、 ナルトの渦のよぉに、ラーメン鉢の淵に施された模様のよぉぉぉに、3人はひたすらと歩き続けたのでありました。   てくてくてく…

途中スーパーの店先に張り出したワゴンに並ぶ お正月用の食材の中に ”クワイ” を見つけては、『あぁ、軽ぅ〜く下茹でして半分に切って、 刻んだチョリソーや玉葱なんかと炒めると、酒飲んでたのにパクパク食っちまうんだよなぁ… そういえば仙川の八百屋さんで安くしてもらって たくさん買って、知り合いに配ってた頃から もぉ丁度一年なのかぁ、はっえぇぇぇ…(汗』 などと勝手にヒトリ感傷に浸ることもアリ。

そしてミーハー振りも炸裂。 『あ、こないだ 東MAX が訪ねてた、幼馴染のヤってはるお店やわぁ…』 とか、『あ、喜久蔵親子がプラプラ歩いて 紹介してはったお店やわぁ…』 などと、退屈無縁な道中も中盤に差し掛かり、”三島” という たこ焼き屋さんにお邪魔して一休み。 その 直前にも、まっことディープなたたずまいを感じる ”とんかつ屋” さんとか、店内から 『………』 といった視線を浴びながらも、コチラからも 『!!!!!!』 とアツいまなざしを送り合いながら、ただただ通り過ぎただけの ”カレー屋” さんとか、なんで この時期 この日(日曜日) この時間帯に ココで普通にお店ヤってんのかなぁ…?と、いった感じの界隈をくぐり抜けて来ておったトコでした。 もはや人影もまばら…というか、ナイのにですょ。

店内に入ると真夏のような熱気を感じて たまらずシャツ一枚になりながら、勝手に(そうヤレと言われた・笑)冷蔵庫の中から缶ビールを物色し、各位一皿ずつ たこ焼きを発注した のであります。 やや小ぶりなたこ焼きの中に、そこそこ大振りなタコ入りで、辛口なソースが大好評なのでした。  ”もんじゃ” や焼きそばも好評なようです。 ただし禁煙なので さっさと食って脱出せねばなりませぬ。 そうなのです、粋なリズムとは、 このようにして生み出されるモノだったのですねぇ…

その”やさぐれた”風ぼうの店構えとは 見事なほど裏腹に、とても穏やかな感じのご主人とおばちゃん達なのでありました。 『ぢゃ、次回は焼きそばで』 を合言葉に、さぁさぁ、次へと参りましょ〜う♪   てくてくてく…





                   つづく!(爆






              

※ ↑ ”アブラガニ ” っていう タラバの仲間であります。 画像は既に食い尽くされておりますねぇ。
 やや小ぶりでしたが お味の方は (゜д゜)ウマー。 ジンをグイッ!とあおりながら、三杯酢(?)だかの
 つけ汁に浸しつつ戴くと、もぉ〜止まりませんので ご注意を。   …ってか、カニが無くなりゃあ
 勝手に止まりますけどね。 これを通称 ”ATS” (自動列車停止装置) と呼びます。 そう、
 そのとおり。 無心にカニを食い続ける私とは、もはや暴走する列車のごとし… なのであります。









←Prev→Index→Pindex→Next