【散文気分】 - 2008/05/25 Sun -


学生時分に少々山を歩いておりました。
昨日、『雨降りグッズ』に思いを馳せたりしてましたが、大久保のICIなどには度々足を運んで おったのでありますょ。 似たようなお店でウチの近所に『コージツ』があったのですが、知らぬ間に 移転してしまっていたようです。 ザンネン… 一昨年、雨のチューリップ・ゲリラに参加した時に 被っていたレインハットは、その『コージツ』で購入したモノだったりします。

…で、この頃 通勤電車内で若い人たちが身に着けている、様々なアクセサリー類などを 見るとも無く 見ていると、山グッズが結構あったりしますよね。 あ、靴もそう。 マウンテン・ギアといった ファッション・カテゴリーなのかなぁ? 中でも良く見掛けるのが『カラビナ』と『チョーク入れ』 っすね。 カラビナはキーフォルダーに、チョーク入れは腰に下げた小物入れとして… まぁ大体は 山(岩)の現場と似たような使い方をしているようです。

現役部員であった若かりし頃(笑)に、私なども そういった山グッズをアクセサリー感覚で普段から 身に着けてみたいなぁ… といった思いはありましたね。 なんせヘヴィ・デューティ仕様だし、硬派で カッコイイっすから。 でも、ヤったことありませんでした。何故か? それぞれが極地で命を繋ぐ ための大切な装備であったからなのです。 少なくとも先輩部員達からは厳しく教育されておりました し、それを後輩達へと伝承してきたのですょ。 その思いがいまだに意識の中に染み付いてしまって おるのですね。 アクセサリーとして身に着けているヒト達を見掛ける度に、『………』と、 なってしまいますから。

もちろん、今では純粋にアクセサリーとして生産・販売されているグッズなのでしょうから、本来の 用途などには耐用出来ない…いや、使ってはいけない 純・アクセサリーなのだと、頭の中では 判っているのだけれども、なかなか… ねぇ?(汗


その昔、桜中学の校長先生も 涙で怒りをあらわにし、生徒に説教する…といった事件がありました。 在校生が卒業生を送る催しで、最後に卒業生を代表してB組から3名の生徒が『特攻服』姿で在校生に 対して旅立ちの挨拶をするのです。 時代を知らぬ生徒が 格好良さと『旅立ち(?)』を掛け合わせて 意識したコスチュームだったのですが、先の校長先生の実兄は 戦時中に特攻隊として出撃し、 戦死なさっていたのですね。 とても家族思いの、心優しいお兄様であったそうです…


え〜〜〜っと、 少々話のズレは感じておりますが、
若い人たちに向かって説教したいなどと考えておりませんです。ヘイ。 ただ、
もしも街中で、他人が腰に下げたカラビナのキーフォルダーなどを凝視しつつ、

 『……………………………………………』

…と、黙り込んでいる私を見掛けた際には、どうかそっとしておいて下さいませ。
じき正気に戻りますから、大丈夫です。 危険はありませんょ(笑








※ 時々激しい雨ですなぁ。
 昼食って ひと休みしたら買い物行って、今夜は久し振りに水餃子作ります。
 予定では昨日だったのですが、多摩川河川敷で夜明かしした後遺症からなのか、
 昨日はヤル気が起きませんでした(笑






←Prev→Index→Pindex→Next